女性ホルモンには育毛効果がありますが分泌量のバランスが乱れると抜け毛リスクが高まります


女性ホルモンのエストロゲンには髪を育てる働きがありますが、ホルモンバランスの乱れから薄毛や抜け毛が進行するリスクもあります。
女性の薄毛対策を考えるにあたってホルモンバランスを正常化するアプローチが重要で、育毛を効果的に進めるヒントになります。

髪をいたわる生活習慣をはじめましょう

女性ホルモンが原因で薄毛や抜け毛が目立ち始めた場合には、ホルモンバランスを整えて髪が育ちやすい環境を作ることです。
ストレスから自律神経やホルモンバランスに支障が出ている場合には、有給休暇を取得したり残業を減らしたりして、心身に負担がかかりにくい生活にあらためましょう。

あわせて発毛密度をサポートするトリプルイソフラボンや発毛速度を高めるリデンシルなど、女性ホルモンが原因の薄毛に効果的にアプローチしてくれる育毛剤を取り入れると効果的です。
年齢とともに気になり始めるボリューム不足や髪のうねりに対処し、きれいな髪への生まれ変わりをサポートします。
男性の薄毛と女性の薄毛はメカニズムが異なるので、レディース専用商品が適しています。
旦那様の育毛剤を借りてケアしたりメンズ用のケア商品でお手入れしたりしても、思うような成果が得られません。

シャンプー後に育毛剤でケアしたら、ダメージ修復がしっかり行われるように早めにベッドに入って就寝しましょう。
日付をまたぐ前にはベッドに入って熟睡できる習慣をつけると、ホルモンバランスが整いやすくヘアダメージをリセットできます。

更年期症状改善効果も期待されます


ホルモンバランスを整えることで更年期症状改善効果も期待でき、以下のような体の不調をケアできる見込みがあります。

ほてり・手足の冷え

ホルモンバランスが乱れると体温調節がうまくいかなくなって、手足が冷えるのに顔がほてる、頭に血が上ってのぼせるなどの症状が出る人もいます。
ホルモンバランスを改善して血行を良くすることで、体全体がポカポカ温まり不快症状を改善できる見込みがあります。

睡眠改善

寝付きが悪く、夜に何度も起きてしまうなどの症状も更年期障害の一つで、ホルモンバランスを整えると熟睡習慣に近づきます。
夜にしっかり眠れると自律神経のバランスも改善されて、わけもなくイライラしたり涙が出たりするなどの症状を解消できる見込みがあります。

めまいや耳鳴り

自律神経の乱れから、めまい、頭痛、耳鳴りなどの症状が目立つ人もいて、ホルモンバランス改善で症状が軽減されるケースがあります。
血圧の変化にも関係するので、数値データに残して変化を記録すると良いでしょう。

骨粗しょう症や動脈硬化のリスクもあります

更年期以降の女性の体はデリケートで、エストロゲンの減少が骨粗しょう症や動脈硬化など深刻な病気につながるリスクもあります。
エストロゲンが減少すると骨量を一定に維持できなくなって、骨の中がスカスカになってしまうことがあるためです。
骨粗しょう症になると転んだだけで骨折してしまったり姿勢が悪くなったりして、生活面に支障が出ます。

動脈硬化はエストロゲンの減少でコレステロールなど脂質代謝が崩れて内臓脂肪がつきやすくなることで起こります。
狭心症や心筋梗塞になると命に関わる問題で、服薬ケアや通院によって本各区的な治療を余儀なくされます。
脳梗塞やくも膜下出血のリスクも高まって、急な発作が起こる危険性も理解しましょう。

ホルモンバランスが崩れたら必ずこれらの病気になるわけではありませんが、エストロゲン減少で体に悪影響が出るリスクは理解しましょう。
抜け毛や薄毛がはじまったら体に何らかの異変が出ていることを感じ取って、これまで以上に健康に配慮した生活習慣へと変えていく必要があります。

(まとめ)女性ホルモンと育毛の関係は?

1.女性ホルモンには育毛効果がありますが分泌量のバランスが乱れると抜け毛リスクが高まります

女性ホルモンの乱れが抜け毛リスクを高めて、薄毛を進行させるケースがあります。
一定年齢以上の女性はホルモンバランスを意識したヘアケアをはじめる必要があるでしょう。

2.髪をいたわる生活習慣をはじめましょう

ホルモンバランスを意識したヘアケアとして、年齢にあわせたエイジングケアを検討する方法があります。
あわせて基本的な生活習慣改善につとめて、ストレスを溜めにくい生活へと変えていきます。

3.更年期症状改善効果も期待されます

ホルモンバランスの改善で顔のほてりや手足の冷え、睡眠トラブルなど気になる悩みを解消できることもあり、更年期症状に一定の効果が見込まれます。
体のトラブルサインに敏感になってケアを進めることで、若々しい体を維持することができるはずです。

4.骨粗しょう症や動脈硬化のリスクもあります

女性ホルモン不足を放置すると骨粗しょう症や動脈硬化をまねくリスクも示唆され、体に負担がかかります。
エストロゲン減少で起こる体の変化に敏感になって、いつまでも元気な体をキープしましょう。