女性ホルモンに悪い食べ物として代表的なのがインスタント食品です


化学調味料をたくさん使ったインスタント食品やファーストフードはミネラルを奪って自律神経の働きに支障をきたし、女性ホルモンバランスにも影響が出ます。
仕事が忙しいなどの理由でコンビニご飯や外食に片寄っている人は、お肉と野菜を盛り込んだ自炊を心掛けて、栄養バランスを意識した食生活へと変えましょう。

ホルモンバランスを整える食事をはじめましょう

女性ホルモンを分泌させる食生活をはじめるとバランスが改善されて、健康な髪と体が育ちます。
こんな栄養素を取り入れると、美と健康維持に役立ちます。

大豆イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをするといわれていて、更年期症状改善やホルモンバランスの乱れからくる体の不調にアプローチします。
納豆や豆腐、おからなど大豆食品に入っているので、日々の食事に上手に取り入れて体の不調をブロックしましょう。

ビタミンE

アンチエイジングのビタミンとして知られていて、モロヘイヤやかぼちゃ、アーモンドなどから取り入れます。
ツヤがあるきれいな髪を作るビタミンでもあるので、美と健康を考える方には欠かせません。

タンパク質

髪やお肌の原料になる栄養素で、不足すると肌荒れやヘアダメージの原因になります。
牛肉ばかりだと脂質の摂り過ぎが心配なので、卵や鶏肉、お魚などからバランス良く食べましょう。

ビタミンB6

タンパク質の代謝に欠かせない栄養素で、ホルモンバランスを維持するために必要です。
マグロやカツオなど赤身の魚、バナナやニンニクなどから取り入れましょう。

更年期症状改善効果も期待されます


女性ホルモンのバランスが整うと更年期症状が改善されるケースもあり、いろいろなメリットが考えられます。

体のだるさを解消

女性ホルモンが足りないと体の代謝が衰えてエネルギー不足を感じ、だるさや眠さが気になることがあります。
ホルモンバランスを整えてあげると仕事や家事へのやる気が出て、エネルギッシュな毎日につながります。

気分のムラを改善

更年期症状の一つとして訳もなくイライラする、気分にムラがあるなどうつ状態が気になることがあり、エストロゲンを補うことで改善できる見込みがあります。
ちょっとしたことで落ち込む、人と会話をしていて小さなことが気になるなど人間関係に関する問題も解消されるので、心が軽くなるはずです。

ほてり・のぼせの改善

ホルモンバランスが崩れると体温の調整がうまくいかなくなるので、のぼせやほてりといった不快症状が目立つことがあります。
エストロゲンを補うと血行が改善されて、顔だけほてる、手足は冷たいのに顔だけ熱いなどのストレスの改善をサポートできます。

プロゲステロン欠乏も考えられます

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類から成り立っていて、エストロゲンを補うだけでは改善できないケースがあります。
月経不順や生理トラブルがある場合は婦人科に相談して、エストロゲン、プロゲステロンのどちらに問題が出ているのか調べてもらうと安心できます。

プロゲステロン欠乏時に目立ちやすい症状として、無月経や不眠などがあげられます。
妊娠の可能性がないのに連続して3ヶ月以上生理が来ない場合などはプロゲステロン不足を疑い、専門医の指導のもとでケアします。
生理不順を放置すると妊娠しにくい体になることもあり、これから子供を授かりたいと考えている女性はとくに意識する必要があります。

更年期障害など一定の年齢以上の女性ではエストロゲン欠乏でバランスが崩れる場合が多いのですが、体質によって異なります。
原因を特定しないで食事改善やサプリメントケアを進めても、思うような効果が得られないケースがあります。
症状がひどくなって、生活に大きな支障が出てくる前に医療機関に相談、有効なアプローチで症状改善を目指しましょう。

(まとめ)女性ホルモンに悪い食べ物とは?

1.女性ホルモンに悪い食べ物として代表的なのがインスタント食品です

インスタント食品やファーストフードなど化学調味料をたくさん使った食品が問題で、自律神経のバランスを不安定にしてホルモンバランスに作用します。
コンビニや外食に片寄るのもよくないので、栄養バランスを意識した食生活をはじめましょう。

2.ホルモンバランスを整える食事をはじめましょう

ホルモンバランスを整える食事のポイントは、大豆イソフラボンやビタミンEを摂ることです。
良質なタンパク質を積極的に摂って、髪や美肌作りに欠かせないアミノ酸を補給する意識も重要でしょう。

3.更年期症状改善効果も期待されます

体のだるさや情緒不安定など更年期症状を改善できるメリットもあり、女性の心地良い生活をサポートします。
ホルモンバランスを意識した食生活から、活き活きと生活できる体のベースを作っていきます。

4.プロゲステロン欠乏も考えられます

プロゲステロン不足の場合はエストロゲンだけを補っても女性ホルモンバランスを改善できないケースがあり、専門医に相談してケアします。
不妊症などのリスクもある症状なので、しかるべき医療機関で適切な処置を受けましょう。