女性ホルモンを増やすためにはビタミンE・ビタミンB6を摂りましょう


女性ホルモンをアップさせるためには、アンチエイジング効果が期待されるビタミンEとホルモンバランスを整えるビタミンB6を摂取します。

ビタミンB6にはタンパク質の代謝を促して、きれいな髪を育てる働きが期待されます。

ビタミンEは肌の老化をブロック、美しい髪と頭皮をサポートする働きを担うものです。

おやつにナッツを取り入れましょう

ビタミンEを含む食材といえばナッツ類が代表格で、良質な脂質やミネラルなど髪に重要な栄養素もたくさん入っています。

血行促進作用が強く全身のアンチエイジングにもつながるので、意識的に取りましょう。

ビタミンCと一緒に摂取すると効果がより高まるともいわれていて、フルーツとナッツの組み合わせがおすすめです。

アーモンドミルクとフルーツを使ったスムージーなども小腹がしっかり満たされて、仕事中のおやつに適しています。

生の果物を取り入れるのが大変なら、ダイス状にカットされたドライフルーツとナッツを混ぜてタッパーなどで持ち歩いても良いでしょう。

よく噛みながら食べると満足感が高まって、腹持ちが良くなります。

塩や砂糖で味付けされているナッツはカロリーと塩分が高めなので、素焼き・無塩タイプを選びます。

カロリーが高めなカシューナッツやくるみは避け、アーモンドやピスタチオがおすすめです。

ビタミンB6は少しずつ摂取します


ビタミンB6を含む食品を抜け毛防止対策として取り入れる場合には、食べ方を工夫する必要があります。

一度にたくさんとっても体内に貯めておくことができない栄養素なので、三食で少量ずつ取り入れると効果的です。

水につけると溶け出してしまう栄養素でもあるため、生のまま食べられる食材で取り入れたりスープにしたりして頂きます。

マグロやカツオなど魚類ならお刺身のまま食べられるので、ビタミンB6の効率的な摂取に適しています。

牛レバーや鶏ささみなどお肉類にもビタミンBが入っていますが、脂質が高過ぎるとカロリー過剰になってしまいます。

皮脂分泌量が増えてしまうと頭皮環境が悪化するので、食べ過ぎには気をつけましょう。

また、カロリーコントロールするうえでは調理法や油選びも重要で、油を使って料理するなら、ビタミンEが豊富なアボカドオイルオリーブオイルなど植物性油脂を検討します。

サラダオイルをこれらの油に切り替えるだけでも美と健康に役立つので、毎日のお料理に活用しましょう。

ストレス軽減や睡眠の改善など食事以外の生活習慣も意識しましょう

どんなにビタミンを取り入れた食事をしても他の生活習慣がおざなりになると、ホルモンバランスは整いません。

日々のストレスを減らしたり規則正しい睡眠リズムを意識したり、自分をいたわる生活習慣へと変えていきます。

適度な運動習慣も女性ホルモンバランスを維持するために必要なので、毎日30分程度の有酸素運動を意識すると良いでしょう。

仕事や家事に追われるだけの毎日だと、どんどんストレスが溜まっていきます。

月に一度は子供を預けてお友達と食事をする、美容室のヘアケアを受けるなど、ゆっくりくつろぐ時間を作りましょう。

好きな香りのアロマオイルでセルフマッサージをしたりお気に入りのヘアケアアイテムを使ったりするだけでも、心身のバランスが良くなり女性ホルモンが分泌されます。

女性の体はデリケートなので少し無理をするだけでも体調を崩してしまいます。

自分の体の声に素直になって上手にストレスケアしていくことが大人の女性のたしなみです。

総合的視点を大切に日々の生活習慣改善を意識して、体に負担がかからない心地良い毎日を送りましょう。

(まとめ)女性ホルモンを増やすにはどのビタミン?

1.女性ホルモンを増やすためにはビタミンE・ビタミンB6を摂りましょう

女性ホルモンを促すビタミンとして「ビタミンE」「ビタミンB6」が候補になります。

アンチエイジング効果とタンパク質代謝を促す効果が期待され、美しいダメージレスな髪を育てていきます。

2.おやつにナッツを取り入れましょう

ビタミンEを効率的に摂取するにはナッツ類がおすすめで、素焼きアーモンドなどをおやつに取り入れるといいでしょう。

ビタミンCと一緒に摂るとより効果的ともいわれるので、アーモンドミルクとフルーツなどの組み合わせがおすすめです。

3.ビタミンB6は少しずつ摂取します

ビタミンB6を摂るときのポイントとしては、少量ずつを三食に分けて取り入れることです。

水溶性ビタミンで水に溶け出す性質があるため、スープなどで摂ると無駄なくしっかり摂取できます。

4.ストレス軽減や睡眠の改善など食事以外の生活習慣も意識しましょう

女性ホルモンのバランスを整えるには食事以外の生活習慣も重要で、ストレスがかかりにくい生活をしたり睡眠リズムを整えたりする工夫をします。

お友達とゆっくり食事する時間を作ったり美容室でヘアケアをしたり、ストレス発散方法を考えてみましょう。