20代半ばに女性ホルモンの分泌のピークがきます


女性ホルモンは20代半ばにピークが訪れ、30代で徐々に減少、40代になると一気に少なくなってきます。

卵巣機能の低下とともに女性ホルモンが分泌されにくくなって、自律神経が頑張ってホルモンを出そうと命令しても、追いつかなくなるためです。

そうなると、抜け毛や薄毛をはじめとしたトラブルが起こってきます。

体の変化を理解して、ストレスがかかりにくい生活へと変えていく必要があります。

変化に合わせたサプリメントを検討します

女性ホルモンの分泌ピークを過ぎて体の不調が目立ってきたら、症状を緩和できるサプリメントを検討しましょう。

たとえば、女性ホルモンと同じ作用が期待され、足りないエストロゲンを補ってくれるエクオールが注目されます。

エクオールは大豆イソフラボンが分解されてできるものですが、誰もがこの能力を持っているわけではありません。

女性の2人に1人はエクオールを産み出す能力がないともいわれていて、大豆食品をとっても思うような効果を感じません。

同じ年齢でも更年期症状が重い女性とそこまで気にならない女性がいるのはこの違いが一因で、サプリメントを取り入れると改善できる見込みがあります。

抜け毛や肌荒れなど悩ましい症状改善をサポート、訳もなくイライラしたり顔が火照ったりするストレスを緩和できる見込みがあります。

自分の体質をはっきり知りたい女性なら、専門外来に相談するのも良いでしょう。

エクオールサプリはイソフラボンサプリより効率的にケアできます


エクオールサプリを使うメリットとして、大豆イソフラボンより効率的にケアできることがあげられます。

イソフラボンが体内に入るとエクオールに変換されてホルモンバランス正常化を進めますが、エクオールを自分で生成できない女性もいます。

イソフラボンサプリや大豆食品で女性ホルモンを補おうとしても、エクオールを生成できない人だと、十分な効果を得られないリスクがあります。

その点、すでに分解されて吸収されやすい形状になっているエクオールサプリは安心です。

体内に取り入れるとすぐに女性ホルモンの代わりとして機能し始めて、更年期症状などの体の不調をしっかりとケアしていきます。

女性ホルモンバランスを整えるサプリメントと一口にいってもいろいろな商品があって、入っている成分に違いがあります。

ごくわずかに有効成分が入っているだけでホルモンバランス正常化を謳っている商品もあるので、成分表記をよく確認したうえで選びましょう。

値段が高いものほど効果が高いというものでもないので、しっかりとした自分なりの根拠をもとにした商品選びをしてください。

サプリメントと体の相性を見極めましょう

エクオールに限ったことではありませんがサプリメント成分とは相性があって、体に合わないものを無理して続けるとかえって体調を崩すリスクがあります。

飲み始めて発疹が出たり体のだるさが悪化したり、副作用が疑われる症状が目立つときには一旦服用を中止して様子を見ましょう。

パッケージ記載のカスタマーセンターに電話して飲み続けても大丈夫か判断を仰いだり医師に相談したりするのも、自分の体を守るうえでは重要です。

女性の体はデリケートなので、ホルモンバランスが変わると一時的に副作用を強く感じたり、飲み始めて一定期間は体調が不安定になったりするリスクがあります。

風邪薬など他の薬との飲み合わせによっても副作用が強くなるケースがあるので、医師や薬剤師に相談のうえで使いましょう。

適度な運動習慣や栄養バランスのとれた食事など基本的な生活改善とも組み合わせると、より効果が見えやすくなるはずです。

サプリメントを使っていることで安心しないで、ホルモンバランスを整える生活習慣を意識しましょう。

(まとめ)女性ホルモンのピークはいつ?

1.20代半ばに女性ホルモンの分泌のピークがきます

女性ホルモンのピークは20代半ばから後半あたりで、ここを過ぎると徐々に分泌量が減っていきます。

その結果として、抜け毛や薄毛のトラブルが起こることがあります。

エストロゲン不足は卵巣機能の低下が一因で、体の変化を理解した対処が求められます。

2.変化に合わせたサプリメントを検討します

エストロゲン不足に対処する方法としてサプリメントの使用が検討され、女性ホルモンをケアするエクオールなどが候補になります。

更年期症状がひどい方がサプリケアをはじめると症状が落ち着くケースもあるので、自分にあったケアを検討しましょう。

3.エクオールサプリはイソフラボンサプリより効率的にケアできます

エクオールサプリの特徴としてイソフラボンサプリより効率的に女性ホルモン減少に対処できるところがあげられ、女性の体の不調にしっかりとアプローチしていきます。

体質に合わせた女性ホルモンのバランス対策の一貫としてサプリケアを考えてみましょう。

4.サプリメントと体の相性を見極めましょう

どんなに良いサプリメントでも体質に合わないと思うような効果が出ず、副作用が強く出るリスクがあります。

飲み始めておかしいと感じることがあれば無理せず一旦中止して様子を見ましょう。