女性ホルモンとは心身の健康を維持している大切なホルモンです


女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類であり、バランスを取りながら分泌されます。

2種類がバランスを取ることで心身ともに健康な状態を維持するのが通常ですが、年齢とともにエストロゲンが不足すると様々な支障が出てきます。

抜け毛が増えるなど女性の薄毛に関するトラブルもホルモンバランスが崩れているサインで、30代を過ぎたあたりの女性が悩む老化現象の一つです。

生理不順や自律神経失調症のリスクがあります

ホルモンバランスが崩れると月経リズムや自律神経にトラブルが生じて、以下のような病気につながるリスクがあります。

生理不順

女性ホルモンの分泌が足りないと無月経や過小月経など排卵トラブルを起こしやすく、ひどい生理痛の原因にもなるといわれています。

子宮内膜が刺激されて子宮筋腫など不正出血を起こすリスクもあり、早めに婦人科に相談する配慮が重要です。

自律神経失調症

ホルモンバランスが崩れると自律神経の休むヒマがなくなって、のぼせや頭痛、動悸など不快な症状の原因になります。

寝付きが悪くなったり手足が冷えたりするのも自律神経のバランスが崩れているサインで、ストレスを感じない生活に改めていくことが必要です。

肌荒れやニキビ、抜け毛の増加など見た目の老化も気になって、若々しく魅力的な容姿を維持しにくくなります。

気になる更年期症状の引き金にもなるので、ホルモンバランスを意識した生活習慣へと変えましょう。

冷えやストレスといったホルモンバランスを崩す生活習慣を改めましょう


ホルモンバランスを崩してしまう原因として、こんな生活習慣が考えられます。

体の冷え

運動不足や体を冷やす飲み物、食べ物の摂り過ぎで体を冷やしてしまうと脳の働きが弱くなって、ホルモンバランスに支障が出ます。

喫煙や飲酒などもホルモンバランスに影響するため、節度ある生活を意識しましょう。

過剰なストレス

ホルモンバランスを司る視床下部はストレスの影響を受けやすく、心身に負担が大きい生活を続けていると体調を崩しがちです。

仕事以外の人間関係や家族との問題も負担に感じやすく、責任感が強い人や嫌なことでも断れない性格の人は気をつけましょう。

乱れた食生活

お肉だけ、甘いものだけなど偏食を続けているとホルモンバランスが崩れてしまって、体調が不安定になってきます。

過剰なダイエットや食事制限も女性ホルモン不足を悪化させる要因になるため、ビタミン、ミネラル、良質なタンパク質などいろいろな栄養素を含む食材を少しずつ取り入れて、3食きちんと食べましょう。

気になる症状は専門医に相談すると安心です

ホルモンバランスの乱れがひどくなると生活習慣改善だけでは対処できないケースもあり、専門医の指導のもとで正しいアプローチが求められます。

ホルモンドックを行っているクリニックでは、科学的観点から体の状態をくまなくチェックしてくれて、不足している要素をつきつめたうえで専門的なケアを受けることが可能です。

ホルモンバランスの状態は目に見えないものですが、血液検査などの数値データとして示してくれると分かりやすく、正しい対処がしやすくなります。

ホルモンバランスを整えることで更年期症状や体の不調、お肌のコンディションなどを改善できるケースもあり、活き活きと元気な毎日を送るベースができます。

また、必要に応じてホルモン補充療法や漢方ケアを検討することで、ストレスも軽減するでしょう。

抜け毛や肌荒れなどちょっとした変化に敏感になって体と真摯に向き合っていくことで、何歳になっても衰えない心身の健康を維持できます。

内科に行っても具体的な原因が分からない体の不調や生理トラブルでお悩みなら、ホルモンバランスを意識したアプローチを検討しましょう。

(まとめ)女性ホルモンとはどんな働きをしている物質なの?

1.女性ホルモンとは心身の健康を維持している大切なホルモンです

女性ホルモンは、女性の心身の健康を維持するために重要な働きをしています。

2種類のホルモンがバランスよく分泌されることで体と心の健康を保ち、心地良い毎日をサポートします。

2.生理不順や自律神経失調症のリスクがあります

ホルモンバランスが崩れてしまうと、生理不順や自律神経失調症のリスクがあります。

お肌がボロボロになったり抜け毛が増えたりと見た目の老化も気になって、女性には軽視できない問題です。

3.冷えやストレスといったホルモンバランスを崩す生活習慣を改めましょう

ホルモンバランスの乱れを悪化させる生活習慣として、体の冷えやストレスがあげられます。

片寄った食生活もホルモンバランスに支障を来す要因になり、栄養バランスが取れた食事を意識しましょう。

4.気になる症状は専門医に相談すると安心です

生活習慣改善でホルモンバランスが整わない場合は、専門医に相談するのも一案です。

ホルモンドックではっきりとした問題点を特定したうえで、医師と一緒にケアしていきます。