女性ホルモンは卵巣から分泌されます


女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類です。

これらは脳から指令を受け、卵巣から分泌されます。

女性ホルモンは、発毛やコラーゲンの生成、妊娠や出産に備えるなど大切な役割があります。

しかし、減少してしまうと抜け毛や薄毛、生理痛、頭痛、肩こり、腰痛、イライラ、不安、しみ、シワなどに影響してしまうのです。

女性ホルモンの種類によって分泌されるタイミングは異なります

女性ホルモンには2種類あり、その働きや分泌される時期も異なります。

どちらの女性ホルモンも卵巣が脳から指令を受け、分泌されます。

エストロゲン

エストロゲンは次のようなことに関係している女性ホルモンです。

  • 髪や肌につややハリを与える
  • 病気を予防
  • 脳の機能

エストロゲンは卵胞が成長する過程で分泌されるため、排卵の直前にピークになります。

その後は減少しますが、排卵期が終わってから次の生理が始まるまでの時期である黄体期になると再び分泌量が増え始めます。

プロゲステロン

プロゲステロンは妊娠や出産に必要不可欠なホルモンであり、その働きは以下の通りです。

  • 体内に水分をため込みやすくする
  • 体温を上昇させる

プロゲステロンは排卵に伴って分泌されるため、排卵期の後にピークになり、生理が始まると減っていきます。

女性ホルモンのバランスが崩れると髪のぱさつきや抜け毛など様々な症状が起こります


何らかの原因により女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、次のような様々な症状が現れます。

  • 髪の毛がパサつく
  • 抜け毛や増える
  • 化粧のノリが悪くなる
  • イライラしやすくなる
  • 手足などが冷える
  • 疲れやすい
  • 肩こりや腰痛が増える

特に頭皮や髪の毛に影響しやすく、女性ホルモンのバランスが崩れると、頭皮の血行不良やヘアサイクルの乱れなどが起こりやすくなります。

すると髪の毛がパサついたり、髪の毛が細く弱くなったりして抜け毛が増えてしまうのです。

抜け毛が増えると薄毛につながるため、早めに対策を行うことが大切です。

女性ホルモンのバランスが崩れる原因としては、加齢や乱れた生活習慣、無理なダイエット、ストレスなどが代表的です。

特に現代では働く女性が増えているため、仕事や家事、育児、人間関係など肉体的にも精神的にもストレスを抱える女性が増えています。

脳は小さなストレスにも敏感に反応するため、少しでもストレスを感じると上手く指令を出せなくなり、ホルモンバランスに影響を及ぼしてしまうことがあります。

女性ホルモンのバランスはリラックスできる環境づくりや質の良い睡眠などで整えることが可能です

女性ホルモンのバランスが崩れてしまった場合には適切な対策を取ることが大切です。

以下で女性ホルモンのバランスを整える方法をご紹介します。

リラックスする

ストレスは定期的に解消することが大切です。

できれば1日1回はリラックスタイムを設けるようにしましょう。

おすすめのリラックス法は次の5つです。

  • 軽い運動をする
  • ぬるめのお湯に浸かる
  • 好きなアロマを焚く
  • 趣味を見つける
  • 歌う、もしくは好きな音楽を聴く
質の良い睡眠をとる

良質な睡眠はホルモンバランスを整えるのに効果的です。

寝不足や夜更かしなど不規則な生活リズムは、ホルモンバランスや自律神経の乱れの原因になります。

できるだけ早寝早起きを心がけ、生活リズムを整えましょう。

質の良い睡眠をとるために以下の点に注意しましょう。

  • 寝る前のスマホやテレビは控える
  • 寝る前に激しい運動はしない
  • 寝る前にコーヒーなどカフェインが入っているものを飲まない
  • 寝室をリラックスできるような環境にする
  • 昼間に20分以上昼寝をしない
食の改善

ジャンクフードや好きなものばかりの食事では、バランスが偏るため女性ホルモンのバランスを崩す原因になります。

また、過度の食事制限などの無理なダイエットも同様です。

女性ホルモンの乱れを整えるといわれている食べ物を、普段の食生活に積極的に取り入れてみましょう。

  • 大豆、大豆製品
  • キャベツ
  • ざくろ
  • かぼちゃ
  • オリーブオイル

もちろん、これらだけを多く取ればいいという単純なものではなく、バランスが大切です。

バランス良く栄養素を摂ることを意識して、今までの食生活を見直してみましょう。

(まとめ)女性ホルモンはどこからでるの?

1.女性ホルモンは卵巣から分泌されます

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、どちらも卵巣から分泌されます。

女性ホルモンは様々なことに関与しているため、バランスを崩さないように日頃から気を付けることが大切です。

2.女性ホルモンの種類によって分泌されるタイミングは異なります

女性ホルモンであるエストロゲンは卵胞が成長する過程で分泌され、プロゲステロンは排卵に伴い分泌されます。

エストロゲンには髪や肌につややハリを与える効果もあるため、エストロゲンの減少は髪の成長に影響します。

3.女性ホルモンのバランスが崩れると髪のぱさつきや抜け毛など様々な症状が起こります

加齢やストレス、乱れた生活習慣などは、女性ホルモンのバランスを崩す原因になります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、髪のパサつきや抜け毛、肌の乾燥などの症状につながります。

4.女性ホルモンのバランスはリラックスできる環境づくりや質の良い睡眠などで整えることが可能です

女性ホルモンのバランスを整えるためには、リラックスする時間を作り、生活リズムを整えバランスの良い食事を心がけましょう。

女性ホルモンは一度乱れると回復するのに期間がかかるため、バランスを崩さないようにすることが大切です。