女性ホルモンは30代になると減少していきます


女性ホルモンは閉経後に減少すると思われがちですが、女性ホルモンは30代から少しずつ減少していきます。

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類です。

この2つのホルモンは年齢により分泌量が変化することがわかっています。

女性ホルモンの減少は薄毛などの症状につながるため、早めの対策を心がけるこようにしましょう。

女性ホルモンのバランスを整えることが大切です

女性ホルモンが減少してバランスが崩れてしまった場合、女性ホルモンのバランスを改善していく必要があります。

女性ホルモンのバランスを整える方法を見ていきましょう。

心身共にリラックスさせる

ホルモンバランスの乱れは、過労やストレスなどが原因であることが多いです。

まずは体を休ませ、心身共にリラックスさせてあげましょう。

また、軽い運動はストレス解消だけでなく、睡眠の質を上げるのにも効果的です。

リラックス効果が期待できる方法の例が以下になります。

  • 軽い運動をする
  • ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
  • アロマを焚いてリラックスする
  • マッサージやヘッドスパに行く
  • 好きなことをするなど自分の時間を作る
ダイエットをやめる

女性のなかで無理なダイエットをしている方も多いです。

過度なダイエットは、自律神経やホルモンバランスを崩してしまう原因になります。

ダイエット方法を見直し、バランスの取れた食事を意識しましょう。

大豆製品を積極的に取る

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをし、ホルモンバランスを整えてくれます。

大豆製品である豆腐や豆乳、納豆などを日々の食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

十分に睡眠をとる

成長ホルモンなどの多くは、睡眠時に副交感神経が優位になったときに分泌されます。

そのため、髪や肌の生成・修復は寝ているときに行われるので、しっかりと睡眠をとることが大切です。

また、十分な睡眠は自律神経やホルモンバランスを整えるといわれているため、規則正しい生活リズムを心がけるようにしましょう。

女性ホルモンの減少は薄毛を引き起こします


女性ホルモンの減少は、目に見えるものではありません。

外見は気にしている人でも、自分の体のことを気にしていない人も多く、薄毛や婦人科系の病気など気付かないうちに進行していることもあるのです。

女性ホルモンは30代になると減少していくといわれています。

また、女性ホルモンが減少すると薄毛の原因にもなります。

薄毛は、放っておくとどんどん抜けてしまうため、早めに対策を行うことが大切です。

下記で薄毛の判断基準を紹介します。

どの状態からが薄毛なのか

女性の薄毛の定義は特に決まっているわけでなく、主観ということになります。

これは、もともとの髪の量やヘアサイクルは人によって違うためです。

そのため、比較する場合は以前の自分の毛量で比べるようにしましょう。

薄毛のサインとは

薄毛の定義はないものの、薄毛のサインは見逃さないようにしましょう。

薄毛のサインには次のようなことがあげられます。

  • シャンプー時などにたくさん抜ける
  • 起床時枕にたくさん髪の毛が抜けている
  • 今までよりも抜け毛の量が増えた
  • 部屋にたくさん髪の毛が落ちている
  • スタイリングしづらくなった
  • 髪のボリュームが無くなった
  • 家族に「最近髪がたくさん落ちている」と言われた

スタイリングしづらくなるのは、女性ホルモンの減少などにより、髪の毛にハリやコシが無くなるためです。

これらのような薄毛のサインに気付いたら、早めに対策を行いましょう。

女性ホルモンの乱れは薄毛だけでなく体の不調も起こします

女性ホルモンの減少や乱れは薄毛の原因になるだけではありません。

次のような症状が起こることがあります。

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 月経痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 不妊
  • 更年期障害
  • 肌荒れ

近年では女性ホルモンのピークである20代の女性でもストレスにより、ホルモンバランスが乱れてしまう人が急激に増えています。

現代に生きる女性は仕事をし、結婚しても働く人が多く、心身共にストレスがかかりやすい状況にあります。

過度のストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れの原因になるため、できるだけストレスを溜めないようにすることも大切です。

また、加齢による女性ホルモンの減少はある程度しょうがないものといえますが、対策を行うことでそのスピードを遅くすることは可能です。

早めに対策を行い、女性ホルモンの減少に伴う症状を防ぎましょう。

(まとめ)30代になると女性ホルモンはどうなるの?

1.女性ホルモンは30代になると減少していきます

女性ホルモンは30代になると徐々に減少していきます。

女性ホルモンの減少は薄毛の原因になるだけでなく、様々な症状をもたらしてしまうため、早めに対策・改善を行うことが大切です。

2.女性ホルモンのバランスを整えることが大切です

女性ホルモンのバランスを整えるためにはできるだけストレスを解消し、生活習慣や食生活の改善を行うことが大切です。

また、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。

3.女性ホルモンの減少は薄毛を引き起こします

女性ホルモンの減少は薄毛の原因になります。

女性の薄毛の定義は特にないため、薄毛のサインに気が付いたら早めに生活習慣や食生活、ヘアケアの見直しなどの対策が大切です。

4.女性ホルモンの乱れは薄毛だけでなく体の不調も起こします

女性ホルモンのバランスが崩れると薄毛だけでなく、生理不順や月経痛、不妊、更年期障害など様々な症状が起こります。

早めに対策を行い、女性ホルモンの減少を防ぎましょう。