ストレスがなくなることで髪の健康が戻ることもあります


髪の健康が損なわれる原因はストレスだけではありませんが、一因になっていることもあります。

髪のトラブルを抱えていて、なおかつストレスがかかっていると感じている場合は、ストレス解消を心がけてみましょう。

ストレスを解消することで、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが解消して髪の健康が取り戻せることがあるからです。

スマホや仕事など様々なストレスが女性の生活を蝕んでいます

ひと昔前は、女性のストレスといえば家族関係やご近所問題、恋愛など、人間関係にまつわるものが多く挙げられました。

しかし、昨今では女性を取り巻く環境が大きくかわったため、より多くのストレスにさらされるケースが増えてきました。

スマホによるストレス

以前は、人間関係のストレスと言えば、実際に顔を合わせた際に起こるものや、電話などがせいぜいでしたが、今はスマホが普及したことにより、家にいても「SNS疲れ」「既読無視問題」など、多くのトラブルが起こり得ます。

それと同時に、子どものスマホ利用に関するストレスや、スマホ料金による家計圧迫のストレス、スマホ依存による睡眠不足や眼精疲労など、スマホにまつわるストレスは数多くあります。

仕事に関するストレス

女性が社会で活躍できるようになったのは良いことですが、男女間の待遇の違いや育児との両立など、まだまだ多くの問題が残されています。

また、仕事に出ることによって会社での人間関係や仕事上のストレス、自分の時間が持てないといったトラブルも起こりやすくなっています。

現代女性は、こうした多くのストレスのストレスにさらされているため、女性ホルモンのバランスの乱れやそれによるヘアサイクルの崩れに特に注意をする必要があるのです。

ストレスを改善するように努めましょう


ストレスが溜まっていると感じたら、早めの解消を心がけるようにしましょう。

人間関係のストレス

人間関係に疲れていると感じたら、一端SNSなどを開くのをやめたり、スマホの電源を切る日を作るなど、依存度合いを下げるように意識しましょう。

「常に繋がっていないと不安」「スマホを切ると後で何を言われるかわからない」などの問題がある場合は、その関係が正常なものであるか一度考え直してみて下さい。

人との付き合いは、心地よい距離を保たないと負担になってしまいます。

無理をしないようにしましょう。

環境によるストレス

就業環境や育児、節約など、自分ひとりではどうにもならないストレスがある場合は、周囲の人との話し合いを持つようにしてください。

「話しても無駄だから」とひとりで抱え込んでいると、どんどんストレスが溜まってしまいます。

話すこと自体でストレスが軽減されることもありますし、自分ひとりでは思い付けない解決策を提示してもらえたり、解決に向けて協力してもらえる場合もあります。

悩みは積極的に人に話すようにしましょう。

ヘアトラブルの原因はストレスだけではなく、加齢やアレルギーなどもあります

ストレスによる女性ホルモンのバランスの乱れも、ヘアトラブルの原因のひとつです。

しかし、髪の毛の問題はストレス以外の原因で起こる場合もあります。

加齢

年齢を重ねると、だんだんと女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

特に、40代後半から50代にかけての更年期には、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

そのため、40代、50代、60代と年齢を重ねるにつれて、だんだんと髪の毛が薄くなっていく女性が多いのです。

アレルギーや免疫異常

円形脱毛症などは、免疫異常で起こることが多い髪の毛に関するトラブルです。

また、歯の治療によって金属アレルギーが起こり、脱毛に繋がるケースもあります。

そのほか、花粉症や食物アレルギーなども、多くの現代人に現れているトラブルです。

こうしたトラブルから髪の毛に異常が起こる可能性もあるため、注意しましょう。

シャンプーなど

シャンプーやカラーリング剤などが頭皮に合わないと、それによって皮膚が炎症などを起こして薄毛に繋がることがあります。

また、熱いお湯を使ったシャンプーやドライヤーを一か所に当て続けることなどでも、髪や頭皮が傷んでしまいます。

(まとめ)ストレスを軽減すれば髪が生えるの?

1.ストレスがなくなることで髪の健康が戻ることもあります

髪のトラブルの原因には、ストレスも挙げられます。

現在ストレスを感じていて、同時にヘアトラブルも起こっているという方は、一度ストレスの解消を心がけてみてはいかがでしょうか。

2.スマホや仕事など様々なストレスが女性の生活を蝕んでいます

以前に比べて、「スマホによるストレス」「仕事に関するストレス」など、多くのストレスが女性の生活を蝕むようになりました。

これらのストレスが女性ホルモンのバランスを乱すと、ヘアサイクルが崩れて薄毛の原因となります。

3.ストレスを改善するように努めましょう

人間関係のストレスは、相手と一端距離を置くことで解決することもあります。

反対に、環境によるストレスは、人に話したり協力を求めることで解決できる場合があるので積極的に相談しましょう。

4.ヘアトラブルの原因はストレスだけではなく、加齢やアレルギーなどもあります

ストレスはヘアトラブルの一因となるものですが、加齢やアレルギー、免疫異常、合わないシャンプー剤などによっても頭皮や髪に問題が起こることがあります。

様々な原因について知っておくようにしましょう。