配合されている成分の違いがシャンプーの値段に反映されています


高価なものから安価なものまで、さまざまな種類のシャンプーを見かけます。

一体どのような違いがあるのでしょうか。

価格に差が出る理由の大部分は、シャンプーの配合成分によると言われています。

髪に優しい成分が含まれているほど高価なシャンプーと言えそうです。

ドラッグストアなどで1本500円程度で販売されているシャンプーは、「高級アルコール系シャンプー」に分類され、洗浄成分には、大量生産しやすい石油系合成界面活性剤(ウラレス硝酸Naなど)が含まれています。

泡立ちが良く洗浄力も高いという点がメリットですが、必要以上に皮脂を落としやすいデメリットがあります。

一方、主に美容院や通販で1本2000~3000円で購入できる「アミノ酸系シャンプー」は、洗浄力がマイルドで頭皮と髪への刺激が少なく、頭皮が乾燥しがちな方や髪がダメージを受けている方でも安心して使用できる点が特徴です。

このように説明すると、安価な「高級アルコール系シャンプー」が劣っている印象を受けますが、高価なシャンプーであっても、洗浄成分だけ安価な成分を使用されていたり、安価なシャンプーでも髪に優しい成分を含む場合もありますので注意しましょう。

シャンプーを選ぶポイント① 「洗浄成分」

では、どのようなポイントを見てシャンプーを選べば良いのでしょうか。

まずは、「洗浄成分」です。

薬局などで安価で販売されているシャンプーは、泡立ちや指通り、香りの良さなどの「使い心地の良さ」を売りにしています。

「ラウレス硫酸~」や「ラウリル硫酸~」という成分配合の「高級アルコール系シャンプー」です。

これに対して美容室や通販などで売られているシャンプーが、「アミノ酸系シャンプー」です。

髪や肌に優しく適度な泡立ちを可能にしつつ、美しいヘアデザインを維持しつつダメージの進行をくい止める成分が配合されています。

高価なシャンプーだからと言って、良い成分ばかりが配合されているとは限りません。

自身の髪質や体質に合わせて選ぶことが重要ではないでしょうか。

シャンプーを選ぶポイント② 「シリコン」


最近のシャンプーの中には、「シリコン成分無配合」や「ノンシリコン・シャンプー」であることを強調する製品がよく見受けられます。

シリコンとは、強い洗浄成分のために失われがちな髪の指通りの良さをフォローする成分です。

シリコン自体の安全性は高いと言われていますが、油分が非常に強いという特性があります。

場合によってはこの油分が毛穴につまってしまう可能性もあり、毛髪の健全な育毛環境を損なう可能性があると言われていますので、注意が必要です。

特に「高分子シリコン」と呼ばれるシリコンはコーティング力が強く、長期間使用して、髪にシリコン成分が蓄積すると、カラーやパーマの効果を弱める要因になると言われていますので、よく検討しましょう。

シャンプーを選ぶポイント③ 「使用感」

美容院でセットして貰ったときの髪の状態を上手に維持したいものです。

しかし、自宅で使用している市販のシャンプーを使用しているうちに髪がパサついてきたり、髪が重たくなってぺったんこの状態になってしまうことはありませんか。

市販のシャンプーでも、例えばコンディショナーと併用することによって、ある程度、髪を綺麗に保つことは可能ですが、美容院でセットして貰った状態と同じ状態を保つことはなかなか難しいかもしれません。

実は、これが「使用感」です。

時間とお金をかけて美容院でセットして貰ったのにも関わらず、ほとんど効果を維持できないのは勿体ないという考え方もあります。

髪の状態は日々のケアの積み重ねです。少々高価なシャンプーでも、使用感を優先して選んでみることも良いかもしれません。

(まとめ) さまざまな値段のシャンプー、一体何が異なるのでしょう?

1.配合されている成分の違いがシャンプーの値段に反映されています

ドラッグストア等で手に入る安価なシャンプーは、大量生産しやすい成分が含まれています。

洗浄成分が強く泡立ちが良い一方で髪を傷めやすい傾向にあることが特徴です。

一方美容室などのシャンプーは保護成分が多く含まれている分、高価になりやすい傾向にあります。

2.シャンプーを選ぶポイント① 「洗浄成分」

安価なシャンプーは、泡立ちの良さや指通り、香りの良さを重視して製品が作られています。

一方、美容室や通販で売られているシャンプーは、泡立ちや香りはほどほどにして髪や肌に優しい成分を優先して作られている部分に違いがあるのです。

3.シャンプーを選ぶポイント② 「シリコン」

シャンプーの中には、強い洗浄成分のために失われがちな髪の指通りの良さをフォローするシリコンが含まれているものがあります。

シリコン自体は安全と言われていますが、場合によっては毛髪や頭皮の健全な育毛環境を損なう可能性があるとも言われているので注意が必要です。

4.シャンプーを選ぶポイント③「使用感」

時間とお金をかけて美容院でセットして貰ったのにも関わらず、効果をほとんど維持できないのは勿体ないという考え方もあります。

少々高価なシャンプーでも、使用感を優先して選んでみることもひとつのシャンプー選びのポイントではないでしょうか。