洗浄力が強すぎるシャンプーは、育毛を阻害する可能性があります


シャンプーは、頭皮の汚れをすっきりと洗い流して、健やかな髪の成長をサポートする役割があります。

しかし、シャンプーによって、かえって育毛が妨げられる危険性もあります。

なぜなら、シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮の必要な皮脂や水分まで洗い流してしまうからです。

すると、頭皮の健康が損なわれ、髪の毛が育たなくなってしまいます。

そのため、頭皮の汚れはしっかり落としてくれて、頭皮へのダメージが少ないシャンプーを選ぶ必要があるのです。

洗浄力が弱すぎるシャンプーでは、汚れが残ってしまいトラブルのもとになります

シャンプーの洗浄力が強すぎるのも問題ですが、洗浄力が弱すぎるのも考えものです。

なぜなら、頭皮の汚れがしっかり落ちなければ、毛穴を詰まらせてしまい、髪の成長を阻害してしまうからです。

また、頭皮に汚れが残っていると、雑菌が増殖します。

すると、雑菌によって不衛生な状態の頭皮は、炎症や湿疹、かゆみ、フケなどの頭皮トラブルを起こす可能性もあります。

さらには、抜け毛が増加したり、薄毛になってしまうこともあるのです。

そうならないためにも、自分の頭皮や肌質にあった洗浄力をもつシャンプーを選ぶことが大切です。

では、それぞれのシャンプーの洗浄力はどのようにして見分ければいいのでしょうか。

洗浄力の目安となる成分について、次に説明します。

シャンプーに含まれる洗浄成分には、さまざまな種類があります


シャンプーの洗浄力は、シャンプーに含まれる洗浄成分によって決まります。

では、シャンプーに含まれる代表的な洗浄成分には、どのようなものがあるのかみてみましょう。

高級アルコール系

ドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入できるシャンプーのほとんどが、高級アルコール系の洗浄成分を含んでいます。

非常に安価で、泡立ちも良く、汚れ落ちがいいというメリットがあります。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸TEA など

アミノ酸系

いわゆるアミノ酸シャンプーと呼ばれるものの洗浄成分がアミノ酸系です。

洗浄力は弱いのですが、頭皮や髪への刺激が少なく、ダメージを与えにくいのが特徴です。

  • ラウロイルサルコシンTEA
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルアラニンNa
  • アラニン
  • タウリン
  • グリシン など

石鹸系

石鹸系シャンプーは洗浄力が高く、また自然派を好む方に人気のシャンプーです。

しかし、髪や頭皮がアルカリ性になり、使い方を間違うとダメージを与えることがあります。

  • 純石鹸
  • カリ石鹸素地
  • ラウリン酸K
  • オレイン酸K
  • ミリスチンK
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム など

自分に合った洗浄成分の入ったシャンプーを選びましょう

これまでシャンプーの洗浄力は配合されている洗浄成分によって決まること、そして、洗浄力の強さは人によって合うものが違うことについて説明してきました。

ここでは、自分に合った洗浄力のシャンプーを選ぶコツについて紹介します。

○頭皮が脂っぽい人、日常生活で汗をかきやすい人

このタイプの人は、高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーがおすすめです。

この2種類のシャンプーは、洗浄力は抜群に高く、しっかりと汚れを落としてくれます。

ただし、刺激も強いので、使用中に違和感があれば使用を中止しましょう。

○乾燥肌、敏感肌の人

このタイプの人は、肌に刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分が配合されたものを使用するといいでしょう。

しかし、丁寧にシャンプーをしないと汚れが落ちにくいので気をつけましょう。

(まとめ) 育毛のためには、洗浄力の強いシャンプーで洗うのがいい?

1.洗浄力が強すぎるシャンプーは、育毛を阻害する可能性があります

シャンプーの洗浄力が強すぎると、必要な皮脂や水分まで洗い流してしまいます。

すると頭皮は乾燥状態になり、髪が育たなくなる可能性があります。

汚れはしっかり落とし、ダメージは少ないシャンプーを選ぶ必要があります。

2.洗浄力が弱すぎるシャンプーでは、汚れが残ってしまいトラブルのもとになります

洗浄力が弱いと、汚れを落としきることができず、毛穴詰まりや雑菌が増殖、炎症、湿疹などの頭皮トラブルを招いて髪の成長を阻害します。

さらには、抜け毛が増加したり、薄毛になってしまうこともあります。

3.シャンプーに含まれる洗浄成分には、さまざまな種類があります

シャンプーの洗浄力を決める洗浄成分には、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系など、さまざまな種類があります。

価格、泡立ち、洗浄力、刺激などの面でそれぞれにメリットとデメリットがあります。

4.自分に合った洗浄成分の入ったシャンプーを選びましょう

頭皮が脂っぽい方には、洗浄力の高い、高級アルコール系や石鹸系がおすすめです。刺激も強いので、違和感があれば使用を中止しましょう。

乾燥肌、敏感肌の人には、丁寧に行わないと汚れが落ちにくいですが、低刺激のアミノ酸系がおすすめです。