界面活性剤にもさまざまな種類があるため、一概に使ってはいけないわけではありません


シャンプーは、頭皮を清潔に保つためには必要不可欠なヘアケア・アイテムです。

毎日使うものだからこそシャンプーに含まれる成分について、気にする方も多いのではないでしょうか。

シャンプーの成分表示を見てみると、非常にたくさんの成分の名前が並んでいます。

これらの成分の中で、シャンプーの主成分となるのは「界面活性剤」です。

界面活性剤は、汚れを浮かせるためには欠かせない成分です。

しかし、界面活性剤には刺激の強すぎるものや肌に優しいもの、天然由来の成分や人工的に合成されたものなど多種多様です。

そのため、界面活性剤入りのシャンプーをひとまとめにして、使ってはならないと言い切ることはできません。

大切なことは、界面活性剤について正しい知識を身につけ、自分にあった成分のシャンプーを選ぶことなのです。

界面活性剤は、皮脂汚れやスタイリング剤を落とすのに効果的です

なぜ界面活性剤がシャンプーに配合されているのでしょうか?

その理由は、界面活性剤の性質にあります。

界面活性剤には、皮脂などの脂汚れを浮かせて包み込み、再び付着するのを防ぐ働きがあります。

この界面活性剤の働きによって、水だけでは落としにくい皮脂やスタイリング剤などの汚れも、きれいに洗い流すことができるのです。

つまり、界面活性剤が入っているからこそシャンプーをするだけで、簡単に髪や頭皮を清潔に保つことができるようになっているとも言えます。

界面活性剤の良い面、汚れを落とすのには必要なものだということがわかっていただけたのではないでしょうか。

では、なぜ界面活性剤がまるで悪者であるかのように扱われるようになったのでしょうか?

界面活性剤が髪や頭皮に悪いと言われる理由


界面活性剤には、天然由来のものや人工的に合成されたものなど、たくさんの種類があります。

天然由来の界面活性剤は、自然界にあるものを利用しているため、肌に優しいとされています。

そのため、あまり問題となりません。

ところが人工的に作られた合成界面活性剤は、使わないほうがいいなどと言われることがあります。

それは、合成界面活性剤の洗浄力の強さが原因です。

合成界面活性剤は、洗浄力が高く、シャンプーの泡立ちも良くなります。

しかし、洗浄力が強いと、どうしても頭皮や髪への刺激が強くなってしまいます。

界面活性剤の強い刺激を頭皮が受け続けると、頭皮トラブルを引き起こしたり、育毛を阻害したりする可能性があるのです。

このような合成界面活性剤の洗浄力の高さや、刺激の強さによって、合成界面剤は良くないものといった風潮が巻き起こっていると考えられます。

界面活性剤について正しい知識を身につけ、シャンプーを選びましょう

界面活性剤は、すべてが悪いものではありません。

必要以上に怖がる必要はありませんし、避ける必要もありません。

界面活性剤のメリットやデメリットを知り、シャンプーを選ぶときの参考にしてみてください。

また、シャンプーには界面活性剤だけでなく、さまざまな成分が入っています。

シャンプーを選ぶ際には、成分表示を確認し、どんな界面活性剤が使われているのか、他にはどんな成分が入っているのか、チェックする癖をつけましょう。

そして実際に使ってみて、自分の頭皮や髪の状態を確認し、自分に合っているのかをしっかり判断するようにしましょう。

自分には合わないシャンプーを買ってしまったとき、「もったいない」という理由で使い続けたりしていませんか?

合わないものを使い続けても、いいことはありません。

すぐに使用を中止する勇気も大切です。

(まとめ) 界面活性剤入りのシャンプーは使わないほうがいい?

1.界面活性剤にもさまざまな種類があるため、一概に使ってはいけないわけではありません

界面活性剤には、洗浄力や刺激の強さが違い、天然由来のものや人工的に作られたものがあるなど、さまざまな種類があります。

そのため、界面活性剤の入っているシャンプーが、すべて使用してはならないわけではありません。

2.界面活性剤は、皮脂汚れやスタイリング剤を落とすのに効果的です

皮脂汚れやスタイリング剤は、水で洗い流すのは困難です。

界面活性剤には、脂汚れを浮かせて包み込み、再付着を防ぐ働きがあります。

界面活性剤入りのシャンプーを使うことで、水だけでは落としにくい汚れも、簡単に落とすことができます。

3.界面活性剤が髪や頭皮に悪いと言われる理由

界面活性剤が頭皮や髪に悪いとされる理由は、合成界面活性剤の洗浄力が高く、頭皮への刺激が強すぎることがあるからです。

人によっては、合成界面活性剤の刺激によって、頭皮の炎症などのトラブルに発展する可能性もあります。

4.界面活性剤について正しい知識を身につけ、シャンプーを選びましょう

シャンプーに含まれる界面活性剤には、さまざまな種類があり、メリットとデメリットがあってすべてが悪いわけではありません。

大切なのは、自分の頭皮や髪の状態を確認し、自分に合ったシャンプーを判断して選ぶことです。