成分を知ると、自分の育毛のために必要なシャンプーが選べます


育毛環境の改善に適したシャンプーをどのようにして選べば良いでしょうか。

シャンプーには、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーなど、多くの種類がありますが、実は宣伝の言葉だけでは自分に適したシャンプーかどうか分かりません。

そのシャンプーに書かれている成分表示がカギなのです。

しかし、細かな字でたくさん書かれている成分表をすべて理解するのは大変で億劫な作業です。

そこで、主な成分の名前と特徴を知り、成分表のポイントを押さえて読むことで、シャンプーを理解することができます。

シャンプーの主な成分は、水と界面活性剤、防腐剤です。

シャンプーでは、成分は濃度の濃い順、防腐剤は最後に表記されます。

洗浄成分である界面活性剤は、アミノ酸系や石けん系、石油系やアルコール系などに分けられます。

この、界面活性剤や防腐剤に使われている成分の洗浄力の強さや毒性、コストを知ることが、自分に適したシャンプーを選ぶポイントなのです。

シリコン、洗浄成分、パラベンなどについて

  • シリコン

    成分の中で、ジメチコン、シクロメチコン、コポリマー、シリカなどと書かれているとき、そのシャンプーにはシリコンが入っています。

    シリコンは毛髪に被膜を与え、指どおりを良くします。

    ノンシリコンシャンプーが人気ですが、実はシリコンは、きちんとシャンプーしていれば、有害ではありません。

  • ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム

    この2つは非常に強い洗浄成分です。

    頭皮の脂を落としてスッキリ洗いあがる点は良いですが、刺激が強いので、敏感な人にとっては頭皮の乾燥など、トラブルの原因になってしまいます。

  • パラベンとフェノキシエタノール

    パラベンは防腐剤としてシャンプーに含まれています。

    このパラベンという成分は、頭皮に負担をかける可能性があり、旧表示指定成分に指定されていて使う量にも制限があります。

    フェノキシエタノールも、防腐剤として入っているシャンプーがあります。

  • 合成着色料や合成香料

    毛髪を染めたり香りをつけたりするものではなく、シャンプー剤自体をキレイに見せるものです。

    頭皮に無駄に刺激を与え、敏感な方はかぶれる原因になります。

アミノ酸、石けん、豆乳発酵液について

  • アミノ酸

    毛髪はアミノ酸からできています。

    したがって、アミノ酸系の界面活性剤を洗浄成分として含んだシャンプーを使うと、頭皮や毛髪にとって低刺激で優しく洗うことができます。

    ココイルグルタミン酸やココイルアラニンなどがアミノ酸成分になります。

    配合量にもよりますが、値段が高いシャンプーが多いです。

  • 石けん

    天然成分ながら洗浄力が高い石けんシャンプーは昔から使われてきました。

    石けん素地、石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどの表示成分です。

    専用のリンスで中和させないと毛髪がごわごわするなど、使い方に工夫が必要になります。

  • 豆乳発酵液

    頭皮や毛髪の保湿に使われる成分です。

    加齢により減少する女性ホルモンの代わりの作用や、抗酸化作用などもあるので、育毛環境を整える成分といえます。

適切な洗い方が良いシャンプーを生かす

どんなに高価で育毛に良い成分が入っていても、シャンプーの方法が悪ければ成分を育毛に生かすことができません。

シャンプー前

丁寧なブラッシングで大きな汚れを落とし、頭皮マッサージ、ぬるま湯を使った予洗いをすると、より毛髪と頭皮に優しく、きちんと洗い上げることができます。

シャンプー

シャンプー剤を掌でしっかりと泡立てて、泡で毛髪と頭皮を洗いましょう。

注意することは、頭皮や毛髪をゴシゴシとこすらず、指の腹で優しくもむように洗うことです。

すすぎと乾燥

ぬるま湯でシャンプーの泡が残らないようにすすいでから、リンスやトリートメントをつけましょう。

シャンプー後には、必ず髪の毛を乾かすこと、その際はまず、タオルドライであらかたの水分を取ってからドライヤーをかけると、毛髪にも環境にも優しいです。

頭皮にもドライヤーの風をあてて、きちんと乾かしましょう。

(まとめ) シャンプーに入っている成分を理解することは大事ですか?

1.成分を知ると、自分の育毛のために必要なシャンプーが選べます

宣伝だけでなく、細かな成分表示を理解すると、自分に適したシャンプーを選べます。

シャンプーは水、界面活性剤、防腐剤からできています。

界面活性剤には石油系、アルコール系、石けん系やアミノ酸系などの種類があるのです。

2.シリコン、洗浄成分、パラベンなどについて

実はシリコンはきちんと洗髪すれば有害ではありません。

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは強い洗浄力があります。

防腐剤のパラベンは使用量に制限があり、頭皮に負担をかける可能性があります。

合成着色料や合成香料は毛髪や頭皮に刺激になる場合があります。

3.アミノ酸、石けん、豆乳発酵液について

アミノ酸は毛髪の成分に近く、低刺激ですがコスト高の成分です。

石けんシャンプーは天然の成分ながらしっかり洗うことができますが、専用リンスが必要になります。

豆乳発酵液は、保湿や女性ホルモンの代わりになる作用や、抗酸化作用があり、育毛に役立つといわれる成分です。

4.適切な洗い方が良いシャンプーを生かす

シャンプーの成分を生かすのは、「正しい方法で洗う」ことです。

ブラッシングや予洗いをし、泡立ててから優しく洗います。

しっかりとすすいでからリンスやトリートメントをつけ、タオルドライ後にはドライヤーを使ってきちんと頭皮と毛髪を乾かすことで、良い育毛環境が作られます。