髪が柔らかくなったときはストレスが影響している可能性があるため、その軽減を目指しましょう


以前は元気な髪でコシがあり丈夫だったという人で、最近髪が柔らかくなるという現象が起きている場合、強いストレスが影響している可能性があります。

ストレスは体にさまざまな不調をきたし、その中で髪がやせ細ってしまって柔らかくなることもあるのです。

柔らかくなった髪は、放置しているとそのまま抜け毛に発展する可能性もあります。

この状態を改善するためには、ストレスを軽減させることが大切です。

ストレスで髪に栄養が行きわたらないことが主な原因です

髪が柔らかくなる現象は、以前はしっかり髪に行き届いていた栄養が供給されなくなったことが原因と見られます。

髪の栄養不足は、ストレスを受けることで引き起こされる場合があるのです。

そこには、主に自律神経の乱れが深く関係しています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがうまくバランスを取っていることで私たちの体の活動が維持されています。

しかし、ストレスを受けることによって2つの自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になってしまうといわれているのです。

交感神経が優位になると体が緊張した状態が続き、血管が収縮して血流が鈍ってしまう原因になります。

血流が鈍ると頭皮に十分な栄養が行きわたらなくなり、栄養不足を起こしてしまうのです。

その結果、髪の健康が失われ、細く柔らかくなると考えられます。

自律神経の乱れは、ホルモンバランスにも影響を与えるといわれています。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、ハリのある健康な髪を保つ働きがあるとされています。

自律神経の不調の影響を受けてエストロゲンが減少すると、健康な髪を維持できなくなり、髪が柔らかくなることもあるのです。

血流の停滞に加えて、エストロゲンも減少することで、ますます髪が弱ってしまうということです。

放置していると抜け毛に発展するかもしれません

8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_s
髪が柔らかくなる現象をそのまま放置していると、やがて抜け毛に発展する可能性もあります。

自律神経の乱れによって血流が停滞し続けることで、頭皮に行きわたる栄養がどんどん枯渇していきます。

さらに、エストロゲンの減少によって髪がやせ細って柔らかくなるだけではなく、髪を生成する毛根組織の働きも弱ってしまう場合があるのです。

その結果、薄毛の状態に陥ってしまうわけです。

このような原因で女性が薄毛になってしまう状態は、びまん性脱毛症と呼ばれる症状となります。

びまん性脱毛症とは、髪全体が薄くなって分け目などから頭皮が透けて見えてしまう状態になるものです。

びまん性脱毛症は、主に自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れで引き起こされますが、原因となるものにはストレスのほかにもいくつかあります。

栄養バランスの偏った食事

髪の健康を保つ栄養が食事で補給されないことによって起こります。

出産後

妊娠中に大量に分泌される女性ホルモンが、出産後に急激に減少することで髪が抜けることがあります。

更年期障害

更年期を迎えると女性ホルモンが減少していきますから、それも薄毛の原因のひとつです。

誤ったヘアケアの方法

頭皮に刺激の強いシャンプーを使ったり、整髪料を使いすぎて頭皮に残ってしまったりすると、頭皮の状態が悪くなり髪が育たなくなってしまいます。

ストレスをためないように心がけましょう

髪に栄養が行きわたらない状態の原因がストレスである場合、できるだけストレスをためない生活を心がけることが大切です。

しかし、仕事での責任や育児のストレスなど、女性にはさまざまなストレスがついて回るものです。

これらのストレスの要素を取り除くことはできませんから、できるだけストレスを解消することを考えるのが得策です。

外に出かけて散歩をしたり、スポーツなど体を動かすことを始めてみたりするのもいいでしょう。

何か趣味を見つけて打ち込んでも、心がスッキリします。

人と話す機会を増やし、ときには抱えている悩みを打ち明けても気持ちが軽くなってストレスが軽減されるかもしれません。

家に帰ったら、お風呂にゆっくり入って体と心の疲れを取り除きましょう。

そして夜は十分な睡眠をしっかり取るようにします。

その他、自分に合ったストレス解消法を見つけて、実践してみましょう。

髪が細くやせて柔らかくなる状態がストレスによるものであれば、ストレスを軽減することで髪にも健康な状態を取り戻せるかもしれません。

その上、心も軽くなるだけではなく体の調子もよくなって、いいことずくめです。

以前のようなハリのあるつややかな髪になれば、気持ちも明るくなってさらに健康で元気な毎日を過ごすことができます。

(まとめ)ストレスで髪が柔らかくなるときはどうすればいいの?

1.髪が柔らかくなったときはストレスが影響している可能性があるため、その軽減を目指しましょう

髪が元気でコシがあったという人で、髪が柔らかくなるという現象が起きた場合、ストレスが原因かもしれません。

ストレスがもたらす体の不調の中で、髪がやせ細って柔らかくなることがあるのです。

ストレスを軽減させると改善が見込めます。

2.ストレスで髪に栄養が行きわたらないことが主な原因です

髪が柔らかくなる原因は、髪に栄養が行きわたらなくなることが考えられます。

ストレスを受けると交感神経が優位になり、血流が停滞すると頭皮に栄養が送られなくなるのです。

また女性ホルモン・エストロゲンの減少も髪の健康に関係してきます。

3.放置していると抜け毛に発展するかもしれません

髪が柔らかくなるのをそのまま放置していると、抜け毛に発展する可能性があります。

女性では、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症となることが多いです。

びまん性脱毛症は、ストレスのほかにもいくつか原因があります。

4.ストレスをためないように心がけましょう

髪が柔らかくなるのがストレスによるものなら、ストレスを軽減することを考えましょう。

散歩やスポーツ、趣味などもいいですし、人と話したりお風呂にゆっくり入ったりするのもおすすめです。

心と体が健康になれば、髪にも健康が戻ってきます。