産後の髪質が悪化するのは妊娠中に比べて女性ホルモンの分泌量が減少するためです


女性ホルモンは、女性の髪の毛を美しく保つ働きをしていますが、妊娠中に比べると、産後は女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

この影響で女性ホルモンのバランスが崩れ、髪質が悪くなることがあるのです。

とはいえ、こうした女性ホルモンの減少は、妊娠中に比べて減っているというだけで、実際には通常の状態に戻っているだけです。

そのため、バランスの乱れが落ち着けば自然と髪質も戻っていきます。

産後の髪質の変化は生活習慣の変化が原因で起こる場合もあります

産後の髪質の変化は、女性ホルモンによるものだけでなく、生活習慣の変化によって起こることもあります。

授乳などによる睡眠不足

授乳やおむつ交換などで睡眠不足が続くと、女性の髪の毛を育てるのに役立つ成長ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

成長ホルモンは、眠っている間に多く分泌されて髪や肌の成長や新陳代謝を促しているのです。

頭皮の洗浄不足

産後しばらくは、ゆっくりお風呂に浸かることができません。

それに加えて、早くお風呂から上がって赤ちゃんの面倒を見なくてはと思うあまり、洗いが適当になってしまうこともあります。

皮脂や汚れがきちんと落とせていないと、頭皮環境はどんどん悪化していってしまいます。

血行が悪くなったり、毛穴が塞がったりすると、十分な栄養を髪に届けられなくなり、髪のトラブルに発展します。

また、シャンプーのすすぎ残しも頭皮トラブルの元になります。

加齢による髪質の変化が同時に起こることもあります


女性の髪の毛は、常に一定の美しさを保てるわけではありません。

加齢によって女性ホルモンの分泌量は減少していきますし、同様に、コラーゲンなどの潤いを保つための成分もどんどん体内から減少していきます。

すると、皮膚がたるんだり、乾燥しやすくなってしまったりします。

頭皮がたるむと髪がうねりやすくなってくせ毛になってしまいますし、頭皮や髪の乾燥を放置すると髪がパサパサになってしまいます。

また、加齢による髪質の変化としてよく聞かれるのが、「髪のコシやハリがなくなった」ということです。

特に抜け毛が増えたわけでもないのに、髪全体のボリュームがダウンして、セットがうまくいかなくなってしまうのです。

お肌と同じように、髪も若いうちの方が美しく、艶めいています。

年齢を重ねるにつれて、次第に髪の輝きが失われ、見た目の悪い髪になっていってしまうのです。

こうした加齢による髪質の変化が、出産を機に現れることがあります。

これまでは特に気になっていなかったのに、突然このような症状が現れて、「産後の髪質の変化だろう」と思っていたのに、いつまでも治らないということもあるのです。

髪質を整えるためには日頃から髪と頭皮のケアを心がけることが大切です

女性の髪質を整えるために、産後は特に髪のケアに気を配った暮らしを送ることが大切です。

シャンプー

シャンプーをする時は、事前に毛先から髪を梳いておきましょう。

特に、髪質が悪くなってしまった場合は、髪が絡まりやすかったり、切れやすかったりします。

髪を梳かしておくことで、大きな埃を落とすと共に、シャンプー時のダメージを減らすことができます。

髪を洗った後は、バスタオルで頭や髪を抑えるようにして水分を吸い取りましょう。

ゴシゴシと乱暴に頭皮をこすると、傷がついてしまうこともあります。

また、髪同士がこすれることで、髪にダメージを受けてしまう場合もあるので、タオルドライは慎重に行ってください。

その後は、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

トリートメント

ドライヤーの前の洗い流さないトリートメントや、オイルを使ったヘアパックなどを定期的に行いましょう。

髪が傷みやすい出産後は特にトリートメントに力を入れる必要があります。

時間がない場合は、短時間でできるドライヤー前のトリートメントだけでもするようにしてください。

(まとめ)産後はどうして髪質が悪くなりがちなの?

1.産後の髪質が悪化するのは妊娠中に比べて女性ホルモンの分泌量が減少するためです

出産後の女性ホルモンの分泌量は、妊娠中に比べると減少してしまいます。

そのため、ホルモンバランスが乱れて、髪の毛を美しく保てなくなることがあるのです。

しかし、時が過ぎてバランスが元に戻れば自然と治まります。

2.産後の髪質の変化は生活習慣の変化が原因で起こる場合もあります

産後の髪質の変化は、授乳やおむつ替えなどによる睡眠不足によって成長ホルモンが十分に分泌されないことが原因で起こることもあります。

また、頭皮の洗浄不足やすすぎ残しのせいで頭皮が荒れて、髪に栄養が行きわたらない場合もあります。

3.加齢による髪質の変化が同時に起こることもあります

加齢に従って、女性ホルモンの分泌量や肌の潤いを保持するための成分などが減少していきます。

それによって、髪質が悪くなってしまうことがあります。

産後のタイミングで加齢によるヘアトラブルが顕在化することもあるので注意が必要です。

4.髪質を整えるためには日頃から髪と頭皮のケアを心がけることが大切です

産後、女性の髪の毛の状態を整えるために、シャンプー前のブラッシングやタオルドライの仕方に気を配るようにしてください。

また、トリートメントを欠かさないことも大切です。