産後、髪が薄い気がしたら髪のために血行促進や栄養補給を心がけた生活を意識してみましょう


産後は、女性ホルモンのバランスの乱れから、髪の健康が損なわれてしまいがちです。

そのため、産後に髪が薄くなるというのは、誰にでも起こり得ることなのです。

このような傾向に気付いたら、なるべく女性ホルモンのバランスを整えると同時に、髪に栄養を届けるための血行促進や栄養補給を心がけて回復を目指しましょう。

産後は、女性ホルモンのバランスが乱れる時期です

産後、女性ホルモンは大きくバランスが乱れてしまいます。

これは、妊娠・出産による女性ホルモンの分泌量の変化によるものです。

妊娠中

妊娠を維持して赤ちゃんを迎える準備ができるよう、女性の体は大きく変化していきます。

そのため、妊娠初期から女性ホルモンの分泌量はじょじょに増加していくことになるのです。

女性ホルモンには、髪の毛を長く生やしておくという働きもあるため、この時期の女性は髪が抜けにくくなる場合があります。

また、反対に、ホルモン量の増加によるバランスの乱れによって薄毛が起こる場合もあります。

出産後

出産後は、妊娠前の状態に体が戻っていきます。

この時期に、妊娠中に多くなっていた女性ホルモンの分泌量が急激に低下することで、ホルモンバランスが大きく崩れて抜け毛の原因となります。

また、妊娠中に髪の毛が抜けにくくなっていた女性は、出産後に女性ホルモンが元の分泌量に戻ることでまとめて髪が抜けることもあります。

女性ホルモンを整えるためになるべく健康的な生活を送りましょう


女性ホルモンのバランスを整えるためには、健康的な生活を送ることが大切です。

産後で忙しいからと自分の生活をおざなりにしてしまわないようにしましょう。

睡眠

産後の女性にとって一番大きな問題は、睡眠時間の不足です。

睡眠不足は体の健康だけでなく、心の面でも問題を引き起こす原因になります。

1日の疲れを癒すためにも、できるだけ長い時間眠れるようにしましょう。

赤ちゃんと一緒に眠ってしまうのがお勧めです。

食事

栄養たっぷりの母乳のためにも、食事内容は大切です。

栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

特に大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれていますから、女性ホルモンの減少に対抗するために積極的にメニューに取り入れましょう。

豆乳1杯程度が1日の摂取量の目安です。

運動

適度な運動は、体の調子を出産前に戻すのに役立ちます。

産褥体操などを積極的に行うようにしてください。

また、骨盤を元に戻す体操や運動もお勧めです。

髪の状態が気になる場合は、一度産専門家に相談してみましょう

「髪の毛が薄い」と感じたら、生活などを見直して女性ホルモンのバランスを整える生活を送るようにしましょう。

おおよそ半年から1年ほどで、髪の状態はだんだんと元に戻っていきます。

しかし、なかなか薄毛が治らなかったり、髪が薄いということが強いストレスになってしまう場合などは、専門家に相談するというのもひとつの方法です。

産婦人科

かかりつけの産婦人科で、「薄毛が気になる」と相談してみましょう。

産後の抜け毛や薄毛に悩む女性はかなりたくさんいますから、特に恥ずかしがる必要はありません。

ただし、産婦人科で女性ホルモン剤を処方された場合、服用をやめたタイミングで再び大きくホルモンバランスが崩れて薄毛になってしまう可能性もあります。

服用や薬をやめるタイミング、やめ方などについて説明を聞くようにしましょう。

美容院

美容院は、髪と頭皮のプロです。

産後の薄毛を目立たなくする髪型を提案してもらったり、髪をケアするトリートメントを教えてもらえたりします。

産後の薄毛はシャンプー剤が合わないことやトリートメント不足などによって起こることもあるので、相談してみてください。

(まとめ)産後、髪が薄いと感じたら一体どうすればいい?

1.産後、髪が薄い気がしたら髪のために血行促進や栄養補給を心がけた生活を意識してみましょう

産後、女性ホルモンのバランスが乱れると、髪の健康が損なわれて薄毛になってしまう場合があります。

髪が薄くなっていると感じたら、女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。

2.産後は、女性ホルモンのバランスが乱れる時期です

妊娠中は、赤ちゃんを健康に迎えるために女性ホルモンの分泌量が増加します。

出産後、この分泌量が通常の量に戻ることによって、バランスが崩れて薄毛になってしまうことがあるのです。

3.女性ホルモンを整えるためになるべく健康的な生活を送りましょう

女性ホルモンを整えるために、睡眠や食事、運動などに気を配ってできるだけ健康的な生活を送りましょう。

赤ちゃんと一緒に眠るようにすることや、産褥体操を積極的に行うことなどがお勧めです。

4.髪の状態が気になる場合は、一度産専門家に相談してみましょう

薄毛がなかなか治らない場合や、気になってストレスになってしまう場合は、産婦人科の医師や美容師に相談してみましょう。

ただし、女性ホルモン剤はやめるタイミングが難しいので慎重に相談して服用するようにしましょう。