産後のデリケートな髪と頭皮を守るため、ストレス解消は重要です


産後、女性の体には、ホルモンバランスの大きな変化が起こります。

これは、妊娠中に増加したホルモンバランスの分泌量が、出産を経ることで急激に減少するためです。

女性ホルモンは、お肌や髪を健康に保つための働きをしていますから、こうしたバランスの乱れは、肌や髪のトラブルに繋がります。

ホルモンバランスはストレスによっても乱れやすいため、ストレスを溜めないことが大切なのです。

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩す大敵です

産後の女性の体は、ただでさえ女性ホルモンの分泌量の変化によって、ホルモンバランスが乱れてしまっています。

それに加えて、産後のストレスも、女性ホルモンを乱して髪や頭皮の状態を悪化させる原因となってしまいます。

産後の女性には様々なストレスがあります

産後、女性の生活は大きく変化します。

自分のタイミングで暮らすのではなく、赤ちゃんに合わせて過ごす必要が出ますし、睡眠時間も不足して、思うような生活が送れなくなってしまいます。

こうした生活は、体に負担をかけるだけでなく、精神的なストレスにもなります。

また、育児上の不安や家族との育児観の違い、働き方の問題など、産後の女性の悩みは尽きません。

こうした悩みも、ストレスとなってしまいます。

ストレスは女性ホルモンの大敵

ストレスで生理不順になってしまったり、髪が抜けたりすることからも、ストレスが女性ホルモンのバランスに大きな影響を与えることがわかります。

ストレスを改善して、乱れた女性ホルモンが少しでも早くバランスを取り戻せるように心がけましょう。

ストレス解消して女性ホルモンバランスの早期改善を目指しましょう


ストレス解消のために、次のようなことを意識して過ごすようにしましょう。

産後はなかなか思う通りの生活ができないものですが、そんな中でも、自分の心身のケアを怠らないようにしてください。

体の疲れを癒す

妊娠・出産による体の変化と赤ちゃんのお世話、睡眠不足で、産後の女性の体は疲れ切っています。

きちんと回復させるためには、出来る限りたくさん睡眠をとることや、栄養のある食事をきちんと3食食べること、ストレッチや体操などで体の調子を元に戻すことが大切です。

ストレス発散のためには、まず、体が元気になる必要があるのです。

リフレッシュできる時間を作る

朝、雨戸を開けた時に外の様子を眺めてみたり、家族が帰宅してから、ゆっくりお茶を飲む時間をもらうなど、リフレッシュできるちょっとした時間を作るようにしてみてください。

だらだらと赤ちゃんと向き合うだけの生活を続けていると、だんだん閉塞感に襲われてしまうことがあります。

ほんの短い間でも、家族以外の人と会話をしたり、メールなどをやりとりして交流を持つのも効果的です。

ストレスは不眠症や腹痛など様々な不調の原因になるものです

ストレスによって引き起こされるトラブルは、頭皮や髪に関することだけではありません。

大きな問題に発展しないよう、事前の対策をとりましょう。

不眠

産後はただでさえ睡眠不足になりがちです。

それなのに、ストレスを抱えることで「眠たいのに眠れない」という悪循環に陥ってしまうこともあります。

時間が自由にならない中で効率よく睡眠を確保していくためにも、不眠は回避する必要があります。

腹痛

ストレスから、腹痛や下痢が起こることもあります。

赤ちゃんを見ていなければいけないのに、しばしばトイレに駆け込んでいると、それだけでさらにストレスが溜まってしまいます。

健康を保つことは、さらなるストレスを生まないためにも大切なことなのです。

家族間の不和

ストレスが溜まってイライラしていると、ついつい家族にもきつく当たってしまいがちになります。

協力し合いながら赤ちゃんを育てていくためには、家族が仲良く話し合える環境が大切です。

(まとめ)産後の髪と頭皮のためにはストレス解消が大切?

1.産後のデリケートな髪と頭皮を守るため、ストレス解消は重要です

産後、女性ホルモンの分泌量は、妊娠中から大きく変化します。

女性ホルモンには肌や髪を健康に保つ働きがあるため、バランスが崩れることで、肌や髪のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

2.ストレスは女性ホルモンのバランスを崩す大敵です

産後の女性には、生活の変化や睡眠不足、育児の悩みなど、様々なストレスがあります。

こうしたストレスは、女性ホルモンのバランスを崩してしまうものですから、解消をするようにしましょう。

3.ストレス解消して女性ホルモンバランスの早期改善を目指しましょう

ストレスを解消するために、まずは体の健康を取り戻しましょう。

睡眠時間の確保や栄養のある食事、運動などがお勧めです。

また、リフレッシュできる時間を作って、心のケアをすることも大切です。

4.ストレスは不眠症や腹痛など様々な不調の原因になるものです

ストレスが溜まっていると、眠いのに寝られない不眠症や、腹痛などの症状が起こってしまう場合もあります。

また、家族にきつく当たってしまうと、協力し合って育児をすることが難しくなりかねません。

ストレス解消を心がけましょう。