抜け毛が急に増えた時、短い髪が抜けるようになったときは、育毛をはじめましょう。


ある日突然薄毛になってしまう人はいません。

薄毛になる前には、いくつかの前兆があります。

その一つは、抜け毛の量です。

薄毛になってしまう人は、徐々に抜け毛が増えている傾向があります。

もちろん、健康な人でも髪は抜けますが、1日200本以上抜けるようになってしまうと、新しい髪が生えるペースが追いつかず、薄毛になってしまう可能性があります。

また、抜け毛を観察してみると、短くて細い髪が混じっていることがあります。

これも薄毛の前兆です。

短くて細い髪は、成長途中の髪であり、ヘアサイクルが乱れている可能性があるからです。

このように、まずは抜け毛の量をチェックし、抜け毛の中に短い髪がないか確認しましょう。

もし薄毛の前兆があった場合は、早めに対策をすることをおすすめします。

抜け毛以外にも薄毛の前兆があります。

薄毛の前兆は、抜け毛だけではありません。

頭皮や髪に現れる前兆にも注意し、変化があれば早めに対策するようにしましょう。

頭皮の異常・トラブル

髪の毛が生えるために、頭皮は健康な状態でなければなりません。

  • 頭皮のかゆみがある
  • フケが目立つ
  • 頭皮が赤くなっている
  • 頭皮に湿疹やニキビのようなできものがある
  • 頭皮が固くなっている
  • 頭皮がつまめるほど柔らかい

以上のような頭皮の状態は、あまり好ましくなく、髪の成長を妨げる可能性があります。

髪質の変化

頭皮の健康状態や体調によって、生えてくる髪の毛の質も変化します。

  • 髪のうねりが出てくるようになった
  • 髪の艶やコシがなくなってきた

これは、女性ホルモンの減少や生活習慣の乱れなどによって髪の質が悪くなっている可能性があります。

さらに、頭皮の血行不足や栄養不足、頭皮の毛穴詰まりなどによって、以下のような髪質に変化することもあります。

  • 髪がパサつく
  • 髪が細くなってきた

30歳を過ぎたら、育毛を意識するといいでしょう。


先に説明したように、薄毛になるまでには、前兆となる症状があります。

しかし、今何も気になることがないからと何もしなくてもいいのでしょうか?

実は、特に髪や頭皮にトラブルがなくても育毛を意識してもらいたい年齢があります。

それは、30歳です。

なぜなら、女性は30歳を過ぎたあたりから、徐々に女性ホルモンが減少し始めるからです。

女性ホルモンは、髪の成長に深く関わっているホルモンで、分泌量が減るとともに髪の毛のボリュームが減ったり、抜け毛が増えたりする可能性があります。

たとえ今はまだ何も髪の悩みがなくても、30歳を過ぎると誰でも薄毛になるリスクがあるのです。

そのため、30歳を過ぎたら育毛ケアを取り入れていくのが理想です。

薄毛の前兆があったら育毛を実践しましょう。

これまで、薄毛の前兆や年齢的に育毛を始めるタイミングについて、説明してきました。

では、いざ育毛をはじめるのなら、何から始めたらいいのでしょうか?

ここでは、薄毛の前兆があったら実践したい育毛方法を紹介します。

  1. ヘアケアを見直す

    頭皮トラブルや髪の毛のトラブルは、ヘアケアによって起こることがあります。

    たとえば、洗浄成分の強すぎるシャンプーの使用やシャンプーの頻度、乱暴なブラッシング、ドライヤーの使用方法などです。

    まずはこれらのヘアケア方法を見直しましょう。

  2. 生活習慣の見直し

    生活習慣も髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。

    不規則な生活や偏った食事、睡眠不足や運動不足などを見直しましょう。

  3. 頭皮マッサージ

    頭皮への血流が十分でなければ、頭皮や髪は不健康な状態になります。

    頭皮マッサージをして、血行を促しましょう。

  4. 大豆イソフラボンの積極的な摂取

    大豆や大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同様に、髪の毛の成長を促進します。

    女性ホルモンは年齢が上がるにつれて減少してしまうので、積極的に取り入れて不足分を補いましょう。

(まとめ) どんな前兆があれば、育毛をはじめたほうがいいの?

1.抜け毛が急に増えた時、短い髪が抜けるようになったときは、育毛をはじめましょう。

薄毛の初期症状は、抜け毛の増加、短い髪が抜けるといった症状が出ます。

この薄毛の前兆があれば、早めに育毛対策をしましょう。

2.抜け毛以外にも薄毛の前兆があります。

抜け毛以外にも、頭皮の異常やトラブル、髪質の変化も薄毛の前兆です。

これらの症状は、必ずしも薄毛になるわけではありませんが、放っておくと徐々に薄毛に進行する恐れがあるので、注意しましょう。

3.30歳を過ぎたら、育毛を意識するといいでしょう。

30歳を過ぎると、髪の毛の成長に関わっている女性ホルモンの分泌量が徐々に減少します。

特に薄毛の前兆がなくても、30歳を過ぎたら少しずつ育毛ケアを取り入れるようにしましょう。

4.薄毛の前兆があったら育毛を実践しましょう。

育毛するためには、まずヘアケアの見直し、生活習慣の改善をしましょう。

そして、頭皮環境を改善するために頭皮マッサージを取り入れたり、大豆イソフラボンの摂取で女性ホルモンを補ったりして、少しずつ育毛ケアをはじめましょう。