育毛剤と養毛剤の違いや表記の内容を理解すれば、適切なヘアケアが可能です


育毛環境の改善を目指す時に、育毛剤や養毛剤といったヘアケア剤の表示について良く理解すると、自分に必要なものを選ぶことに役立ちます。

養毛剤は、現在生えている髪に栄養を与えたり、頭皮を清潔にしたりします。

しかし、毛髪を成長させる効果や効能などは認められません。

よって、未来のためにもっと毛髪や頭皮をキレイにしておきたいという方向けでしょう。

次に、育毛剤は現在生えている髪を丈夫に育てるものです。

育毛剤に「薬用」や「医薬部外品」という表記があれば、その育毛剤には抜け毛を防ぐことや頭皮を衛生にすることなどに関して認められた成分が一定割合であるので、それらの悩みの解決に役立てることができます。

また、発毛剤という商品もあります。

これは、抜けてしばらく次の毛が生えてこない毛穴から再び毛髪を生やし、成長させることを目指した商品です。

「医薬品」表記がなされている発毛剤については、厚生労働省が発毛効果があると認めた有効成分が入っています。

法律で定められた表記の意味を理解しましょう-「医薬品」について

ヘアケア剤には「薬用」や「医薬品」、「医薬部外品」と表示されたものがあります。

これらの表記は、薬事法で決められたルールに基づいてなされています。

そのルールを知り、自分の頭皮や毛髪の状態に適切なヘアケア剤を選ぶことは、育毛環境の改善を的確に行うためのポイントとなります。

例えば、「医薬品」と表示されているものには、厚生労働省が病気の治療のために効果を認めた有効成分が入っています。

しかし、強い効果があるということは、それだけ副作用の可能性もあるということです。

よって、「医薬品」表記の発毛剤などは、病院やクリニックで医師の診察を受け、処方されなくては使えません。

または、薬局で薬剤師から情報提供を受けて購入しなくてはいけません。

法律で定められた表記の意味を理解しましょう-「医薬部外品」、「薬用」、「化粧品」について


薬事法で決められた表記には他にもいくつかあります。

「医薬部外品」は、例えば、抜け毛を防ぐといったような、防止や衛生に効果があると認められた成分が一定割合で入っているという意味です。

ただし効果は「医薬品」ほど強くありません。

そして、「薬用」は医薬部外品に認められた表示形式です。

最近は、育毛剤の中に「薬用」と表示されている商品があります。

この薬用育毛剤は医薬部外品扱いになります。

そして、「化粧品」は清潔にする、美化する、健やかに保つといったことが目的です。

抜け毛を防ぐといった効能及び効果の表記はできないのです。

これらの表記がある育毛剤や化粧品の養毛剤は、医師の処方や薬剤師の情報提供なしで購入することができます。

ヘアケア剤を選ぶポイントと生活習慣の改善

また、これらの表記に伴い、ヘアケア剤の価格や入手しやすさも選定ポイントになります。

まず、医薬品の発毛剤は、病院や薬局に行く時間がかかり、強い発毛効果があるので金額も高くなります。

医薬部外品や薬用の育毛剤は、発毛剤ほど高くなく、またコンビニやドラッグストアで入手しやすいのですが、強い効果は期待できません。

化粧品の養毛剤は、発毛剤や育毛剤より安価感がありますが、キレイになる以上の効果はありません。

自分の育毛の悩み、改善に必要なポイントや予算を考慮しましょう。

また、育毛環境の改善には、ヘアケア剤だけでなく生活習慣の改善も必要です。

育毛に良い野菜中心の食事や身体を温める入浴、毎日の有酸素運動などもヘアケア剤と並行して行い、育毛環境を改善しましょう。

(まとめ)育毛剤と養毛剤に違いはありますか?

1.育毛剤と養毛剤の違いや表記の内容を理解すれば、適切なヘアケアが可能です

養毛剤は現在生えている毛髪をキレイにします。

育毛剤も現在生えている毛髪を丈夫にしますが、医薬部外品などの表記のある育毛剤には、抜け毛防止などに効果がある成分が一定割合で入ってます。

発毛剤は毛穴から新しい毛髪を生やすことが目的です。

2.法律で定められた表記の意味を理解しましょう-「医薬品」について

「医薬品」の表記については、薬事法で決められたルールがあります。

「医薬品」は厚生労働省が効果を認めた有効成分が入っています。

「医薬品」表記の発毛剤は、病院で医師の処方または、薬局で薬剤師から情報提供を受けないと購入できません。

3.法律で定められた表記の意味を理解しましょう-「医薬部外品」、「薬用」、「化粧品」について

「医薬部外品」や「薬用」は、防止や衛生に効果があると認められた成分が一定割合で入っています。

「化粧品」は清潔にする、美化する、健やかに保つことが目的です。

医師の処方や薬剤師の情報提供なしで購入することができます。

4.ヘアケア剤を選ぶポイントと生活習慣の改善

金額の高さと期待できる効果の順は、医薬品の発毛剤>医薬部外品や薬用の育毛剤>化粧品の養毛剤、になります。

また、育毛環境の改善には、ヘアケア剤だけでなく食事や運動などの生活習慣の改善も必要です。

ポイントは予算や悩みに応じて必要なヘアケア剤を選ぶことです。