育毛対策をすることが、白髪の予防になることがあります。


薄毛や抜け毛は遺伝のほか、加齢、血行不良、頭皮環境の悪化、ストレスなどによって起こりますが、実は黒髪が白髪になる原因もほぼ同じなのです。

薄毛になる原因と、白髪になる原因がとても似ているため、育毛をしていることで白髪の予防になったり、白髪を減らしたりすることにつながるのでしょう。

ここで知っておきたいのは、まず白髪になるしくみです。

髪が細くなったり抜けたりするのが薄毛、抜け毛ですが、白髪は違います。

白髪は白いまま生えてくるのです。これにはメラノサイトという色素細胞が大きく関係しています。

通常、健康な黒髪というのは生まれたばかりの時には透明で色がついていません。

生えてくるときに毛根にあるメラノサイトが色を付けることで黒い髪に成長します。

何らかの原因によりメラノサイトが機能しなくなって、色を付ける働きがなくなったまま髪が生えてくると白髪になるということです。

一旦白髪になった毛穴からはまた白髪が生えてくることが多いのですが、育毛することによってメラノサイトがまた活動をはじめると黒髪に戻ることも十分可能性として考えられるのです。

白髪は抜かない方が良い

白髪を抜くとそれが原因で白髪がもっと増えるという人がいますが、それはあくまでも噂や思い込みにすぎません。

きっと抜いた白髪の毛穴から、一気に白髪が生えてくることで、増えたように感じるのでしょう。

しかし、抜いて増えないとしても、白髪はできるだけ抜かないことをお勧めします。

それは、白髪を抜くと頭皮や毛細血管を傷つけてしまい、毛嚢炎などの炎症を起こす恐れがあるからです。

また、一旦白髪を抜いても、メラノサイトが働いていない同じ毛穴からはまた白髪が生えてきます。

「生えては抜く」という行動を何度も何度も繰り返していると、そのうち白髪どころか、髪自体が生えてこなくなってしまいます。

気になっていた白髪がなくなったとしても、薄毛になってしまったのでは意味がありません。

白髪は根元でカットするか、染めるのがおすすめ


白髪があると、なんとなく老けて見えてしまいます。

若々しくいるためには、できるだけ白髪を増やさず、隠したいものです。

少しの白髪が気になる時には白髪を抜くのではなく根元でカットしてしまいましょう。

これは本数が少ない場合にできるお勧めの方法です。

だんだんと白髪の割合が多くなってきたら、ヘアカラーや白髪染めなどで定期的に染めましょう。

白髪がある場合には、ヘアカラーよりも白髪染めの染料の方が色もきれいに染まります。

染料によってはかぶれなどのアレルギー症状を起こすこともあるので、使用前にパッチテストをするなどして、自分の肌に合ったものを使用するように気を付けましょう。

また、髪や頭皮にダメージの少ないものを選ぶことも大切です。

白髪の予防に3つの育毛ケア

規則正しい生活を送る

タバコなどの嗜好品は控え、良質でバランスのとれた食事をしましょう。

足りない栄養素はサプリメントで補給するのがお勧めです。

また、適度な運動をして質の良い睡眠をとることも大事です。

頭皮のケア

頭皮は清潔に保ち、血行を良くしておくことが大切です。

育毛剤などを使用してしっかりと栄養補給し、マッサージをしましょう。

ストレス発散

人間にストレスがかかると、自律神経が乱れ血行が悪くなります。

また新陳代謝も悪くなるため、髪に十分な栄養がいきわたりません。

髪を黒くするメラノサイトは非常にストレスに弱いといわれています。

メラノサイトをしっかりと活性化させるために、上手にストレス発散をしましょう。

薄毛や抜け毛と同じく、白髪には「育毛ケア」が欠かせません。

白髪を目立たなくしながら、日々の生活で予防していくように心がけましょう。

(まとめ)育毛対策することが白髪の予防にもなるの?

1.育毛対策をすることが、白髪の予防になることがあります。

薄毛になる原因と、白髪になる原因がとても似ているため、育毛対策をすることが白髪の予防になったり白髪を減らしたりすることにつながります。

また、白髪の色のもととなるメラノサイトが活動をはじめると黒髪に戻ることも十分可能性として考えられます。

2.白髪は抜かない方が良い

白髪はできるだけ抜かないことをお勧めします。

白髪を抜くと頭皮や毛細血管を傷つけてしまい、毛嚢炎などの炎症を起こす恐れがあります。

また、生えては抜くという行動を何度も何度も繰り返していると、そのうち白髪どころか、髪自体が生えてこなくなるからです。

3.白髪は根元でカットするか、染めるのがおすすめ

少しの白髪が気になる時には白髪を抜くのではなく根元でカットし、白髪の割合が多くなってきたら、ヘアカラーや白髪染めなどで定期的に染めることをお勧めします。

髪や頭皮にダメージの少ないものを選びましょう。

4.白髪の予防に3つの育毛ケア

規則正しい生活を送り、頭皮のケア、ストレス発散をすることが大切です。

薄毛や抜け毛と同じく、白髪には「育毛ケア」が欠かせません。

白髪を目立たなくしながら、日々の生活で予防していくように心がけましょう。