髪に枝毛ができる原因はストレスや乾燥方法などが考えられます


髪の先などがぱっくり割れてしまう枝毛は、さまざまな原因によってできてしまいます。

その原因には紫外線やドライヤーの使い方、生活習慣やストレスなどがあります。

これらの原因は髪の健康を妨げ、パサパサと乾燥した状態になって枝毛を引き起こしてしまうのです。

髪を健康な状態に保つためには、原因ごとに対策を取り、改善することが必要です。

枝毛ができる原因となるダメージは主に3つあります

枝毛ができるメカニズムは、髪がダメージを受けることによってキューティクルがはがれ、髪の繊維が裂けてしまうというものです。

髪の繊維は縦になっており、それが集まった状態であるため、ダメージの影響を受けやすいのです。

髪に与えられるダメージとは、主に以下のようなものがあります。

紫外線によるもの

髪が紫外線に長時間さらされると、キューティクルは壊れてしまいます。

そしてはがれたキューティクルが枝毛を引き起こしてしまうのです。

また、頭皮が紫外線のダメージを受けることで毛根組織の働きを弱めてしまい、健康な髪を維持することができなくなるといったこともあげられます。

ドライヤーの熱もしくは不完全な乾燥によるもの

髪を乾かすときにドライヤーの熱をかけすぎると、髪を傷める原因になります。

逆に、熱を避けようとして生乾きの状態にしていると、濡れてダメージを受けやすくなっているキューティクルがはがれてしまうのです。

生活習慣やストレスによるもの

偏った食生活で栄養が足りていない、しっかり眠れていないといった生活習慣の乱れで、髪に十分な栄養がいきわたらなくなり、枝毛などの傷みが起こることがあります。

また、ストレスによって頭皮の血流が鈍くなってしまい、髪に栄養が届かなくなってしまうことも原因の1つです。

髪を健康にするためには生活習慣やストレスに気をつけましょう


髪のハリやツヤを保ち健康な状態にするには、頭皮を健康にすることから始まります。

特に生活習慣やストレスが原因の場合、体の内側から健康状態を改善することで、枝毛ができにくい髪を目指せます。

体が健康になれば頭皮の状態もよくなり、毛根組織が活発になって枝毛を防ぐことが可能です。

生活習慣が乱れている人は、その生活を見直してみましょう。

食生活に偏りがあるという場合は、髪に必要な栄養が足りていないことが考えられるため、栄養バランスの取れた食事をしっかり食べることが大切です。

ダイエットで無理な食事制限をすることも避けましょう。

日々仕事などで忙しい人は、睡眠時間を十分に取るのは難しいかもしれませんが、できるだけきちんと眠るようにして、髪の生成を促すようにしましょう。

また、毎日何かしらのストレスにさらされているという人は、自律神経が乱れていて血流が鈍り、女性ホルモンのバランスも崩れている可能性があります。

ストレスそのものを取り除くことができなかったとしても、適度にストレスを解消することがおすすめです。

自分の悩みを人に相談したりするだけでも心が落ち着き、ストレスが軽くなるかもしれません。

ストレスが軽くなれば、血流が改善されて髪に栄養が届き、頭皮環境も改善するでしょう。

髪自体へのダメージにも注意することが必要です

枝毛を防ぐためには、髪が受けるダメージを最小限にするヘアケアも大切です。

紫外線によって髪は傷み、枝毛ができやすくなるため、日傘や帽子を使って髪を守りましょう。

紫外線が比較的強い夏はもちろんのこと、紫外線量が増える春ごろから対策しておくのがおすすめです。

しかし、紫外線を完全にカットするのは難しいため、トリートメントでの保湿ケアも並行して行いましょう。

毎日のシャンプーのときにはゴシゴシと洗ったり、必要以上にシャンプーを使ったりせず、適度な量で優しく洗うのがポイントです。

頭皮の健康を守ることで血流が保たれ、髪にしっかり栄養がいきわたる状態にすることができます。

熱湯も髪を傷めて枝毛を増やす原因になりますから、ぬるま湯を使うようにしましょう。

また、髪を乾かすときにも注意が必要です。

ドライヤーの熱はキューティクルを破壊しますが、生乾きの状態ではキューティクルが傷みやすく、摩擦も起きやすいため枝毛のリスクが高い状態となります。

そこでおすすめなのが、髪を傷めないように乾かせる低温ドライヤーです。

髪が傷む温度は70度を超えたくらいといわれていますが、低温ドライヤーなら60度程度のため髪が傷む心配が少ないです。

(まとめ)髪に枝毛ができる原因はストレスも関係しているの?

1.髪に枝毛ができる原因はストレスや乾燥方法などが考えられます

髪にできる枝毛の原因は、紫外線やドライヤーの使い方、ストレスなどさまざまです。

これらによって髪が乾燥し、枝毛ができやすくなるのです。

それぞれの原因を見直し、改善するようにしましょう。

2.枝毛ができる原因となるダメージは主に3つあります

枝毛の原因は、キューティクルがはがれて髪の繊維が裂けてしまうためです。

髪の繊維は縦になっており、ダメージを受けやすいのです。

紫外線やドライヤーの熱、生活習慣やストレスなどがダメージの原因といわれています。

3.髪を健康にするためには生活習慣やストレスに気をつけましょう

髪の健康を保つことで枝毛ができにくくなります。

生活習慣が乱れている人は、食事や睡眠に気をつけることで、髪の生成が促されるでしょう。

また、ストレスは血流を鈍らせてしまうため、解消することで髪に栄養がいきわたりやすくなります。

4.髪自体へのダメージにも注意することが必要です

枝毛を防ぐためには、髪へのダメージも最小限にするヘアケアが大切です。

春ごろから日傘や帽子を使って紫外線を防ぐようにしましょう。

また、シャンプーのときには適量で優しく洗い、低温ドライヤーできちんと乾かすようにします。