ストレスで血流が悪くなると髪が細くなったりすることがあります


最近髪が細くなったと感じることのある場合、日ごろ抱えているストレスが原因かもしれません。

ストレスは体の調子を崩してしまうだけではなく、髪の状態にも影響を与えることがあるのです。

ストレスによって血流が滞り代謝が鈍ることや、女性ホルモンのバランスを崩してしまうことなど原因はいくつか考えられます。

そのままにしておくと、やがて抜け毛などに発展してしまう可能性があります。

ストレスは髪の成長に影響を与えます

人の体はストレスを受けると、さまざまな弊害が起こります。

それは髪に関しても同様です。

ストレスが髪の成長を妨げ、髪が細くなったり弱くなったりすることもあるのです。

その大きな原因は、自律神経の乱れです。

ストレスを受けると、体を緊張させる交感神経が優位になるといわれています。

交感神経が優位になると、血管の収縮などが起こり、血流が滞ってしまうのです。

すると代謝に必要な栄養素や酸素が全身にいきわたらなくなります。

その結果、頭皮への血流が滞って髪の成長をつかさどる代謝も鈍ってしまい、元気な髪を生やすことができなくなってしまうです。

さらに交感神経の影響によって、ホルモン分泌にも影響を与えることがあります。

髪を豊かな状態に保つのは女性ホルモンのエストロゲンであるといわれていますが、エストロゲンの分泌が減少することで髪の健康が失われてしまいます。

若いうちから髪が細くなったり弱くなったりする場合は、ストレスが原因で毛根のメカニズムに変化が起こっていると考えてよいのです。

また、髪を成長させる毛根組織では髪の色を黒くするメラニン色素が作られていますが、ストレスにより代謝が鈍ると色素の生成が行われなくなるため、白髪が増える原因になります。

ストレスを放置していると抜け毛に発展することもあります


ストレスで髪が細くなったり弱くなったりした状態を放置していると、髪を毛根に留まらせることができなくなります。

そして抜け毛がひどくなり、髪がどんどん薄くなってしまうのです。

前述のとおり、ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、頭皮の血流が鈍ったりエストロゲンの分泌が減少したりします。

この状態が続くと髪の健康が失われるだけではなく、成長期にある髪の成長が止まり、早急に休止期に入ってしまうことがあるのです。

髪が休止期に入ると、毛根に留まることなく抜けていきます。

つまり、休止期に入った髪が増えると薄毛状態に陥ってしまう危険があるのです。

さらに、本来は体に侵入する異物から守るために働く自己免疫が、ストレスによる影響で誤動作をしてしまい、毛根組織を攻撃して円形脱毛症になることもあるといわれています。

コイン大の脱毛部ができたり、ときには頭皮全体に脱毛が広がったりすることもある疾患です。

円形脱毛症の原因は特定されていませんが、ストレスが一因ではないかという説があるのです。

ストレスを受けた状態を放置して脱毛症状が出た場合、皮膚科や脱毛クリニックで治療を受ける必要があります。

ストレス対策と生活習慣の見直しが改善につながります

日ごろストレスを感じているという人は、それによって髪の健康が阻害されている可能性が高いです。

髪の健康を取り戻すには、やはりストレスを溜めないようにすること、溜まったストレスをうまく発散することが大切です。

趣味を持ったり体を動かしたりするなど、その方法は自分に合うものなら何でも構いません。

ときには人に相談することで心が軽くなることもあるでしょう。

また、髪が細くなった、ボリュームがなくなったと必要以上に気に病むこともストレスとなってしまいます。

気にしすぎると髪の状態をさらに悪化させてしまうことにもつながります。

できるだけ心に余裕を持って、改善に向けての対策を前向きに取るようにしましょう。

毎日不規則な生活を続けていたとしたら、それも自律神経を乱れさせる原因となります。

決まった時間に起きて食事を規則正しく取り、きちんと眠れば自律神経も安定してくるでしょう。

代謝が鈍ってしまった頭皮への対応としては、お風呂上がりに頭皮マッサージするなどして血流を良くするのも有効です。

ワックスやムースなどの整髪料は使いすぎないようにし、毎日きちんとシャンプーで洗い流すようにしましょう。

(まとめ)ストレスで髪が細くなったときは何が原因?

1.ストレスで血流が悪くなると髪が細くなったりすることがあります

髪が細くなったと感じることがあれば、ストレスが原因かもしれません。

ストレスは代謝の鈍りやホルモンバランスの崩れを起こすことがあります。

放置していると、抜け毛などに発展する可能性があるのです。

2.ストレスは髪の成長に影響を与えます

人の体はストレスを受けるとさまざまな弊害が起こります。

ストレスによって自律神経の乱れによって血流が滞ったり、エストロゲンの分泌が減少したりといった現象が起き、健康な髪を保てなくなるのです。

3.ストレスを放置していると抜け毛に発展することもあります

ストレスで髪が細くなった状態を放置していると、髪が抜けていってしまい薄毛になる可能性もあります。

これは成長期の毛根が休止期に入ってしまうためです。

さらに自己免疫に異常が起こり、円形脱毛症を引き起こすこともあります。

4.ストレス対策と生活習慣の見直しが改善につながります

ストレスによって髪が細くなったりした場合は、やはりストレスを解消することが大切です。

ストレス解消の方法を試したり、人に相談したりすることで気持ちが軽くなるでしょう。

また、規則正しい生活を心がける、頭皮マッサージをするなども有効です。