ストレスにより髪がボロボロになってしまうと修復することは難しいです


間違ったヘアケアや毎日のスタイリングなどの外的ストレスや、内的要因である精神的ストレスが過度にかかると、髪はボロボロになってしまいます。

髪の毛は一度傷んでしまうと、トリートメントなどで一時的に補修することはできますが、修復することは困難です。

そのため、髪を傷めないように日々意識して生活することが大切なのです。

髪がボロボロになった場合の対処法にはカット、シャンプーの見直し、低温ドライヤーの3つがあります

髪の毛は一度ボロボロになってしまったら、修復することは難しいといわれています。

そのため、今以上に傷んでしまわないように気を付けることが大切です。

対策には次の方法があります。

傷んだ部分をカットする

髪の毛は特に毛先が痛んでしまうことが多いため、傷んだ毛先はカットしていきましょう。

バッサリと着る必要はありません。

少しでも切るだけでボロボロの髪の毛が減り、お手入れもしやすくなります。

シャンプーやトリートメントを見直す

傷んでしまった髪の毛は、ダメージを受けやすいです。

そのため、肌への刺激が少ない優しいシャンプーや髪にうるおいを与えるシャンプーに変えてみるのも効果的です。

また、洗い流さないタイプのトリートメントは、一時的でも水分やうるおい成分を補修してくれ、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ってくれます。

低温ドライヤーを使う

通常のドライヤーが100~120℃の温風であるのに対し、低温ドライヤーでは約60℃とおよそ半分という低い温風で乾かします。

ドライヤーの熱は傷んだ髪にさらにダメージを与えてしまいますが、この低温ドライヤーは低温で乾かすため頭皮や髪に与えるダメージも少なく、髪の水分を保つことができるのです。

また、低温でも髪に広く温風を当てることができるため、一般のドライヤーと乾かす時間は変わらないものが多いです。

コテやヘアアイロンによって髪がボロボロになる恐れがあります


髪のダメージが気になってもおしゃれをしたいという気持ちが勝り、コテやアイロンでスタイリングしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

コテやアイロンは高温で直接髪に触れるため、少なからずダメージを与えてしまいます。

しかし、使い方を間違うとさらに髪を傷めてしまう可能性があるため、使用する際は注意が必要です。

コテやアイロンの髪にダメージを与えてしまう、間違った使い方について説明していきます。

髪が濡れている状態で使う

コテやアイロンをするときにジュッと音がする、髪から湯気が出るといったことに心当たりがある人は注意が必要です。

髪が濡れているときのコテやアイロンの使用は避けましょう。

これは、髪の水分が一気に蒸発し大きなダメージを与えてしまうためです。

使う時間や回数

コテやアイロンの温度を低めにしても、使う時間が長かったり何度もかけてしまったりしては、高温の状態と同じ、もしくはそれ以上に髪を傷めてしまうこともあります。

160~180℃くらいの温度で、素早くかけるようにしましょう。

髪に必要な栄養素を食事から摂ることも大切です

髪の毛にかかる外的ストレスを減らしていても、髪を作る際に必要な栄養が不足していれば健康的な髪の毛を作ることはできません。

髪を作る際に必要な栄養素を多く含む、髪の健康にいいレシピをご紹介します。

レバー・野菜炒め

レバーは髪だけでなく体にもよく、鉄分や葉酸が豊富です。

また、髪を健康に保つビタミンB12の吸収を助ける働きをするビタミンCも含まれています。

様々な野菜を入れることで、より多くの栄養素を摂ることも可能です。

ひじき煮

ひじきにはカルシウムや鉄分、食物繊維などがたくさん含まれています。

また、血行促進や代謝アップ効果があるといわれています。

良質なたんぱく質である大豆も一緒に入れるとよりおすすめです。

牡蠣と野菜のクリームシチュー

髪の主成分であるたんぱく質を合成する際には亜鉛が必要ですが、牡蠣はその亜鉛を豊富に含んでいます。

亜鉛が不足してしまうと、上手くたんぱく質を合成できなくなるため、不足しないように意識して摂るようにしましょう。

(まとめ)ストレスで髪がボロボロになったら修復できるの?

1.ストレスにより髪がボロボロになってしまうと修復することは難しいです

髪の毛は外的・内的ストレスによりボロボロになってしまうことがあります。

髪の毛は一度傷んでしまうと修復することはできないため、今以上に傷まないようにヘアケアをしっかりしていくことが大切です。

2.髪がボロボロになった場合の対処法にはカット、シャンプーの見直し、低温ドライヤーの3つがあります

髪がボロボロになってしまったときは少しずつでも髪をカットし、傷んだ髪の毛を減らしていき、平行して今以上傷まないようにしていきましょう。

シャンプーなどの見直しや低温ドライヤーを使うことで、頭皮や髪に与えるダメージを少なくすることができます。

3.コテやヘアアイロンによって髪がボロボロになる恐れがあります

コテやアイロンを間違った使い方をしてしまうと、さらに髪にダメージを与えてしまいます。

また、髪の毛がボロボロになったときはできるだけコテやアイロンは使わないようにしましょう。

4.髪に必要な栄養素を食事から摂ることも大切です

健康な髪を保つには、内側からしっかりと必要な栄養素を摂る必要があります。

特にたんぱく質は亜鉛が不足すると十分に合成でません。

亜鉛は、現代人の食生活では不足しがちな栄養素なので、意識して摂ることが大切です。