ストレスにより髪の毛のボリュームがなくなることがあります


髪の毛のボリュームがなくなる原因にはいくつかありますが、ストレスが原因で髪のボリュームがなくなってしまうことがあります。

ストレスは放っておくと髪だけでなく、体調にまで大きく影響してしまいます。

症状がひどくならないうちに対処し、改善していきましょう。

ストレスは血行不良や皮脂の過剰分泌の原因です

ストレスによって起こる症状は主に2つあります。

下記でその症状をみていきましょう。

血行不良

髪の毛は毛母細胞から作り出されますが、その際血液により必要な酸素や栄養素が運ばれます。

ストレスが過度にかかると、交感神経が刺激され血管が収縮してしまいます。

すると、髪の毛を作るときに必要な酸素や栄養素が不足し、細く弱い髪の毛になってしまうことで髪のボリュームダウンにつながってしまうのです。

皮脂の過剰分泌

ストレスにより自律神経が乱れると、ホルモンバランスや体の様々な機能が乱れます。

皮脂が過剰に分泌されることもストレスが関係していることがあるのです。

また、交感神経が優位になることで、アドレナリンが過剰に分泌され皮脂の粘性も高くなります。

すると頭皮は皮脂で詰まりやすくなり、臭いや抜け毛、髪のボリュームダウンなどが起こってしまいます。

ストレスによってこうした症状を起こさないためにも、早めにヘアケアなどの対策を行いましょう。

髪のボリュームダウンには入浴や頭皮ケアの見直しなどストレス対策以外の方法もあります


ストレスによる薄毛や髪のボリュームダウンの対策には、ストレスを溜めない、定期的に発散するのが効果的ですが、他にも次のような方法があります。

入浴

シャワーで済ませてしまい、家ではお風呂に浸からないという人も多いでしょう。

しかし、ぬるめの38~40度くらいのお湯に浸かることで、リラックスでき副交感神経も刺激されます。

リラックスすることでストレスの軽減ができるでしょう。

また、入浴は血行を促進する効果も期待できます。

頭皮ケアの見直し

頭皮に皮脂が詰まっている場合はそれを除去してあげる必要がありますが、肌に刺激の強いシャンプーでは逆効果になることもあります。

髪に必要な栄養成分が配合されたシャンプーや、肌に刺激の少ないシャンプーに変えてみましょう。

また、頭皮の血行を良くするために、頭皮マッサージを行うことも効果的です。

自分で頭皮マッサージをしたり、ヘッドスパを使用したりするのも良いでしょう。

お酒やタバコを控える

お酒の飲み過ぎは肝臓など内臓にも大きな負担がかかり、薄毛にも影響するといわれています。

そのため、お酒は飲み過ぎない程度にしておきましょう。

また、タバコは体に悪いだけでなく血管収縮作用があるため、全身の血行不良の原因になります。

血行不良は体だけでなく頭皮の血行にも影響を与えるため、できるだけ控えましょう。

セットやカットによってボリュームアップさせることも可能です

髪をボリュームアップさせるためには、セットやカット時に工夫することが大切です。

ドライヤーでのセット

通常の分け目より1センチほどずらしたところを分け目にします。

髪の毛の流れに逆らわせることで、髪の毛が立ちやすくなりボリュームがアップします。

また、乾かす際にはクシなどを使い、髪を持ち上げるように温風を当てましょう。

セットが終わったら、最後の仕上げに冷風を当てることでセットした髪型を長くキープすることが可能です。

パーマやカットの仕方を工夫する

美容師さんに相談し根元から立ち上げるなど、髪の毛のボリュームがアップしたように見えるパーマやカットにしてもらいましょう。

髪へのダメージが気になる場合は、肌への刺激が少ないパーマ液などを使うことも大切です。

(まとめ)髪のボリュームダウンはストレスが原因?

1.ストレスにより髪の毛のボリュームがなくなることがあります

薄毛や髪のボリュームダウンの原因はいくつか考えられますが、ストレスが原因の場合もあります。

ストレスが原因の場合は、ストレスをなくしていくことで改善できるといわれています。

その他の原因も理解して、正しく対策していくことが大切です。

2.ストレスは血行不良や皮脂の過剰分泌の原因です

ストレスがかかると交感神経が優位になり、血管が収縮され、粘性の高い皮脂が多く分泌されてしまいます。

すると髪の毛は栄養不足により、細くなったり抜けやすくなったりしてしまいます。

ストレスを溜めないように意識し、ヘアケアを見直していきましょう。

3.髪のボリュームダウンには入浴や頭皮ケアの見直しなどストレス対策以外の方法もあります

髪のボリュームダウンの対策は、ストレスを溜めない、できるだけストレスを発散することが主です。

その他にも入浴や頭皮マッサージなどにより、体や頭の血行を促進させたり、副交感神経を刺激したりする方法も有効です。

4.セットやカットによってボリュームアップさせることも可能です

ドライヤーでセットを行う際に髪の分け目を変え、流れに逆らわせることでボリュームを出すことができます。

また、髪の切り方やパーマなどは髪のプロに相談し、意見を参考にするといいでしょう。