ストレスは髪のべたつきの原因になることがあります


ストレスが溜まると、自律神経やホルモンバランスを乱してしまいます。

自律神経やホルモンバランスは、皮脂の分泌などにも大きく関わっています。

そのため、これらが乱れると過剰に皮脂を分泌させてしまい、髪のべたつきの原因になることがあるのです。

髪をべたつかせる原因にはストレスや洗髪方法が関係しています

ストレスが髪や頭皮をべたつかせる原因には、次のようなことがあげられます。

エストロゲンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンには、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

しかしストレスが溜まると、このエストロゲンの分泌量が減ってしまい、皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまうのです。

男性ホルモンの増加

ストレスが溜まるとエストロゲンが減るだけでなく、男性ホルモンが多く分泌されます。

男性ホルモンは女性ホルモンとは逆に、皮脂を分泌させる働きがあるため、皮脂を多く分泌させてしまう原因です。

また、髪や頭皮のべたつきの原因には、ストレス以外のことも関係しています。

シャンプーのし過ぎ

シャンプーを1日に2回以上している人もいるでしょう。

市販のシャンプーは強力な洗浄力を持つ物が多く、皮脂を取り除きすぎてしまい頭皮や髪にダメージを与えてしまう場合もあります。

必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、体は皮脂を過剰に分泌させ頭皮を守ろうとしてしまい、髪や頭皮のべたつきの原因になってしまうことがあるのです。

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマを定期的に行っている女性も多いと思います。

しかし、カラーリングやパーマは髪にとても大きなダメージを与えてしまいます。

この刺激やダメージが頭皮環境を悪化させることがあるのです。

ストレスを溜めないことが対策になります


ストレスによる髪のべたつきを改善するためには、ストレスを溜めない、できるだけ発散することが一番ですが、原因が複数ある場合も多いです。

そのため、ストレスを溜めないように意識するのと同時に、他の原因も改善、対策していくことが大切です。

ストレスを発散する

自分の好きなことをする時間を作りましょう。

何か夢中になれる趣味を見つけたり、適度に運動をしたりしてストレスをできるだけ溜めないようにすることが大切です。

リラックスする時間を作る

入浴やアロマなどでリラックスすることもおすすめです。

入浴はリラックス効果だけでなく、血行を促進する効果が期待できます。

ストレスが溜まると、血管が収縮し血行不良になりやすくなるため、入浴することで血行不良の改善にも効果的です。

自分の好きな香りのアロマを焚くなどしてリラックスするのも有効です。

リラックスすることで副交感神経が働きやすくなります。

また、マッサージやヘッドスパにもリラックスする効果が期待できます。

マッサージは全身の血行も良くし、ヘッドスパはダイレクトに頭皮の血行を良くすることが可能です。

シャンプーや回数の見直し

市販されている強力なシャンプーを使っている場合は、低刺激の肌に優しいシャンプーに変えてみるのも有効です。

また、シャンプーをする回数は1日1回までにしておきましょう。

カラーリングやパーマ

カラーリングなどは女性であればある程度仕方のないことですが、最近は低刺激のカラーリング剤やパーマ液が置いてある美容室が多くなってきています。

美容師さんに相談したり、頭皮に異常があるときは控えたりして頭皮へのダメージを抑えましょう。

ストレスを放っておくと脱毛などの症状に発展することがあります

ストレスによる髪のべたつきをそのまま放置してしまうと、症状が悪化してしまう危険があります。

円形脱毛症

ストレスを放っておくと、髪や頭皮のべたつきだけでなく、円形脱毛症などに症状が発展してしまう可能性があります。

円形脱毛症はいわゆる「十円ハゲ」と呼ばれるような円形、もしくは楕円形に脱毛症状が起きてしまうものです。

自律神経失調症やうつ病

ストレスを溜め込んでしまうと、自律神経のバランスが大きく崩れてしまい自律神経失調症になったり、うつ病になったりしてしまう場合もあります。

まじめで責任感が強く、自分を責めすぎたり、考えすぎてしまったりする人はストレスを溜め込みやすくうつ病になりやすいといわれています。

ストレスはそのままにしておいても自然に回復することは難しいため、自分なりの対処法を早めに見つけるようにしましょう。

(まとめ)ストレスは髪のべたつきに関係するの?

1.ストレスは髪のべたつきの原因になることがあります

ストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れにつながり、皮脂の分泌を過剰にさせてしまい髪や頭皮のべたつきの原因になることがあります。

原因を正しく理解し、髪や頭皮のべたつきを対策・改善していきましょう。

2.髪をべたつかせる原因にはストレスや洗髪方法が関係しています

ストレスが溜まると皮脂の分泌を抑えるエストロゲンが減少し、逆に皮脂の分泌を促す男性ホルモンが増加してしまうことで、髪や頭皮のべたつきの原因になります。

また、シャンプーのし過ぎやカラーリング、パーマなどもべたつきの原因になることがあります。

3.ストレスを溜めないことが対策になります

運動や趣味に夢中になることでストレスを軽減できます。

そのほか、マッサージやヘッドスパなども有効です。

ストレスを発散する方法を見つけ、シャンプーやカラーリングなどを見直し頭皮や髪にかかるダメージを減らしましょう。

4.ストレスを放っておくと脱毛などの症状に発展することがあります

ストレスを放っておくと円形脱毛症などが起こったり、自律神経失調症やうつ病など深刻な症状にまで発展したりする可能性があります。

自分なりのストレス発散法を見つけて、できるだけ早く対策・改善をしていきましょう。