産後の髪は栄養不足に陥りがちです


産後の女性は、授乳を行うことで、自分の体の中の栄養を赤ちゃんに渡しています。

そのため、髪の毛など、生命維持に必要のない部分で栄養不足が深刻になり、髪質が悪化するケースがあります。

また、産後は女性ホルモンのバランスも悪くなるため、血行不良や頭皮の肌質の低下が起こり、髪に栄養が行きわたりにくくなります。

産後の女性の髪は、このような要因によって栄養不足になりがちなのです。

産後の女性は意識して栄養を摂る必要があります

産後の女性は、ホルモンバランスが崩れると共に、体にも大きな負担がかかっています。

一刻も早く状態を改善させるためにも、意識して栄養を摂ることが必要です。

女性ホルモンを整える

食事は、女性ホルモンの分泌量やバランスにも影響を及ぼします。

脂質やカロリー、塩分などばかりが高い外食やコンビニ食は、体のためによくありません。

特に、授乳中の女性は、脂質が高いものを食べると乳腺の詰まりが起こる恐れもあります。

お勧めなのは、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれる大豆製品や、女性ホルモンの分泌を促すオタネニンジンなどです。

極端なダイエットは禁止

産後、妊娠中に増えた体重を元に戻すためにダイエットをする女性もいるでしょう。

しかし、極端なダイエットは女性の心身の回復を遅らせてしまいます。

産後、体を元に戻すことも大切ですが、あまり極端な炭水化物抜き、脂質抜きなどのダイエットは控えましょう。

ダイエットは、甘いお菓子や間食などを控えるなどの方法で行いましょう。

授乳中は赤ちゃんを意識して食事を摂りましょう


授乳中は、お母さんが摂取した栄養がそのまま赤ちゃんに渡されて行きます。

そのため、この時期の食事は、赤ちゃんのことも考えて選ぶ必要があるのです。

カフェイン

赤ちゃんにとってはカフェインは強すぎる刺激となってしまいます。

コーヒーが好きという女性も、授乳中はしばらく我慢するようにしましょう。

どうしても飲みたい場合は、カフェインレスコーヒーなど、カフェインが含まれていないものを選ぶのがお勧めです。

バター、生クリーム、洋菓子など

脂質が高く、赤ちゃんの消化器には負担が大きすぎると言われています。

また、お母さんの乳腺が詰まる原因になることもあるので、甘いものが好きな女性も少し我慢するようにしてください。

アレルギーの可能性があるもの

女性ホルモンに良い影響を与える大豆イソフラボンですが、赤ちゃんが大豆アレルギーだった場合は、湿疹などが出ることもあります。

それ以外にも、小麦や甲殻類など、アレルギーの原因になるようなものを食べた後で赤ちゃんが体を痒がる様子が見られたら、アレルギー検査が必要です。

ヘアトリートメントやローションで髪に栄養を与えましょう

産後の女性の髪は傷みやすいため、外側から栄養を与えることも大切です。

髪と頭皮のケアをしっかり行うようにしましょう。

お風呂でヘアケア

お風呂に入る時は、急いで頭を洗って済ませてしまうというのではなく、頭皮ケアを意識して、しっかりトリートメントまで行うようにしましょう。

湯船に浸かれるようになったら、蒸しタオルなどでオイルヘアパックをするのもお勧めです。

お風呂から上がった後のヘアケア

ドライヤーで髪を乾かす前に、洗い流さないトリートメントを使いましょう。

ドライヤーの熱は、髪と頭皮を乾燥させてしまいます。

一定の距離を置いて乾かす、1ヶ所に長時間温風を当てないといった工夫も必要ですが、トリートメントで髪を保護することも大切です。

ヘアローション

髪や頭皮が乾燥していると感じたら、ミスト状のローションがお勧めです。

しゅっと拭きかけて馴染ませるだけですから、手軽にいつでも利用することができます。

これは、髪の毛専用のものだけでなく、顔用のものを利用することもできます。

(まとめ)産後の髪は栄養が足りていないってホント?

1.産後の髪は栄養不足に陥りがちです

産後の女性は、女性ホルモンのホルモンバランスの乱れによって血行不良や頭皮の肌環境の低下などが起こるため、髪の栄養不足に陥りがちです。

また、授乳も髪の栄養を失ってしまう要因のひとつです。

2.産後の女性は意識して栄養を摂る必要があります

産後は、女性ホルモンを整えるためにも、体の調子を維持するためにも、ある程度しっかり栄養を摂る必要があります。

産後のダイエットも良いですが、あまり極端なダイエットは避けて、間食などを控えるようにしてください。

3.授乳中は赤ちゃんを意識して食事を摂りましょう

授乳中は、赤ちゃんに悪影響を与える可能性のあるカフェインやバター、生クリームなどは控えるようにしてください。

アレルギーの可能性がある食事を摂った後は赤ちゃんの様子に注意が必要です。

4.ヘアトリートメントやローションで髪に栄養を与えましょう

産後の女性のヘアケアには、外側からのトリートメントも大切です。

お風呂でのケアや、ドライヤーで乾かす前の洗い流さないトリートメント、乾燥が気になった時のヘアミストなどをうまく利用するようにしてください。