産後のふけに髪の洗い過ぎは禁物ですので注意しましょう


「ふけ」というと、なんとなく「不潔で汚れている」と感じる人が多いかもしれません。

しかし、産後のふけは、髪や頭皮の洗浄不足で起こっているものではない可能性もあります。

こうしたケースで、汚れが原因だと勘違いして洗い過ぎてしまうと、却ってふけが悪化してしまうこともあるのです。

産後にふけが出てしまった場合は、無暗に洗い過ぎないように注意しましょう。

産後のふけは女性ホルモンの乱れや洗い不足などによって起こります

産後、女性の頭や髪にふけが付いてしまった場合は、次のどちらかが原因だと考えられます。

女性ホルモンの乱れによる乾燥や皮脂の過剰分泌

妊娠中、乳腺を発達させたり流産を防いだりするために、女性の体では、盛んに女性ホルモンが分泌されるようになります。

ところが、出産を終えると、女性ホルモンの分泌量は低下し、落ち着いていきます。

こうした女性ホルモンの増減によってホルモンバランスが乱れると、女性の心身に様々な影響を及ぼすことがあります。

その影響の中には、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌も挙げられます。

ふけは、頭皮の乾燥と皮脂の過剰分泌のどちらが原因でも起こることですから、女性ホルモンの乱れによってふけが起こることがあるといって良いでしょう。

時間がないことによる洗浄不足

ふけの原因は洗浄不足だけではありませんが、皮脂が落ちる脂性ふけに関しては、頭皮が不潔で起こる場合もあります。

赤ちゃんのお世話をしなければならないため、頭皮の洗浄が十分でないのにお風呂から出て来てしまったり、すすぎが十分でなかったりすると、ふけが出てしまうのです。

ふけを防ぐために保湿に気を付けて頭皮を洗いましょう


ふけを防ぐためには、保湿に気を付けつつ正しい方法で頭皮を洗浄する必要があります。

産後に実践したいシャンプー方法について知っておきましょう。

髪を梳かして十分に濡らす

髪を梳かすことで大きい汚れを落とし、絡まりをほどくことができます。

事前にブラッシングをしてから、十分に髪を濡らしておきましょう。

乾いた髪にいきなりシャンプーを乗せると刺激が強く、泡立ちも悪くなってしまいます。

シャンプーを泡立てて地肌をマッサージするように洗う

シャンプーは泡立ててから頭皮に乗せましょう。

指の腹でマッサージをするように頭皮をもむと、血行改善効果も期待できるのでお勧めです。

耳の後ろや生え際など、洗い残しがないように頭皮全体をしっかり洗うようにしてください。

十分に洗い流す

40度弱程度のぬるめのお湯で、シャンプーを十分に流してください。

シャンプーが残っていると、雑菌が繁殖したり、頭皮が炎症を起こしたりしてふけの原因になってしまいます。

シャンプーを終えた後は、トリートメントなどで髪を保護して、水気を吸い取るようにタオルドライしてください。

ゴシゴシと頭皮を乱暴にこすったり、濡れたままの髪を放置したりしないように気を付けましょう。

ふけは見た目が悪いだけでなく悪臭や抜け毛に発展することもあります

肩や髪に白いものが付いている人というのは、傍から見ていて気分の良いものではありません。

特に、まだ小さい赤ちゃんを連れているお母さんがそのような様子では、「赤ちゃんがいるのに不潔……」と思われてしまいかねません。

実際には不衛生さが原因のふけでなかったとしても、見る人の印象はそのようになってしまうのです。

また、ふけの原因である頭皮の洗浄不足や乾燥、皮脂の過剰分泌などを放置すると、頭皮環境がどんどん悪化していって、抜け毛に繋がってしまうこともあります。

ただでさえ産後の女性は抜け毛が起こりやすい環境にあるため、十分なケアが必要です。

ふけの問題は、これだけではありません。

皮脂の過剰分泌などによって起こったふけは、雑菌とまざりあって悪臭を引き起こす原因にもなります。

ぱらぱらとふけが落ちているだけでなく嫌なニオイまでするというのは、女性にとっては大きな問題です。

自宅でのケアで改善が見られない場合は、早めに皮膚科などの専門機関で相談するようにしましょう。

(まとめ)産後、髪にふけが多くなったらどうすればいい?

1.産後のふけに髪の洗い過ぎは禁物ですので注意しましょう

ふけが出てしまった場合、「頭皮の洗浄不足」と感じるかもしれませんが、そうではない場合もあります。

無暗に洗い過ぎると逆効果になる可能性もあるので、気を付けるようにしてください。

2.産後のふけは女性ホルモンの乱れや洗い不足などによって起こります

産後のふけは、女性ホルモンの乱れによって、頭皮が乾燥したり皮脂の過剰分泌が起こったりすることが原因で起こる場合があります。

また、髪の洗浄が十分でない場合もふけが出てしまいます。

3.ふけを防ぐために保湿に気を付けて頭皮を洗いましょう

ふけを防ぐためには、髪を梳かしてから十分に濡らしておくという事前準備や、シャンプーを泡立てること、ぬるめのお湯で十分にシャンプー剤を洗い流すことなどが大切です。

4.ふけは見た目が悪いだけでなく悪臭や抜け毛に発展することもあります

ふけが落ちている女性というのはなんとなく不潔ですし、悪臭の原因にもなります。

その上、ふけの原因を放置すると抜け毛に繋がってしまうこともあります。

自宅のケアでふけが改善されない場合は皮膚科などで相談しましょう。