産後の髪のうねり対策にはシャンプーが大切です


産後、髪の毛にうねりが出てしまう原因のひとつに、シャンプーが挙げられます。

シャンプーの仕方は、髪や頭皮の健康に大きな影響を与えているのです。

赤ちゃんに時間を取られてシャンプーの仕方がおざなりになってしまうと、毛穴の汚れが落ち切らないなどの理由から髪にうねりが出てしまうことがあるので注意しましょう。

出産後は体質が変わることがあります

出産を経ることで、女性の体質が変化することがあります。

それまでと同じケアをしているのに髪質が変わったという場合は、体質の変化を疑ってみてください。

髪質が変わる

それまでくせ毛ではなかったのに、出産を機に髪にうねりが出てしまうというケースがあります。

これは、妊娠・出産によって女性ホルモンの急激な変化が起こり、肌質や髪質が変わってしまうことで起こります。

また、もともとあったうねりが出産後に強く出てしまう場合もあります。

合うシャンプーも変化する

体質が変わることで、自分に合ったシャンプーも変化します。

それまでと同じシャンプーを使い続けているのに、髪の毛のくせがひどくなったり、髪質が悪くなってしまったりする場合もあるのです。

出産後は、特に肌が敏感になってしまいがちですから、刺激が少なく、頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

乾燥しがちになるため、保湿力の高いシャンプーを選ぶのがお勧めです。

出産後も髪のケアに気を配るようにしましょう


産後は、自分の時間を取り辛いため、ついつい洗髪や髪のケアがおろそかになってしまいがちです。

しかし、洗髪は髪のケアのためにはとても大切なものです。

髪にうねりが出てしまって困っているという女性は、一度髪のケアが不十分でないか考えなおしてみましょう。

頭皮を洗う

頭皮の汚れが落ち切っていないと、毛穴のつまりから髪がまっすぐに生えずにゆがんでしまうことがあります。

毎日の洗髪は、「髪を洗う」ということよりも、「頭皮を洗う」ということを意識して行うようにしましょう。

産後は、女性ホルモンのバランスが崩れて皮脂分泌が過剰になってしまうこともあります。

しっかり頭皮の汚れを落としてください。

乾燥に気を付ける

頭皮を洗うときは、40度弱ほどの湯温を心がけましょう。

それよりも高い温度のお湯を使ってしまうと、必要な皮脂まで流されてしまって、頭皮の乾燥が進んでしまいます。

頭皮が乾燥すると、皮膚が荒れてしまったり、皮脂が余計に分泌されたりするようになります。

保湿ローションなども利用しながら、乾燥対策を行いましょう。

うねりを活かしてヘアアレンジを楽しみましょう

産後の髪のうねりは、女性ホルモンのバランスの乱れが落ち着く産後1年ほどで、自然と治まる場合もあります。

そのため、期間限定のものとしてうねりを楽しむのもお勧めです。

ヘアアレンジ

自分のヘアセットを楽しむ余裕はなかなかない場合もありますが、寝るときに付けるカーラーや三つ編みパーマでゆるふわなスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゆるふわヘアは、そのまま下ろしても、簡単にまとめるだけでも形を付けやすい髪型です。

かわいいママを目指してヘアアレンジを楽しみましょう。

治らないこともある!?

髪質の変化は、出産後、2年や3年経っても治らないという場合もあります。

これは、出産によって体質が変わるのと同時に、生活の変化やストレス、加齢などによって、変化した体質がそのまま維持されてしまうことなどによって起こります。

こういう場合でも、うねりを楽しむスタイルが身に付いていれば、前向きに髪質と付き合っていくことができます。

これまでの髪の毛のことを考えて後ろ向きになるのではなく、前向きに自分の髪の毛と付き合っていくようにしてください。

(まとめ)産後の髪のうねりはシャンプーで治る?

1.産後の髪のうねり対策にはシャンプーが大切です

産後の髪のうねりは、シャンプーが原因で起こることもあります。

赤ちゃんのお世話で時間がないせいで、手早くシャンプーを済ませてしまうと、汚れが落ち切らないなどの理由から髪にうねりが出ることがあるのです。

2.出産後は体質が変わることがあります

出産後、体質が変化することで、髪の毛の質が変わってしまったり、今まで使っていたシャンプーが合わなくなってしまったりすることがあります。

保湿力が高く刺激の少ないシャンプーを使いましょう。

3.出産後も髪のケアに気を配るようにしましょう

出産後は忙しくてなかなか自分の時間を取れなくなってしまいがちです。

しかし、そんな中でも、頭皮を洗って汚れを落としたり、頭皮の保湿を心がけたりといったケアを忘れないようにしてください。

4.うねりを活かしてヘアアレンジを楽しみましょう

産後の髪のうねりは、だんだんと治まっていくこともあるので、期間限定のものとしてヘアアレンジを楽しんでみましょう。

中には治らない場合もありますが、その場合も前向きに髪質と付き合っていくようにしてください。