貧血で髪の栄養が不足しパサパサになることがあります


特に女性に多いといわれているのが貧血です。

貧血は、血中のヘモグロビンが減少し、体内に栄養素が上手くいきわたらなくなるものです。

貧血の症状にはいろいろありますが、そのなかのひとつに髪がやせてパサパサになるというものがあります。

これは髪に十分な栄養が届かなくなるために起こることです。

貧血を防ぐためには鉄分を積極的に摂ることをおすすめします。

貧血には鉄欠乏性や再生不良性などさまざまな種類があります

貧血と一口に言っても、その種類がいくつかあります。

鉄欠乏性貧血

貧血のなかで最も多いのがこのタイプです。

原因は鉄分の不足であり、食生活の乱れや妊娠中など体がより鉄分を必要とする状態のときに起こりやすい貧血です。

また、生理の出血で貧血になることもあり、特に閉経前に貧血の症状がよく見られます。

再生不良性貧血

血液を生成する骨髄の機能不全によって血液が作られなくなり、引き起こされる貧血です。

一度出血すると止まらなくなったり、あざができやすくなったりします。

溶血性貧血

赤血球が破壊されやすくなることで起こる貧血です。

他の貧血と違って黄疸などの症状が見られることがあります。

悪性貧血

何らかの理由でビタミンB12が足りなくなることで起こります。

手足がしびれたり、白髪が増えたりといった症状が特徴です。

二次性貧血

がんや肝臓・腎臓などの疾患に付随して起こる貧血です。

これらの貧血ではそれぞれの特徴的な症状に加え、以下の共通した症状が見られます。

  • めまいや立ちくらみ
  • 倦怠感
  • 動悸や息切れ
  • 頭痛や肩こり
  • イライラする
  • 髪がパサパサになりハリを失う
  • 顔色が悪い

これらの貧血のなかには治療が必要なものもありますが、多くの女性に見られる鉄欠乏性貧血なら普段の食生活に注意するなどといった方法で改善できます。

ヘモグロビンの欠乏で髪に栄養がいきわたらなくなります


貧血の状態とは、血中に含まれる赤血球、または赤血球に含まれるヘモグロビンが欠乏している状態です。

ヘモグロビンは、血中で酸素や必要な栄養素を全身に運ぶ役割を果たしています。

ヘモグロビンが欠乏することによってその働きが上手く行われず、体だけではなく精神的にも症状が現れることがあるのです。

髪を生成している部分は毛乳頭であり、この部分に髪の生成に必要な酸素や栄養分が血液によって運ばれます。

それにより毛乳頭にある毛母細胞が正常に細胞分裂を起こし、髪が伸びていくというメカニズムです。

しかし、本来栄養を運ぶべきヘモグロビンが欠乏した貧血の状態では毛乳頭に必要な酸素や栄養素がいきわたらなくなり、酸欠状態を起こしてしまいます。

その結果、毛母細胞の新陳代謝が低下し、髪にハリやコシがなくなってパサパサしてしまうのです。

それだけではなく、毛乳頭の働きが衰えてしまうことから抜け毛も多くなってしまうでしょう。

最近髪がパサパサしてきたという人は、貧血を疑ったほうがいいかもしれません。

よくあることと見過ごしがちなめまいや頭痛、肩こりなどがある場合、また顔色が優れないといった場合、貧血症状を併発していると考えられます。

こうしたさまざまな症状を見過ごさずにチェックし、対策を取るようにしましょう。

摂り方を工夫して鉄分を効率的に摂取しましょう

多くの女性が陥りがちな鉄欠乏性貧血の場合、日ごろの生活の見直しで改善することができます。

特に食事においては、鉄分を積極的に摂ることが大切です。

鉄分には動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄があります。

この2つの鉄分のうち、ヘム鉄のほうが吸収率が高いとされているため、動物性の食品から鉄分を摂取するほうが効率的といえるでしょう。

ヘム鉄を含む食品としては、まぐろやかつおなどの魚やレバー、カキやあさりなどの貝類などがあげられます。

一方、非ヘム鉄を含むのは大豆製品やひじき、トウモロコシなどです。

しかし、ただ鉄分を含む食品をたくさん食べただけでは貧血から回復できません。

鉄分を吸収しやすくするビタミンCや、血液を作るのに必要なビタミンB12、たんぱく質、葉酸などを一緒に摂取するようにしましょう。

また、鉄分を摂るときに注意しておきたいことがあります。

食事のときに一緒に飲むお茶は、タンニンをあまり含まない麦茶やほうじ茶にすることです。

タンニンが鉄分の吸収を阻害してしまうためです。

緑茶は食事中に飲むのは避け、1日に2杯程度にしておきましょう。

(まとめ)貧血が髪をパサパサにしてしまうって本当?

1.貧血で髪の栄養が不足しパサパサになることがあります

女性に多い貧血は、血中のヘモグロビンが減少することで起こります。

貧血の症状のひとつに、髪がパサパサになるというものがあります。

これは、髪に十分に栄養がいきわたらなくなるためです。

2.貧血には鉄欠乏性や再生不良性などさまざまな種類があります

貧血にはいろいろ種類があり、一番多いのが鉄欠乏性貧血、その他には再生不良貧血や溶血性貧血などがあります。

共通して出る症状にはめまいや動悸、肩こりなどのほか、髪がパサパサになったり顔色が悪くなったりなどです。

3.ヘモグロビンの欠乏で髪に栄養がいきわたらなくなります

貧血は血中の赤血球もしくは赤血球内のヘモグロビンが欠乏したことによって起こります。

これらが欠乏すると酸素や栄養素が全身にいきわたらず、髪の生成にも影響を与えます。

髪がパサパサになるだけではなく、抜け毛も多くなってしまうのです。

4.摂り方を工夫して鉄分を効率的に摂取しましょう

鉄欠乏性貧血は日ごろの食事で改善できます。

特に動物性のヘム鉄を多く含む食品を食べると吸収率がよくなり、ビタミンCやB12などの栄養素を合わせて摂ると効果的です。