産後の髪のケアはまずきちんとしたシャンプーから始まります


産後は、体質が大きく変わる時期でもあります。

その時期に、慌てて髪を洗ってすぐに赤ちゃんのお世話に戻るといった生活をしていると、髪の毛がどんどん傷んでしまう可能性があります。

今の体質に本当に合ったシャンプーを使えているのかといったことや、シャンプーの仕方など、今まで以上に気を配るようにしてください。

産後、女性の体には大きなストレスがかかります

産後の女性には、心身に様々なストレスが降りかかります。

こうしたストレスは、髪の傷みや抜け毛の原因になってしまいます。

人間関係

夫との関係や、義実家、実家との関係など、子どもが生まれたことによって生じる新しい問題がたくさんあります。

友人との付き合い方の変化や、同じ産院で子どもを産んだママ友との関係で悩むこともあるかもしれません。

疲労

ほぼ休みなしで続く赤ちゃんのお世話は、非常に疲れるものです。

授乳やオムツ替えなど、ひっきりなしに泣き声をあげる赤ちゃんに常に寄り添っていることは、とても大変なことなのです。

それに加えて、夜泣きによる睡眠不足もお母さんの体力を奪う原因になります。

ひとりの時間がない

これまでは確保できていた、ひとりでゆっくりお茶を飲む時間や、好きなテレビを見る時間など、自分のためのリラックスタイムが確保できなくなってしまいます。

常に赤ちゃんがいて、赤ちゃん中心に動かなければいけないというのは、人によっては大きなストレスになります。

悩みを共有できる相手を見つけてストレスを解消しましょう


産後の女性の悩みには様々なものがあります。

これをそのままにせずに、悩みを口にできる環境を作りましょう。

家族

一番身近にいる夫の理解を得ることが、一番のストレス発散の近道です。

赤ちゃんとの生活が楽しいのと同時に、辛さや大変さもあるということを理解して、気持ちに寄り添ってもらえるようにしましょう。

この時期の夫婦のすれ違いを防ぐためにも、きちんと話し合いをしてお互いの気持ちを伝えあうことが大切です。

また、子育ての先輩である実家や義実家の母に話を聞いてもらうのも良いでしょう。

ただし、考え方が違って却ってストレスになるということもあるので気を付けてください。

友達

友達は、悩みを聞いてもらうだけでなく、楽しく笑い合ってストレスを発散するためにも大切な存在です。

出産直後はなかなか実際に会うことはできないかもしれませんが、SNSや通信アプリなどを利用して連絡を取ってみましょう。

出産経験のある友達がいる場合は、相談にも乗ってもらえます。

マッサージや頭皮パックでリラックスタイムを過ごしましょう

産後のストレス解消と頭皮ケアをまとめて行えるのが、「頭皮パック」や「トリートメント」、「入浴」などです。

時には自分のための時間を作って、しっかり頭皮ケアとストレス解消をしてみましょう。

ヘアパック

頭皮や髪にオイルやトリートメントを馴染ませて、蒸しタオルで包みます。

頭がじんわりと温かくなるため、とても気持ちよく、リラックスした時間が過ごせます。

一緒に目元も温めたり、香りの良いアロマキャンドルを焚いたりすると、リラックス効果がさらに高まります。

入浴

湯船に浸かることは、血行促進やリラックスに高い効果があります。

産後すぐはお風呂には入れませんし、入れるようになった後は、赤ちゃんと一緒に入浴するため、なかなか自分ひとりでゆっくりできない……ということもあると思います。

しかし、時々は赤ちゃんを家族に任せて、ひとりだけのバスタイムを満喫してみるのも良いのではないでしょうか。

お風呂から上がった後で、ボディミルクやヘアトリートメントを使って全身ケアをするのもお勧めです。

(まとめ)産後の髪のケアで気を付けるべきこととは?

1.産後の髪のケアはまずきちんとしたシャンプーから始まります

産後は体質が変わるため、それまで使っていたシャンプーが合わなくなることもあります。

シャンプーの仕方に関しても、これまで以上に気を配って丁寧に行うことが大切です。

2.産後、女性の体には大きなストレスがかかります

子どもを産んだ女性には、内外から様々なストレスがかかります。

人間関係や物理的な疲労、自分の時間が確保できないといったストレスが溜まってしまうと、抜け毛や髪の傷みの原因になります。

3.悩みを共有できる相手を見つけてストレスを解消しましょう

産後の悩みは周囲の人に話して、共感やアドバイスをもらいましょう。

夫や親、友達などと積極的に話をして、いろいろな悩みをひとりで抱え込まないようにしてください。

4.マッサージや頭皮パックでリラックスタイムを過ごしましょう

頭皮や髪にオイルなどを馴染ませて、蒸しタオルで包むと、頭がじんわりと温まり、リラックスしながら頭皮ケアが行えます。

また、入浴も血行促進に効果があるため、湯船に浸かれるようになったら自分のためのお風呂タイムも確保してみてはいかがでしょうか。