産後の抜け毛は女性ホルモンの減少が原因で起こります


女性ホルモンには、髪の毛の成長を促して長くのばしたり、美しい髪を保つ働きがあります。

妊娠中は、この女性ホルモンが多量に分泌されています。

ところが、産後は、増加していた女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまうのです。

すると、ホルモンのバランスが崩れて抜け毛につながってしまいます。

産後、多くの女性が抜け毛に悩まされるのはこのためです。

出産後の抜け毛は、分娩後脱毛症と呼ばれています

出産後の女性に起こる抜け毛は、分娩後脱毛症という名前で呼ばれる脱毛症状のひとつです。

これは、当然ながら女性特有の脱毛症です。

その発症率は、「産後の女性」に限って言えば半数を大きく超えていて、円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、ほかの脱毛症に比べて非常に高いという特徴があります。

この脱毛症は、妊娠期に起こる女性ホルモンの急激な分泌量の増加と、その後、体がもとに戻っていく過程で女性ホルモンの分泌量が減少することによって起こります。

こうした女性ホルモンの増減によって、ホルモンバランスが大きく崩れてヘアサイクルが乱れ、脱毛につながってしまうのです。

分娩後脱毛症は、分娩を経験した女性にしかわからないものですから、初産の女性にとっては、非常に恐ろしいもののように思えるかもしれません。

しかし、原因が「分娩である」とはっきりわかっているため、実際にはそれほど心配する必要はありません。

分娩後脱毛症は時が経てば治ります


分娩後脱毛症になってしまうと、毎日大量の抜け毛に直面しなければならなくなります。

これはとても辛い経験ですが、いつまで経っても治らないという性質のものではありません。

原因が妊娠、出産にあるため、女性ホルモンの分泌量の増減が落ち着いて安定した状態を取り戻せば、脱毛も自然と止まります。

抜け毛が治る時期

抜け毛がいつ治るかは、人によって異なります。

女性ホルモンの分泌量が早く落ち着いて安定すれば、それだけ早期に抜け毛が収まります。

一方、女性ホルモンがいつまでも整わず、長い間バランスが崩れたままであれば、脱毛症状がずるずると長引いてしまうのです。

多くは半年から1年

分娩後脱毛症の症状が治まる時期は人によって異なりますが、多くの人が、半年から1年で収まったという実感をいだいています。

実際に抜け毛が起こり始める時期は、2か月から3か月程度と言われていますから、おおよそ3か月から10か月程度我慢すれば、抜け毛は自然と治まるということです。

大豆製品でホルモンバランス対策をしましょう

出産後、女性ホルモンのバランスが崩れてしまった時は、女性ホルモンと似た働きをすることで知られている大豆イソフラボンを摂取するのがお勧めです。

授乳中の豆乳

授乳中は、乳製品をあまり摂らない方がいい、と言われることがあります。

これは、具体的には、生クリームやバターなど、脂肪分の高い製品のことです。

あまり脂肪分が高い食べ物を食べると、母乳が詰まって乳腺炎を起こしてしまう恐れがあるからです。

普通の牛乳程度であれば問題ありませんが、豆乳はさらに脂肪分が低く、大豆イソフラボンも含まれていますから、お勧めです。

また、豆乳を飲むと母乳が出やすくなるとも言われています。

母乳が出なくて困っている方は、1日1パック程度の豆乳を飲んでみてはいかがでしょうか。

大豆製品を摂る時の注意

大豆イソフラボンは女性にとって良い働きをするものですが、摂りすぎると逆効果になってしまいます。

1日に70~75mg(豆乳の場合は350ml程度)と上限が定められているので守るようにしましょう。

また、大豆製品を摂った後、授乳して赤ちゃんに湿疹などの異変が見られた場合は、赤ちゃんが大豆アレルギーである可能性があります。

こういう場合は、すぐに摂取を中止するようにしましょう。

(まとめ)産後の抜け毛の原因は一体何?

1.産後の抜け毛は女性ホルモンの減少が原因で起こります

女性ホルモンには髪の成長を促す働きがありますが、出産後はこの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。

そのせいでホルモンバランスが崩れ、抜け毛が起こってしまうのです。

2.出産後の抜け毛は、分娩後脱毛症と呼ばれています

出産後の女性の髪が抜けるのは、「分娩後脱毛症」になってしまっているからです。

分娩後脱毛症は、妊娠・出産時の急激な女性ホルモンの増減によって起こる脱毛症です。

原因ははっきりしているので心配しすぎないようにしましょう。

3.分娩後脱毛症は時が経てば治ります

妊娠、出産が原因の抜け毛は、原因となっている女性ホルモンの増減が収まれば自然と解決します。

いつ治るかには個人差がありますが、多くの人が半年から1年程度で抜け毛が収まっています。

4.大豆製品でホルモンバランス対策をしましょう

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをするという性質があります。

赤ちゃんの様子などに気を配りながら、豆乳などの大豆製品を摂るのがお勧めです。