毛根について知ると育毛環境が改善されます


毛髪の根本、皮下組織部分にあるのが毛根です。

毛根の中には毛根を包む袋のような形をした毛包、その中に丸く膨れた毛球があります。

毛球中では、毛乳頭から発毛の信号が毛母細胞に送られ、毛母細胞は細胞分裂を繰り返します。

するとその細胞が毛髪になり、頭皮から外に伸びていきます。

また、アミノ酸などの毛髪に必要な栄養は、毛根に絡みついた毛細血管を通して毛乳頭に送られます。

頭皮環境が悪化し、毛根が上手く機能しなくなると育毛トラブルが生じます。

例えば、頭皮が脂っぽい場合は、毛穴に脂が詰まって栓をしている状態で、毛髪が成長することができません。

また、頭皮の乾燥はフケがたまったり、痒みが出て頭皮を傷つけやすくなります。

頭皮への血流が悪いと、毛根周りの毛細血管への血液が少なくなるので、毛髪になるための栄養が届きません。

そこで、育毛環境の向上として毛根のケアを考えると、毛根のある頭皮のケア、そして毛根に栄養を送るための血流改善、そして栄養そのものが必要だいうことが分かります。

きちんとシャンプーすることでの頭皮ケア

頭皮ケアの目的は清潔と保湿です。

1日から2日に1回、シャンプーしましょう。

低刺激で保湿成分や年齢に合わせた育毛成分が含まれたシャンプーを吟味して使いましょう。

シャンプー前に頭皮マッサージやブラッシングをきちんとすると、頭皮や毛髪の汚れが落ちやすくなります。

シャンプーは良く泡立ててから毛髪につけましょう。

指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗います。

洗い過ぎは、頭皮を脂っぽくする原因のひとつです。

十分なタオルドライの後でドライヤーを使って、毛髪と頭皮を乾かします。

洗ったまま放っておくと、頭皮が蒸れて臭いの原因になる雑菌の元になります。

育毛に適した毛根には適度な水分が必要です。

頭皮が乾燥して痒いという方には頭皮ローションやオイルを使いましょう。

頭皮の血流改善を行う


頭皮を指の腹で優しくもむ、頭皮マッサージをすると頭皮の血流が改善されるとともに、頭がスッキリします。

また、肩や首のコリは、頭皮に繋がる血流を低下させるので、ストレッチやマッサージなどでほぐしましょう。

仕事や家事の途中で頭皮マッサージやストレッチをする時間を決めて行うと、習慣化できて血流改善につながります。

もっと全身の血流を改善するために、有酸素運動やストレッチ、ウォーキングといった方法もあります。

一日に20分以上の運動を毎日続けることで、全身の血流が改善され、身体の末端である頭皮への血流が良くなります。

また、冷えると筋肉が緊張し、血流が悪くなります。

身体を冷やさないような食べ物、飲み物、そして服装に気をつけましょう。

頭皮への栄養は様々な食べ物から

頭皮環境にとっては、脂っぽい食べ物やジャンクフードの食べ過ぎは良くないので、控えましょう。

毛髪の元はタンパク質の一種であるアミノ酸です。

アミノ酸は魚や大豆、乳製品に多く含まれています。

特に、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの加齢による減少によって起こる毛髪の悩みに対しては、イソフラボンが多く含まれた大豆製品を食べると良いとされています。

ただしタンパク質がアミノ酸に合成されるためには、亜鉛を始めとした他の栄養も必要です。

ビタミンが含まれた野菜を食べると、健康の維持にも役立ちます。

このようにひとつの食べ物にこだわらず、多種類の食べ物からバランスのとれた食生活を送ることが、育毛環境の改善のために重要です。

季節による注意と睡眠の質

頭皮環境にとっては、夏の紫外線や冬の乾燥は敵です。

熱や蒸れのせいで頭皮が脂で汚れます。

その上、冷えは頭皮の血流を滞らせ、乾燥するとフケや痒みを引き起こします。

対策としては、夏の外出時には日傘や帽子で、頭皮を暑さによる熱や汗での蒸れや紫外線から守り、冬は帽子を上手く使って頭皮を冷えや乾燥から守りましょう。

また、質の良い睡眠を十分な時間取ることは、身体を休め、毛髪を作り出すために必要です。

そして、ストレスは睡眠を妨げ、頭皮だけでなく全身の状態を悪くします。

育毛に必要なホルモンは睡眠中に作られます。

睡眠の質が下がることは、育毛の妨げです。

またストレスは全身の働きを低下させますが、特に自律神経の働きを弱め、頭皮の毛細血管を収縮させ、血流を滞らせます。

趣味やショッピング、友達とのおしゃべりなどでストレス解消することは良いことです。

(まとめ)毛根について知ることは育毛環境の改善に役立ちますか?

1.毛根について知ると育毛環境が改善されます

毛根内の毛乳頭は、頭皮の毛細血管を通る栄養を取り込み、発毛の信号を毛母細胞に送ります。

すると毛母細胞が分裂することで毛髪になります。

これら毛根の活動は頭皮の直下で起こります。

したがって、頭皮のケア、血流改善、栄養は育毛環境を改善することに繋がるのです。

2.きちんとシャンプーすることでの頭皮ケア

1日か2日に1回、適切なシャンプー剤を使って、ブラッシングなどで汚れを落とした後、泡立てたシャンプーで優しく頭皮を毛髪を洗います。

タオルドライ後にドライヤーで乾燥させます。

ごしごしこすったり、きちんと乾燥させないと、頭皮環境が悪化するので避けましょう。

3.頭皮の血流改善を行う

頭皮マッサージ及び、頭に繋がる血管がある首や肩のマッサージやストレッチを定期的に行うと、頭皮の血流が向上します。

ストレッチやウォーキングなどの全身運動も血流改善に良いです。

反対に、血流を悪化させるので冷えないようにしましょう。

4.頭皮への栄養は様々な食べ物から

毛髪の元であるアミノ酸は、肉や魚に含まれています。

また、女性の加齢による毛髪の悩みには、大豆製品などに多く含まれたイソフラボンが良いとされてます。

そして、それらと共にビタミンや亜鉛など様々な食品を食べて毛髪を成長させることが育毛に役立ちます。

5.季節による注意と睡眠の質

日傘や帽子を使って、夏の暑さや紫外線からくる頭皮の蒸れや脂、冬の寒さによる冷えや乾燥から頭皮環境を守りましょう。

そして、良質な睡眠は、毛髪を成長させるホルモンを分泌させます。

ストレスは睡眠の質を下げ、体調を悪化させます。

趣味などでストレス解消を行いましょう。