ストレスにより頭皮環境が悪化して髪がゴワゴワになることもあります


ストレスを溜め続けたり、強いストレスを受けたりしたときには、髪がゴワゴワになるリスクがあるといわれています。
これは、自律神経の乱れが起こることで頭皮の状態が悪化するためと考えられます。
ストレスに対しての耐性は個人差がありますが、脳がストレスに耐えられなくなると機能が低下して自律神経の乱れが起こるようです。

自律神経が乱れると血行やホルモンバランスなどに影響を与えて、頭皮の乾燥や皮脂過剰などを起こすといわれています。
これが毛穴に悪影響を与えて髪がゴワゴワすることがあるようです。

ストレスで髪がゴワゴワになるのは体内環境に問題があるかもしれません

ストレスで髪がゴワゴワになるのは、自律神経の乱れによって体内環境が悪くなっていることが考えられます。
ストレスは脳を疲弊させ、自律神経の乱れを引き起こすことがありますが、自律神経が乱れることで体のあちこちに影響を及ぼします。

自律神経は臓器や血管など、自分で意識して動かせない部分を動かしている神経です。
自律神経が乱れると体内で消化吸収の機能が悪くなったり、血行が停滞したりするなど、頭皮へ栄養や酸素が届きにくい環境につながります。
また、自律神経の乱れはホルモンバランスも崩すことがあり、その影響で毛穴が皮脂で詰まることや皮膚の状態が悪化する可能性もあるといわれています。

ストレスがかかると頭皮が影響を受けますが、すぐに髪がゴワゴワするわけではありません。
しかし、継続的なストレスや強すぎるストレスで脳のダメージが改善できなくなると髪に影響が現れやすくなります。

髪がゴワゴワになる原因はストレス以外にもあります


髪がゴワゴワする原因の多くは、自律神経の乱れによるものですが、日常的な刺激が影響することもあります。
例えば、髪の毛の乾燥や紫外線の影響などでダメージを受けたことによるキューティクルの乱れです。

キューティクルは髪の構造の一番外側にあり、髪の手触りを良くしてくれます。
しかし、キューティクルが開いてしまうとゴワゴワとした感触になることもあるようです。
ドライヤーを当てすぎたり、紫外線のダメージを受けたりすることでキューティクルが開いてしまうリスクが高くなります。

また、強い成分のシャンプーや洗髪の回数、タオルドライでの摩擦などもキューティクルを傷つけます。
しかし、これらは髪にダメージが蓄積されていることが原因であるため、ヘアケアを行うことで改善や予防が可能です。

髪のゴワゴワを改善するには体内外のケアをしましょう

髪がゴワゴワしてきたら、まずはストレスで乱された自律神経を整えて体内環境を改善しましょう。
体の内側の機能が悪化してきたサインとして、髪の毛の状態を常にチェックすることも大切です。

髪のゴワゴワを改善するためには、生活リズムや睡眠、食生活などを見直すことが必要です。
生活が乱れることで自律神経は乱れやすくなるため、規則正しい生活を送ることを意識しましょう。
ストレスがかかると脳は疲れてしまいますが、健康的な生活で脳が正しく機能するようになるとストレスへの耐性が付き疲れにくくなるといわれています。
ストレスを感じないことは難しいですが、耐える力を蓄えておくことはできるのです。

また、頭皮ケアとして刺激の少ないシャンプーを使うなど肌トラブルを抑えつつ毛穴の汚れを解消しておくことも大切です。
ゴワついている間は、ヘアトリートメントで栄養を補うなど外側からのケアも行っていきましょう。

(まとめ)ストレスで髪がゴワゴワになることはある?

1.ストレスにより頭皮環境が悪化して髪がゴワゴワになることもあります

ストレスが強いと脳の機能低下が起こり、自律神経が乱れると考えられています。
それによって頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰になったりして髪がゴワゴワすることがあるようです。

2.ストレスで髪がゴワゴワになるのは体内環境に問題があるかもしれません

ストレスで髪がゴワゴワになるのは、自律神経の乱れで体内のあちこちが機能低下することが原因のようです。
ストレスがかかってすぐに髪のゴワゴワが始まるわけではありませんが、ストレスが続くと起きやすくなります。

3.髪がゴワゴワになる原因はストレス以外にもあります

髪がゴワゴワになる原因には、紫外線やシャンプーの成分、タオルドライの摩擦などがあります。
いずれもキューティクルの開きを引き起こす一時的な外的要因によって起こっているため、外側からのヘアケアで改善できます。

4.髪のゴワゴワを改善するには体内外のケアをしましょう

髪のゴワゴワを改善するためには、ストレスで乱れた自律神経を整える生活改善と頭皮と髪のケアが大切です。
生活リズムを整えて体のなかから良い状態を作り、ストレスに強い体にしましょう。
また、トリートメントなど外側からのケアも意識しましょう。