ストレスによって髪をいじる癖を改善するためには無理をしないことが大切です


ストレスによって髪をいじることが癖のようになっている場合には、無理がない範囲で改善を進めましょう。
そもそもなんらかの不安やストレスなどが原因で髪をいじることが多い場合には、無理に治そうとしたり癖を気にしたりすることでさらに悪化することもあるといわれています。
髪を触りにくい状況を作ることも大切ですが、こうした対策とともに髪をいじる原因であるストレスにもアプローチすることが必要となるでしょう。
また、いつ髪をいじることが多いかをチェックしてみることは原因を探るのに有効かもしれません。

ストレスで髪をいじるのは安心感を求めているためかもしれません

髪をいじる癖は、ストレスを受けたことで安心感を求めたり、それを解消したりする無意識の行為であると考えられています。
無意識に行ってしまう行為はその人の気持ちや本音が表れていることが多く、髪の毛をいじる、触るという行為には安心感を得たいという気持ちが隠されているといえるでしょう。
髪の毛を触ることで、幼い頃などに大人から頭をなでられたときの記憶を呼び起こして、緊張感を解きほぐしたいと感じているのかもしれません。

ストレスを感じているときには、心身が緊張感を持っており、不安や緊張をほぐしたいと思うものです。
そのため、髪をいじって安心感を得ようとするのでしょう。

髪をいじるという癖は、髪を伸ばすことの多い女性に多く見られるようです。
男性の短髪では髪をいじることが難しいので、自ずと女性に多くなると考えられます。
男性では髪の毛の代わりにひげをいじったり、抜いたりする行為が見られることもあるようです。

髪をいじる状況でストレスの原因が分かるかもしれません


ストレスで髪をいじる行為は、その人によって癖が出てしまう場所やタイミングなどに違いがあるようです。
そういった違いを見つけることで、自分がどんなときにストレスを感じているのかを知ることができます。
また、髪の毛をいじると一言でいっても、軽く触れるだけであったり、激しく髪を引っ張ったり抜いてしまうなどの違いがあります。

誰かと一緒にいるときに髪の毛をいじる癖が出やすい人は、コミュニケーションに緊張していたり、不安を感じていたりする可能性が高いです。
これは無意識の行為ではありますが、相手によっては不快に映ったり、媚びているように見えたりと誤解の元となることが多いものです。

一人でいるときに髪の毛をいじっている人は、退屈な環境からストレスを感じている可能性があります。
心が満たされなかったり、孤独感を感じたりすることが原因といえるでしょう。
また、髪を引き抜いたりしてしまう人も、誰かに見られないように一人のときに行ってしまうことが多いようです。
これは抜毛症というもので、強いストレスを受けて自分で変えられない状況に追い詰められたときなどに起こるといわれています。

髪をいじる癖を改善するには触れない状況とストレスケアが必要です

髪をいじる癖は、髪の毛を傷つけることもありますし、他人から良くない印象を受ける可能性もあるため、改善したいものです。
しかし、気にしすぎたり無理に治したりすると、それ自体がストレスになってしまうこともあるため、無理せずに直していくことが必要となるでしょう。
髪を触らないように意識するとともに、根本的な原因となるストレスのケアも大切です。

髪の毛に触れないようにする方法には、髪型を変える、髪を結んでしまうなどがあります。
また、両手を使う作業を増やしたり、髪以外に触って安心できるものや他のストレス解消法を見つけたりすることも有効です。

髪をいじる原因となるストレスを解消するためにも、髪の毛以外に触って安心できるものを持っておくことは良いかもしれません。
それ以外にも安心できる家族や恋人と一緒にいる時間を増やしたり、ストレスを感じたり髪をいじる暇さえないくらい熱中できることを探すこともおすすめです。

(まとめ)ストレスで髪をいじる癖は治せる?

1.ストレスによって髪をいじる癖を改善するためには無理をしないことが大切です

ストレスによって髪をいじる癖を治したい場合には、無理せずに改善することで悪化を防ぐことが大切です。
髪を触れないようにするとともに、根本的原因であるストレスにも目を向けましょう。

2.ストレスで髪をいじるのは安心感を求めているためかもしれません

ストレスを受けることは、緊張感や不安を与えます。
そのため、緊張をほぐしたり、安心したいと思ったりすることで髪の毛をいじる癖が出てしまうのかもしれません。
この癖は特に髪の長い女性に多く見られる行為のようです。

3.髪をいじる状況でストレスの原因が分かるかもしれません

ストレスで髪をいじる癖にも、それぞれに特徴があります。
一人でいるときに髪をいじる人は孤独や退屈を感じていたり、他人といるときに出る人はコミュニケーションがストレスであったりと原因も違うようです。

4.髪をいじる癖を改善するには触れない状況とストレスケアが必要です

髪をいじる癖を改善するには、髪を触れないように結んでしまったり、両手を使う作業を増やしたりすることが効果的です。
また、髪以外に触って安心するものを見つけることは、リラックスできる時間にもつながるためおすすめです。