ストレスによる体内環境の悪化で髪が薄くなることがあります


ストレスは、自律神経やホルモンバランスを乱すと考えられており、その影響で体にもさまざまな症状をもたらすようです。
髪が薄くなる症状も、こうした体内環境の悪化によって起こる可能性があると考えられています。
特に女性の髪が薄くなる症状は、ストレスの影響を大きく受けているようです。

ストレスがもたらした体内の乱れは頭皮環境を悪化させて、毛根の成長を妨げると考えられています。
また、頭皮の皮脂分泌の過剰や血行不良などにも、ストレスが関係していることもあります。
そのため、抜け毛を改善するには根本的な原因となるストレスに強い状態を作ることが効果的です。

ストレスは特に女性の髪が薄くなる原因と考えられています

ストレスは男女関わらずあるものですが、特に女性の髪が薄くなる原因として取り上げられることが多いようです。
これは、女性のほうがストレスの影響を受けて薄毛を引き起こしやすいためと考えられます。
女性は生活環境の変化などでストレスを受けやすい傾向があり、さらにホルモンバランスはストレスによって乱れやすいことが関係しているようです。

女性ホルモンには髪の毛を育てる働きがあり、美しく保つために大切なものといわれています。
それがストレスで乱れることで正常に機能しなくなるため、薄毛や抜け毛につながってしまうのです。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの影響を交互に与えることで生理周期や女性の体の機能を保つと考えられています。
特にエストロゲンの分泌に異常が起こると髪の毛や肌などの美容の問題が起こりやすくなるようです。

また、女性ホルモンの分泌が低下すると、相対的に男性ホルモンが優位になります。
さらに男性ホルモンは、ストレスの影響を受けて増える傾向もあるようです。
男性ホルモンは頭皮の皮脂分泌を増やしたり、抜け毛の原因となったりすると考えられています。

ストレスは脳を疲れさせて髪を薄くすると考えられています


ストレスは軽いものであれば日常的に多くの人が受けていると思います。
しかし、強すぎるストレスは体の負担となり、特に脳が疲れやすくなるといわれています。
強いストレスを受け続けることで、脳が疲れて機能の低下を引き起こし、髪が薄くなるようです。

脳は、体の中にある内臓の動きや血流などを司る司令塔のようなものと考えられます。
脳が正常な指示を出すことで、私たちの体は健康に機能することができるのです。
しかし、脳がストレスを受け続けて疲れると、正しい指示を送れなくなり、さまざまな機能低下をもたらすといわれています。

脳は自律神経やホルモン分泌を視床下部というところで調節しています。
脳が疲れると自律神経にもホルモン分泌にも影響を与えてしまい、体内のリズムが乱れやすくなるようです。
そうなると、自律神経による内臓や血管の働きが停滞して頭皮に栄養や酸素が届きにくくなり、女性ホルモンのバランスも乱れ薄毛につながります。

髪が薄くなるのを避けるにはストレスに強い体を作ることが大切です

髪が薄くなるのは、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れが起こることが影響しているかもしれません。
そのため、髪が薄くなるのを抑えるためには、ストレスを受けても脳が大きな負担を感じないようにすることが大切です。
ストレスを受けないようにしたり、解消法を見つけたりすることも重要ですが、脳が健康的になるとストレスを受けた場合にもリスクを軽減できる可能性があるため、より効果的な薄毛対策となるでしょう。

脳を健康的にするためには、生活習慣の見直しが大切です。
生活習慣の乱れや睡眠不足、運動不足などは自律神経を乱したり、血行不良を引き起こしたりすると考えられています。
血行不良は脳だけでなく、頭皮にも栄養や酸素を送りにくくするため、髪が薄くなるのを避けるには重視したいポイントといえるでしょう。

(まとめ)ストレスで髪が薄くなることがある?

1.ストレスによる体内環境の悪化で髪が薄くなることがあります

ストレスは自律神経などを乱して頭皮環境を悪化させ、髪の毛が薄くなる症状を引き起こします。
特に女性の髪が薄くなる症状は、ストレスが原因で起こりやすいと考えられています。

2.ストレスは特に女性の髪が薄くなる原因と考えられています

女性はストレスの影響を受けやすく、それによって女性ホルモンが乱れやすくなると考えられています。
髪を保つ役割を持つ女性ホルモンが乱れることで、髪が薄くなることも起こりやすくなるようです。

3.ストレスは脳を疲れさせて髪を薄くすると考えられています

強いストレスを受けることで脳が疲れると、脳が調節している自律神経やホルモン分泌の機能が乱れやすくなるといわれています。
その結果、内臓や血行も停滞して頭皮に栄養や酸素が運ばれにくくなり、薄毛になってしまう恐れがあるようです。

4.髪が薄くなるのを避けるにはストレスに強い体を作ることが大切です

髪が薄くなるのを抑えるには、ストレスに強い脳を作ることも大切であると考えられています。
ストレスを受けても負担が大きくならないようにするためには、生活習慣を見直して自律神経を乱す原因を改善することが大切です。