貧血では毛根が元気をなくし髪が抜けることもあるようです


貧血は、鉄欠乏貧血という鉄分が少ないことによって起こる酸素不足のような状態を指します。
血液中の赤血球が少なくなることで酸素を体の隅々まで運べなくなり、頭皮にもその影響が現れます。
頭皮の毛細血管に十分な酸素が届かないと、毛根組織が髪を成長させにくくなり、髪が抜けるようになってくるのです。

また、血液の状態が悪くなることで体のあちこちの働きも悪くなります。
内臓や血流にも影響が起こることで栄養不足も起こるといわれています。
髪が抜ける原因が貧血にある場合には、貧血を改善して健康な毛根を育てることが必要となるでしょう。

貧血で髪が抜けるのは育毛の働きが弱ってしまうためです

貧血で髪の毛が抜けるようになるのは、毛根組織が髪の毛を育てる力を弱めてしまうためといわれています。
貧血は、体内の鉄分が減って赤血球内にあるヘモグロビンが不足することで起こりやすくなるようです。

鉄分は体内に入ると小腸で吸収されます。
さらに骨髄で赤血球が作られますが、そのときに必要となるのが鉄分です。
赤血球内の主成分であるヘモグロビンは、鉄とたんぱく質で構成されていますが、鉄分は食事で摂っても吸収されにくいため、不足しがちになります。

鉄分が不足した状態では新しい赤血球が少なくなってしまい、血液による酸素の運搬が停滞してしまいます。
そのため、体が酸素不足となってさまざまな機能に支障が出るようです。
内臓の機能も低下するため、消化吸収の力も弱まって、栄養を十分に吸収することもできなくなるといわれています。

こうしたことから、貧血になると頭皮では酸素不足とともに栄養不足も起こり、髪を育てる組織が弱ってしまいます。
毛根組織で細胞分裂が行われにくくなることで、髪の毛の強度が弱くなって抜ける髪の毛が増えてしまうのです。

女性は特に貧血によって髪の毛が抜けることが多いようです


鉄分不足によって起こる鉄欠乏貧血は、女性に多いといわれています。
女性は男性に比べると鉄分を失いやすいと考えられるためです。

鉄分は赤血球のヘモグロビンとして血液内で働き、機能を終えたものは一度肝臓や脾臓で処理されますが、再びヘモグロビンとなることができます。
つまり通常ではあまり排出されることがないため、吸収率が高くなくても鉄分は不足しにくいのです。
しかし、女性の場合には毎月の生理や妊娠出産などがあり、そのときに出血で鉄分を失ってしまいます。

女性の薄毛は、男性型脱毛症のように部分的に毛根を攻撃する物質が増えるなどの原因で起こることは少ないといわれています。
全体的に徐々に髪が抜ける薄毛が多く、それには頭皮全体の健康状態が関係しているそうです。
鉄分不足も頭皮の酸素や栄養不足をもたらし、健康状態を悪化させることになるため、貧血と髪が抜けることは深い関係にあるといえるでしょう。

貧血を改善するとともに頭皮ケアをすると髪が元気になるでしょう

髪の毛が抜けるリスクを回避するためには、貧血を改善しつつ頭皮の状態も整えるケアが大切です。
貧血による髪の毛の酸素不足、栄養不足も心配ですが、頭皮環境もそれに伴い悪化している可能性があるため、両面からケアをして髪を元気にしましょう。

貧血の改善には、食生活による鉄分の補給と十分な睡眠が必要といわれています。
鉄分を補給するためには、動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄をバランスの良く摂取することが大切です。
ヘム鉄はレバーや赤肉、しじみ、あさり、かつおなどに多く、非ヘム鉄は、ほうれん草や小松菜、ひじき、大豆、卵黄などに含まれています。

また、貧血の改善には鉄分だけでなくそれを助けるビタミンB群やヘモグロビンを作るたんぱく質なども必要とされています。
毎日の食事で鉄分を意識するとともに、豊富な栄養素を満遍なく摂取することを目指しましょう。

さらに、睡眠不足の解消も血液を作るために大切です。
骨髄で赤血球が作られるのは、主に睡眠中であるといわれています。
生活リズムを整えて、睡眠を十分に取れる環境を作りましょう。

(まとめ)貧血で髪が抜けることもあるの?

1.貧血では毛根が元気をなくし髪が抜けることもあるようです

貧血では血液が酸素を体の隅々まで運べなくなることで、毛根組織の育毛の働きを停滞させます。
髪が抜けることもあるので、貧血の人は注意が必要です。
貧血を改善して毛根を元気にすることが抜け毛対策として必要となるでしょう。

2.貧血で髪が抜けるのは育毛の働きが弱ってしまうためです

貧血で髪の毛が抜けるようになるのは血液の中の赤血球が減ってしまい、酸素と栄養を頭皮が受け取れなくなるためのようです。
毛根へ酸素や栄養が運ばれにくくなることで強度を失い抜け毛につながってしまいます。

3.女性は特に貧血によって髪の毛が抜けることが多いようです

女性は鉄欠乏貧血になりやすく、それが頭皮にも影響を及ぼして髪が抜けるリスクを高めているようです。
男性に比べて女性は生理や妊娠出産などで鉄分を失いやすいことが関係しています。

4.貧血を改善するとともに頭皮ケアをすると髪が元気になるでしょう

貧血による髪が抜けるリスクを避けるためには、食事で十分な鉄分とバランスの良い栄養素を摂取することが大切です。
また、睡眠不足も血液を作りにくくするため、規則正しい睡眠リズムを整えましょう。