貧血は髪の組織の血液の状態を悪くして髪質を悪化させることがあります


貧血は、鉄分が欠乏することによって酸素が上手く運べなくなった状態です。
体内は血液によって酸素や栄養分などが運ばれることで細胞分裂などが行われており、健康な状態が維持できると考えられます。
しかし、血液がそれらのものを運べなくなると機能が低下して、新陳代謝も停滞します。

髪の毛もこうした血液の影響を大きく受けるものであり、貧血で酸素が運ばれなくなると頭皮の髪を成長させる機能も停滞する可能性があるようです。
そうすると新しく作られる髪質が悪くなったり、ぱさつきなどが気になったりすることも考えられます。

貧血は頭皮の酸素不足を招くリスクがあります

貧血は、鉄欠乏貧血といわれており、鉄分が減ってしまうことで起こると考えられています。
鉄分は血液中でヘモグロビンを作るもとの成分であり、酸素と結合して体内に酸素を運搬する役割を果たしています。
酸素は血液中を鉄分とともに流れているため、鉄分が不足すると酸素不足につながってしまうのです。

一方、髪の毛の成長は、頭皮の毛根部分に毛細血管から酸素や栄養素が運ばれることで促進されるといわれています。
頭皮には毛細血管が張り巡らされており、それを通じて髪の成長に必要なものが運ばれています。
貧血になると血液の状態が悪くなり、酸素の量も減ってしまうため、髪に必要なものが運ばれなくなってしまうのです。

酸素は細胞分裂に重要な役割を果たしており、貧血によって酸素が運ばれなくなると、新しく髪を作り出す機能が停滞して、髪質が悪くなることがあるようです。
貧血と髪質は一見すると関係がないようにみえますが、体の組織の一部として酸素不足による影響を受けるリスクはあるといえるでしょう。

頭皮の血液循環は髪の毛を育てます


髪の毛はケラチンというたんぱく質が主成分であり、角化して作られるものです。
すでに生えている髪の毛自体は、切っても痛くない、血も出ないことから分かるように、神経はなく髪自体が栄養を得ることはありません。
美しい髪質を維持するために外側から成分を与えることもありますが、根本的に状態の良い髪の毛を生み出すのは頭皮とその下に隠れた血管からの酸素や栄養分といっても良いでしょう。

髪の毛が生まれるメカニズムは、頭皮の毛穴の奥にある毛母細胞という組織にあります。
毛母細胞は、毛細血管から酸素や栄養分を得て細胞分裂を行い、髪の毛を成長させます。
伸びた髪の毛はいわば死んでいる細胞のようなものであり、肌を守る角質層と同じようなものと考えられています。

つまり、丈夫で元気な髪質を作るためには、頭皮の毛母細胞の細胞分裂が正常に行われることが必要となり、外側からトリートメントをしたり栄養を与えたりすることは補助に過ぎないともいえるでしょう。
頭皮が栄養や酸素を受け取れる状態になっていないと、外側から与えるケアを施しても根本的に良い髪の毛は育ちにくいといえるのです。

貧血の影響で体内の機能が乱れて髪質に影響することもあります

貧血になると、体内に酸素が運ばれなくなるため、内臓機能が停滞したり、低体温になったりすることがあります。
内蔵機能が低下することや低体温になることで、消化や代謝、ホルモン分泌などが停滞してしまい、それが髪にも影響を与えるようです。
貧血では、胃腸や甲状腺機能など、さまざまな体内の機能が乱れると考えられています。

胃腸などの消化器系の機能低下では、消化吸収が停滞して、栄養不足が起こりやすくなるといえます。
食べ物からの栄養摂取が上手くいかないと、頭皮にも栄養を送ることができません。
栄養不足も貧血の原因となりますが、貧血で内臓に酸素が運ばれなくなることで栄養不足が起こるという悪循環に陥る危険もあるのです。

また、甲状腺の働きには、体温調節機能があるとされています。
甲状腺は鉄分をはじめとしたミネラルを必要としており、貧血になると体温調節にも問題が出るようです。
こちらも悪循環を起こしやすく、低体温になることでさらに血液循環が停滞して栄養分が上手く運べない状態になりやすいと考えられます。

こうした全ての機能低下は、髪への栄養低下を招き、髪質を悪化させるでしょう。
また、抜け毛も起こりやすくなるため、薄毛の原因にもなりかねません。

(まとめ)貧血で髪質にも変化があるの?

1.貧血は髪の組織の血液の状態を悪くして髪質を悪化させることがあります

貧血は酸素を運ぶ鉄分が欠乏した状態であり、それによって新陳代謝が停滞する恐れがあります。
髪の毛も血液によって育てられるため、その影響を受けて、髪質が悪くなる可能性があるようです。

2.貧血は頭皮の酸素不足を招くリスクがあります

貧血は鉄分が不足している状態であり、酸素を運ぶ役割の鉄分が減ることで酸素の供給も減ってしまいます。
髪の毛を含めた体の新陳代謝にも酸素が必要ですが、不足するために停滞して、髪質にも悪影響を与えると考えられます。

3.頭皮の血液循環は髪の毛を育てます

髪の毛は毛穴の奥にある毛母細胞の細胞分裂によって育てられています。
ただし、それは角質層と同じように死んだ細胞のようなものです。
つまり、生えた後の髪の毛ケアをするのではなく、頭皮から整えることが髪質を良くするためには必要なのです。

4.貧血の影響で体内の機能が乱れて髪質に影響することもあります

貧血になると、胃腸などの内臓やさまざまな体内の機能の停滞を招くと考えられます。
こうした機能の停滞は血液循環や消化を停滞させて、頭皮の栄養不足につながり髪質に影響を与えます。