産後の抜け毛を直接シャンプーでケアすることはできません


産後の抜け毛は、シャンプーの仕方を変えたり、シャンプー剤を変えたりするだけで完全に予防したり、解決したりすることはできません。
産後の抜け毛の原因は体の内的な変化によるものですから、変化が治まって体調が落ち着くまではなかなか止めることができないのです。

ただし、シャンプーは髪の健康のためにとても大切なことなので、抜け毛のリスクを軽減するためにも気を遣いましょう。

産後の抜け毛はあくまでも女性ホルモンの減少によるものです

女性ホルモンは、女性の髪の毛の成長を促して、長く保つ役割を果たしています。
そのため、男性に比べて女性はヘアサイクルが長く、薄毛にもなりにくいのです。

ところが、女性ホルモンは常に一定量が分泌されるわけではありません。
35歳を過ぎると、年齢が上がるにしたがって減少していくだけでなく、ストレスや生活習慣によっても、ホルモンの分泌量は簡単に変化してしまいます。

一方で、妊娠をすると、女性ホルモンの分泌量が増加します。
女性ホルモンは、多ければ多いだけ良いというわけではなく、バランスが大切です。
そのため、妊娠中に女性ホルモンの分泌量の増加による憂鬱感やだるさなどが起こる場合があるのです。

こうした女性ホルモンの増加は、出産後、通常の状態に落ち着きます。
しかし、一定の量で落ち着くまでの間は、女性ホルモンの分泌量は非常に不安定になり、一時的に急激に減少してしまいます。

産後の抜け毛は、こうした女性ホルモンの減少によって引き起こされます。

シャンプーの仕方を気を付けることは抜け毛リスクの軽減に役立ちます


産後の抜け毛は、女性ホルモンのバランスの変化によるものなので、直接的にシャンプーで抜け毛を防ぐことはできません。
しかし、髪の毛をどのように洗うかは、頭皮と髪の健康のためにはとても大切なことです。

ホルモンバランス以外の抜け毛要因を排除して、健康な頭皮を作るためにも、シャンプーはきちんと行うようにしましょう。

シャンプー剤を見直す

出産後のお肌は、特にデリケートになっている場合があります。
洗浄力の強すぎるシャンプーを使ってしまうと、頭皮の皮脂を落としすぎて頭皮トラブルに繋がる可能性がありますから注意しましょう。

お勧めは、保湿力が高くて添加物等が入っていない、お肌に優しいシャンプーです。

シャンプー方法を見直す

シャンプーをする時、熱いお湯を使って思い切り頭をこすっている人は、頭皮に負担をかけてしまっています。
シャンプーをする時の適温は、40度弱程度ですから、気に留めておきましょう。

また、頭皮は無理にこするのではなく、マッサージをするように揉むことを意識して洗いましょう。

産後のお風呂タイムを確保しましょう

出産後は、何かと忙しくて、入浴も手早く済ませてしまいがちです。
しかし、それではきちんと頭皮のお手入れをすることができません。

急いで髪を洗うと、ついつい力を入れてしまいがちになりますし、シャンプーやリンスのすすぎが十分でなかったり、髪が生乾きのまま放置したりすることもあります。
こういった習慣は、髪にとって非常によくないものです。

入浴時間を決めて確保する

家族環境によっては難しい場合もありますが、「30分間は入浴時間」などと決めてしまって、その間だけは家族に赤ちゃんを見ていてもらえないか交渉してみましょう。
その間だけは、自分のケアのための時間と割り切って、リラックスして体のケアをするようにしてみてください。

ただし出産直後はNG

とはいえ、出産後、4週間ほどはお風呂に浸かることができません。体が万全になるまでは、ぬるめのシャワーを手短に浴びて済ませることになります。

この時に注意したいのが、体の冷えです。
浴室に暖房を入れたり、脱衣場にヒーターを持ってきたりするなど、冷えない工夫をしましょう。

また、髪をしっかり流したり乾かしたりする必要はあるため、この場合も慌てて出てくることがないようにしてください。

(まとめ)産後の抜け毛はシャンプーで改善できる?

1.産後の抜け毛を直接シャンプーでケアすることはできません

産後の抜け毛は、シャンプーを変えたりやり方を見直したりするだけで改善させることはできません。
シャンプーは髪のためには大切なことですが、産後の抜け毛は体の内部の変化によるものだからです。

2.産後の抜け毛はあくまでも女性ホルモンの減少によるものです

女性の髪の毛の成長を促す女性ホルモンは、妊娠中に急激に増え、産後、元の分泌量に戻ります。
こうした変化が起こるタイミングで、一時的に急激にホルモンが減少してバランスが崩れることによって、産後の抜け毛が起こります。

3.シャンプーの仕方を気を付けることは抜け毛リスクの軽減に役立ちます

シャンプーの仕方で産後の抜け毛を直接予防することはできませんが、女性ホルモン以外の抜け毛要因を排除するという意味ではシャンプーはとても大切です。
シャンプー剤やシャンプー方法を見直してみましょう。

4.産後のお風呂タイムを確保しましょう

慌てて髪を洗うと、すすぎが不十分だったり、髪をきちんと乾かしていなかったりして、頭皮のトラブルに繋がります。
このようなことがないよう、ある程度の時間をきちんと確保しましょう。