産後の脱毛は女性ホルモンの減少によって起こります


妊娠中の女性は、女性ホルモンが多量に分泌するようになります。
ところが、出産をするとこの女性ホルモンの分泌量が通常に戻るため、急激に分泌量が減ってしまうという現象が起こります。

こうしたことから、女性ホルモンによって抜けずに維持されていた髪の毛がまとめて抜けたり、急激なホルモンバランスの変化によって髪が抜けたりするというのが、産後の脱毛の原因です。

女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう

妊娠、出産を経た女性のホルモンバランスが崩れてしまうのは自然の摂理で、誰にでも起こってしまうことです。
とはいえ、女性ホルモンのバランスが崩れることで、脱毛や体のむくみ、イライラ感など様々な問題が起こってしまうため、なるべく女性ホルモンのバランスを整える生活を心がけましょう。

体を温める

体を温めることは、女性の体を健康に保つために大切なことです。
体が冷えると、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことがあるからです。

「女性は腰を冷やしてはいけない」と昔からよく言われますが、これは根拠のないことではないのです。
腹巻や靴下などを上手に利用して、体を冷やさない工夫をしましょう。

また、体を冷やす冷たい飲み物やシャーベットなどを控えて、なるべく温かい食べ物を口にするようにしてください。

生活を整える

出産後は、生活のリズムが崩れてしまって、自分の思う通りの毎日が送れなくなってしまいがちです。
朝日を浴びる、なるべく早く眠る、食事は決まった時間に取るなどの工夫をして、できるだけ毎日の生活リズムを整えましょう。

産後のストレスをできるだけ軽減させましょう

出産後は、新しい家族ができたという喜びと同時に、繰り返しの授乳や、片時も目が赤ちゃんから目を離せない緊張感などから、どんどんストレスが溜まっていってしまいます。

こういったストレスを少しでも軽減させるために、家族と協力し合いながら育児をするようにしましょう。

できることは手伝ってもらう

母乳育児をしている場合、赤ちゃんにおっぱいをあげるということだけは、絶対にママがしなければいけません。
けれど、それ以外の沐浴やおむつ交換などは、ママ以外の人でもできることです。

家族が働きに行っている時間などはどうしようもありませんが、休日や帰宅後は、無理のない範囲で育児を手伝ってもらうようにしましょう。

家事を頑張りすぎない

食洗器やお掃除ロボット、乾燥器など、使える便利な家電はどんどん使うようにしましょう。

そんなにお金をかけられない! という場合は、掃除機をやめてフローリングワイパーで済ませてしまう、食事は2~3日続けて食べられるカレーやおでんなどをまとめて作っておくなど、疲れているときの家事の手抜きを許容するようにしましょう。

産後にツライ生活を続けていると薄毛や産後クライシスなど様々なトラブルが起こります


産後、家事に育児にと頑張りすぎていると、ママの体にはどんどん無理が溜まっていってしまいます。

薄毛

産後の脱毛は、一時的な女性ホルモンの乱れによるものですが、無理を続けていると、本格的な脱毛に発展してしまうこともあります。
睡眠不足やストレスが長く続くことがないようにしましょう。

産後クライシス

産後クライシスというのは、出産後に突然夫婦仲が冷え込んでしまう現象のことです。この産後クライシスの原因の多くは、夫が妻の思う様な手助けをしてくれない、妻が何を求めているのかわからないといった夫婦のすれ違いによって起こります。

これを防止するためには、妻がひとりで頑張りすぎるのではなく、夫にしてもらいたいことをきちんと言葉で説明して、わかってもらうことが大切です。

育児ノイローゼ

育児ノイローゼも、育児に一生懸命になりすぎ、リフレッシュできる逃げ場を持たずに子どもと向き合い続けることによって起こります。
休日は夫に子どもを任せて外出する時間を取ったり、同じ年頃の子どもを持っている人たちと交流をしたりして、育児の悩みを解消しましょう。

(まとめ)産後の脱毛って一体どうして起こるの?

1.産後の脱毛は女性ホルモンの減少によって起こります

妊娠中の女性は女性ホルモンの分泌が活発になりますが、出産後はそれが元に戻るため、分泌量が急激に減少してしまいます。
そのため、女性ホルモンのバランスが崩れて脱毛が起こってしまうのです。

2.女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう

女性ホルモンのバランスを少しでも整えるために、体を温めて生活のリズムを出来る限り整えるようにしましょう。
外からと内からの冷えに気を付け、朝日を浴びたり食事時間を一定にしたりするようにしてください。

3.産後のストレスをできるだけ軽減させましょう

産後、赤ちゃんとの生活は楽しいものですが、ストレスも溜まります。
こうしたストレスを軽減するために、家族の手助けをしてもらったり、家事を頑張りすぎずに便利家電を使ったりある程度の手抜きをするようにしましょう。

4.産後にツライ生活を続けていると薄毛や産後クライシスなど様々なトラブルが起こります

産後の女性の負担が重なると、本格的な薄毛になってしまったり、産後クライシスや育児ノイローゼなどの問題に発展したりすることがあります。
育児を頑張ることも大切ですが、家族に頼ったり息抜きをしたりしながらストレス解消しましょう。