更年期の抜け毛対策には食事や生活習慣を改善することが効果的です


更年期を迎えた女性のなかには抜け毛に悩んでいる方が多くいます。そこには女性ホルモンの減少が深くかかわっています。
対策法としては、イソフラボンを摂取したり頭皮の血行をよくしたり、毎日のシャンプーを正しく行ったりといったものがあげられるでしょう。

これらの対策法で更年期の抜け毛を軽減させることが可能です。

抜け毛は更年期障害のひとつです

一般的に更年期といわれる40代半ばから50代半ばにかけて、抜け毛の症状がよく見られるようになります。この抜け毛は、更年期障害のひとつです。

更年期になり抜け毛が増え始めたという人のなかには、体がほてったり気分が憂鬱になったりといった症状が起きている方も多いと思います。
その体調不良も更年期障害によるものの可能性が高く、同時に抜け毛が進行しているのであれば、並行して更年期障害が起こっているといえるでしょう。

また、40代手前の30代の女性でも、ストレスなどが原因でプレ更年期が訪れるケースもあります。
若い30代から抜け毛をはじめとした更年期障害の症状が現れることもあるのです。

そのため、更年期にはまだ早いと思っている人も、体調不良や抜け毛などの症状が現れたときにはプレ更年期を疑ってみましょう。
女性に起こる抜け毛の特徴として、髪全体が細く薄くなるということがあります。

これは「びまん性脱毛症」や「女性型脱毛症」と呼ばれているもので、女性特有の抜け毛の症状です。1ヵ所が集中して薄くなるわけではないため、抜け毛が進行しても気づきにくいといわれています。

ホルモンバランスの乱れや血行不良などが重なって起きます


更年期障害によって起こる抜け毛の大きな原因は、女性ホルモンの急激な減少です。
更年期は閉経を迎える前後10年ほどの期間を指しますが、この時期には閉経の準備として女性ホルモンの分泌が減少します。

本来は妊娠するために女性ホルモンが働くわけですが、閉経によりその必要がなくなるためです。
女性ホルモンのひとつにエストロゲンと呼ばれるものがありますが、エストロゲンには髪を健康な状態に保つ働きがあるといわれています。

エストロゲンが減少すれば、元気な髪を維持できなくなるため、髪がやせ細ったり抜け毛が増えたりといった現象が起こるのです。
更年期の抜け毛は、エストロゲンの減少が影響していることがほとんどです。

しかし、そのほかにも原因はあります。

たとえば、頭皮の血行が滞ることで髪に栄養が届いていない、毛穴に汚れがたまっている、頭皮がダメージを受けているなどです。そのほか、自律神経の乱れにより新陳代謝が正常に行われないことも考えられるでしょう。

女性ホルモンの減少に関しては自然の流れですから、ある程度仕方のないことです。
しかし、血行不良や自律神経の乱れに関しては、生活習慣の改善によって解決できることがあります。

血行不良や自律神経の乱れが解決できれば、抜け毛の進行を抑えることにもつながるでしょう。

イソフラボンの摂取やシャンプー方法の見直しを行いましょう

ここでは普段からできる抜け毛の対策法について紹介します。まず、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。

減少してしまったエストロゲンの働きを、イソフラボンには補う働きがあるといわれています。イソフラボンは豆腐や納豆などに多く含まれているため、これらの食品を食事に取り入れてみるのがおすすめです。

毎日の運動を欠かさないことも対策法のひとつです。
有酸素運動をすることによって全身の血行が促進され、頭皮の血流改善が期待できます。

それだけではなく、自律神経のバランスの改善にもつながり、新陳代謝も活発になるでしょう。
また、ストレス解消にもなるため、自律神経を乱れさせる要因を減らすことができます。

そして、毎日のシャンプーをするときにもちょっとしたコツを覚えて抜け毛対策を行いましょう。シャンプー時には、爪を立ててゴシゴシするのは避けて、指の腹を使って優しくマッサージするように洗います。

頭皮や髪にダメージを与えないことで髪を守ることにつながります。
また、シャンプーは刺激の少ないアミノ酸系のものを選ぶといいでしょう。

(まとめ)更年期の抜け毛対策には何をしたらいい?

1.更年期の抜け毛対策には食事や生活習慣を改善することが効果的です

更年期を迎えて抜け毛が目立つというときは、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。その場合はイソフラボンを摂取する・頭皮の血行をよくする・毎日のシャンプーを正しく行うといった対策が効果的です。

2.抜け毛は更年期障害のひとつです

女性の抜け毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれる特有のものです。更年期にこの抜け毛が気になる人は、同時に体調不良などの更年期障害の症状が出ているかもしれません。また、更年期手前の30代でもプレ更年期を迎えることもあります。

3.ホルモンバランスの乱れや血行不良などが重なって起きます

更年期の抜け毛の原因は、髪を健康に保つ女性ホルモン・エストロゲンが減少することです。
これだけではなく、頭皮の血行が滞ることやストレスなどにより新陳代謝が正常に行われないといったことも原因にあげられるでしょう。

4.イソフラボンの摂取やシャンプー方法の見直しを行いましょう

更年期の抜け毛対策としては、イソフラボンを積極的に摂ることが効果的です。イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きが期待できるためです。
また、運動を定期的に行うことやシャンプー方法の改善も対策となります。