更年期障害の抜け毛はホルモンバランスを整えることで治る可能性があります


40代の半ばを過ぎたころから更年期にさしかかります。更年期には女性ホルモンが急激に減少し、抜け毛をはじめとしてさまざまな症状が現れるのです。

更年期の抜け毛に関しては、薄毛専門クリニックや皮膚科などで治療を受けることで治るといわれています。
減少した女性ホルモンをコントロールすることが主な治療方法です。

そのほか、食生活やシャンプーなどの生活習慣を見直すことも必要です。

更年期の女性ホルモン減少が抜け毛を引き起こします

多くの女性が閉経を迎える50歳前後の10年間の時期を更年期と呼びます。
この時期には、閉経に向かって女性ホルモンが急激に減少し、そのバランスの乱れに体が対応できなくなるため、さまざまな更年期障害を引き起こすのです。

女性の髪が薄くなるのも更年期障害のひとつとされています。
更年期にさしかかると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが同時に減少していきます。

エストロゲンには健康な髪を生成する役割があるため、エストロゲンが減少することで髪が痩せたり、毛根が弱って抜けやすくなったりするのです。
若いときは女性ホルモンの分泌も活発ですから、髪もいきいきとつやがある状態を維持できます。

加齢によって髪が細くなったり、薄くなったりすることは女性ホルモンが減少するためであり、ある程度仕方のないことともいえるでしょう。
また、更年期による女性の抜け毛は、男性のように生え際や頭頂部が集中的に薄くなるものではなく、髪全体に起こるものが多くなります。

「びまん性脱毛症」と呼ばれるもので、抜け毛が集中しないため、髪が抜け始めたことに気づきにくいのも特徴のひとつです。
更年期障害による体のほてりや倦怠感、イライラなどの症状が現れたときには、抜け毛についても気をつけておいたほうがよいでしょう。

女性ホルモン以外の要因も抜け毛を促進させている可能性があります


年を重ねると起こる女性の抜け毛は、女性ホルモンの減少が大きな原因です。
しかし、そのほかにも抜け毛を促進させている要因が考えられます。

たとえば、更年期を迎える40代半ばから50代半ばにかけては、子どもが独り立ちするなど家庭の環境が変化する時期でもあります。
働いている女性なら管理職や重要なポストに就くことで重い責任を負うことで、ストレスを溜めてしまうことも多いのではないでしょうか。

こうした環境の変化によるストレスが、髪の健康に大きなダメージをもたらすこともあるのです。
ストレス以外にも不規則な生活を送っていたり、食事の栄養バランスが取れていなかったりすると抜け毛は起こりやすくなります。

また、日ごろのヘアケアについても見直す必要があるかもしれません。
シャンプー方法が間違っていると頭皮環境が悪化して、抜け毛につながります。

スタイリング剤も毛穴を詰まらせる要因となるため、大量に使わないようにしましょう。

そして、見落としやすいのが紫外線の頭皮への影響です。
抜け毛が発生しやすい更年期では紫外線ケアにも気をつけ、日傘や帽子を用いて頭皮を守るようにするのがおすすめです。

クリニックや美容皮膚科で抜け毛が治るといわれています

更年期による女性の抜け毛が治るのか気になる人も多いと思います。
完全に治るとは言い切れませんが、薄毛専門のクリニックや美容皮膚科などでは治療が行われており、ある程度なら治るといわれています。

薄毛専門クリニックといえば男性が通うイメージが強いと思いますが、女性専門に診察しているクリニックもあるため、相談してみるのもひとつの方法です。
クリニックや美容皮膚科で行われる女性の抜け毛治療は、減少した女性ホルモンをコントロールする方法が取られることが多いです。

たとえばアメリカでは、減少したホルモンを補充して閉経前の状態に導く方法が、その効果を認められたといわれています。
また、更年期障害によって起こる症状は女性ホルモンの減少が原因であるため、抜け毛以外の症状も軽減できるとされているのです。

そのほかには、細胞を活性化させる注射により卵巣の機能を復活させ、女性ホルモンのバランスを閉経前に近づけるという方法もあります。この方法でも女性ホルモンが補えるため、ほかの更年期障害にも効果が期待できるでしょう。

このように、更年期の抜け毛を治すためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。クリニックや美容皮膚科ではこうした治療法以外に、日常のヘアケアの指導や食生活の改善などのアドバイスも行っています。

専門家の意見を取り入れることで、健康的な状態に近づけることができるのです。

(まとめ)更年期障害で起こった抜け毛は治る?

1.更年期障害の抜け毛はホルモンバランスを整えることで治る可能性があります

40代半ばから現れる更年期は、抜け毛をはじめとした諸症状を引き起こします。更年期の抜け毛は、クリニックなどで治るとされており、減少した女性ホルモンをコントロールして治療します。
また、食事などの生活習慣にも気をつけることも大切です。

2.更年期の女性ホルモン減少が抜け毛を引き起こします

更年期には、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが急激に減少します。エストロゲンには髪の健康を維持する働きがあります。
しかし、エストロゲンが減少することにより、この働きが低下するため抜け毛を引き起こすのです。

3.女性ホルモン以外の要因も抜け毛を促進させている可能性があります

更年期を迎える40代半ばから50代半ばは、ストレスを溜めやすい時期でもあるため、ストレスが抜け毛を進行させているかもしれません。そのほか、食生活の乱れや誤ったヘアケアが抜け毛につながっていることもあります。

4.クリニックや美容皮膚科で抜け毛が治るといわれています

更年期の抜け毛が治すためには、クリニックで専門的な治療を受けることが効果的です。ホルモンバランスを整えるための治療を受けられるため、更年期の抜け毛でも改善が期待できるでしょう。