更年期障害による抜け毛はシャンプー方法や食生活の工夫により対策が可能です


40代を超えると、閉経に向けて体が準備を始めます。それにより起こるのが更年期障害です。
閉経の前後10年が更年期といわれていますが、その時期にはさまざまな症状が現れます。

そのなかのひとつに抜け毛があります。
更年期の抜け毛を防止するためには、シャンプーのときに優しく洗ったり、頭皮の血行をよくしたり、イソフラボンを摂取したりすることが効果的です。

更年期障害とは女性ホルモンの減少で起こります

更年期は、閉経前の5年と閉経後の5年、合わせて10年間程度の時期を指します。閉経はだいたい50歳前後で訪れるため、40代半ばから更年期にさしかかる人も多いです。

閉経の準備を体が始めると、女性ホルモンの分泌が急激に低下します。
その急激な変化に体がついていかないという現象が発生するため、更年期にはさまざまな症状が出てきます。

抜け毛もそのひとつであり、髪の生成にかかわる女性ホルモンのエストロゲンが減少することで髪の健康を保ちにくくなり、髪がやせたり抜けやすくなったりするのです。

エストロゲンは、髪の生成サイクルにも影響を及ぼします。エストロゲンの減少は髪の成長期を早め、休止期を延ばすことにつながるといわれています。

その結果、新しい髪も育ちにくくなるというわけです。
そのほかにも更年期障害がもたらす体の不調はたくさんあります。

体がほてったり汗をたくさんかいたり、めまいを起こしたりなどその症状はさまざまで、人によっても違いがあります。
体だけではなく、気分的にもイライラしたり、集中力が低下したりといった症状を訴える人もいるようです。

これらの症状が軽い人もいますが、生活に支障をきたすほどつらくなる人もおり、重い更年期障害に苦しむ人も少なくありません。

女性の抜け毛は気づきにくいものです


更年期による女性の抜け毛は、男性のAGA(男性型脱毛症)などとは特徴が異なるものです。男性のAGAでは、頭頂部や生え際が集中的に薄くなるため、抜け毛に気づきやすいでしょう。

しかし女性の場合、全体的に少しずつ薄くなっていくことから、髪の変化に気づきにくいことが多いのです。
このように全体的に髪が薄くなる症状をびまん性脱毛症と呼びます。

また、女性型脱毛症と呼ばれることもあります。
この抜け毛は、女性ならではの症状です。

更年期にさしかかり、びまん性脱毛症によって抜け毛が多くなる場合、それに気づかないまましばらく放置するケースも少なくありません。
その結果、症状が進んでしまっていることもあるのです。

少し髪にボリュームがなくなってきたと感じたときには、脱毛症の症状はすでに進行しているかもしれません。
脱毛症はどのようなものでも、初期症状であれば対処することがある程度可能ですが、進めば進むほど対処しづらくなります。

びまん性脱毛症が更年期障害のひとつと考えると、ほかの体の不調が出始めたときは危険信号が出ていると考えてもよいでしょう。
更年期障害で体の調子が悪い感じたときには、髪が薄くなり始めていないかチェックする習慣をつけてみましょう。

更年期による抜け毛を防止する方法があります

更年期障害によるびまん性脱毛症は加齢が関係するものであるため、完全に防ぐことは難しいものです。
しかし、ある程度なら防止することが可能です。

まず毎日のシャンプーの仕方から見直してみましょう。

ゴシゴシと力を入れて洗うと髪が抜けやすくなるだけでなく、頭皮にも傷がついてしまい健康な髪が育ちにくくなります。
髪を洗うときは優しい力で、爪を立てずに指の腹で洗うのがコツです。

シャンプーを選ぶときにも髪と頭皮に優しい低刺激性のものや薄毛対策用のものを用いましょう。
髪や頭皮への刺激が強いシャンプーは、抜け毛を促進させてしまうことがあります。

また、血行がよくなっているお風呂上がりに頭皮マッサージをするのがおすすめです。

指の腹を使って頭皮の下から上に血が巡るようにマッサージします。頭皮の血行がよくなると髪に栄養分がいきわたりやすくなり、健康な髪の生成につながります。

このとき、長時間続けて行わないようにするのがポイントです。
あまり長くやりすぎると髪にとって逆効果となるため注意しましょう。

そのほか、エストロゲンに似た作用をもたらすといわれるイソフラボンを積極的に摂ることも効果的です。
イソフラボンは特に大豆製品に多く含まれており、摂取することで体内に減少したエストロゲンの役割を補ってくれるといわれています。

(まとめ)更年期障害で起こる抜け毛の原因と対処法とは?

1.更年期障害による抜け毛はシャンプー方法や食生活の工夫により対策が可能です

40代を超えると更年期にさしかかり、さまざまな更年期障害が現れます。
抜け毛もそのひとつです。抜け毛を防止するには髪を優しく洗うほか、血行促進やイソフラボン摂取といった対処をしてみましょう。

2.更年期障害とは女性ホルモンの減少で起こります

更年期にさしかかると女性ホルモンの分泌が急激に低下します。
髪の生成にかかわる女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって、髪の健康を維持しにくくなり、抜け毛が発生するのです。

3.女性の抜け毛は気づきにくいものです

更年期の女性の抜け毛は、びまん性脱毛症(女性型脱毛症)と呼ばれる女性特有のものです。男性と違って全体的に抜け毛が進行するため、気づきにくいことが多いです。更年期障害のほかの症状が出始めたら、抜け毛もチェックしておきましょう。

4.更年期による抜け毛を防止する方法があります

更年期障害によるびまん性脱毛症は、シャンプー方法などを工夫することが対策となります。頭皮マッサージで血行をよくするのもおすすめです。
また、イソフラボンを摂ってエストロゲンの働きを補いましょう。