産後に髪が抜けることを予防するためには毎日のケアが大切です


出産した後に一時的に髪が抜けてしまうことはよくあります。
この抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れが大きいですが、予防するには日ごろからシャンプーの仕方や頭皮マッサージなどのケアが必要です。

また、生活習慣の乱れも抜け毛の原因となるため、毎日の生活を見直してみましょう。

産後の抜け毛の原因とはホルモンバランスの崩れです

通常分泌される女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、双方がバランスを取りながら生体活動を続けています。
妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加します。

増加した女性ホルモンは、妊娠状態の維持のためにそれぞれに役割を果たし、健康な状態で出産を滞りなく行うことができるのです。
しかし、産後には余分な女性ホルモンが必要なくなるため、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が一気に減少します。

通常どおりの状態に戻ろうとしますが、分泌量の減少が急激に起こるため体調にもさまざまな影響が出てしまうのです。
そのひとつが抜け毛というわけです。

発毛には、エストロゲンが深くかかわっています。また、プロゲステロンも毛周期を伸ばし、髪の状態を保つ働きがあるといわれています。
そのため、妊娠中は髪が豊かで美しくなるのです。

しかし、この2つの女性ホルモンが急激に減少することによって、髪の維持や発毛が追い付かなくなり、髪が抜けるという現象につながるのです。
赤ちゃんに授乳することで母体から栄養素が奪われ、髪の生成ができにくくなって抜け毛が進行するともいわれています。

抜け毛が目立つようになるのは産後3ヵ月くらいからが多くなり、それから1年前後くらいの期間をかけてもとに戻るとされています。

生活習慣の乱れも抜け毛を促進させます


赤ちゃんが産まれた後は今までの生活が激変します。
夜中に赤ちゃんが泣きだしてあやしたり、ひっきりなしに授乳したりなどの理由で睡眠不足になってしまうこともあるでしょう。
生活が赤ちゃんの世話にほとんど取られてしまうことで、自分の生活リズムを作ることができなくなるのです。

また、初産の場合は赤ちゃんの扱い方にも慣れていないため、わからないことだらけでストレスがたまることもあるかもしれません。
赤ちゃんがいると外に出ることもままならないため、運動不足にも陥ってしまう危険もあります。

このように、生活習慣に乱れが出てしまうことも抜け毛を促進させる要因のひとつになります。

産後の抜け毛の主な原因はホルモンバランスの乱れですが、生活リズムやストレスによって、よりホルモンバランスを崩してしまうことにつながるのです。
生活習慣が乱れることで自律神経のバランスは悪化し、新陳代謝も活発に行われなくなります。

それにより髪が正常に育たなくなり、抜け毛に拍車をかけてしまいます。

そのほか、産後太りを気にして急に激しいダイエットを行うのも要注意です。
栄養バランスが悪くなり、発毛を妨げてしまいます。

髪が抜けることを予防するためにも、生活習慣の見直しやダイエットなどには気をつけましょう。

抜け毛を予防するためにできることがあります

産後の抜け毛を予防するためには、毎日のケアから始めていきましょう。
髪が抜けやすく弱っている状態のため、シャンプーをするときには力を入れずに優しく洗うようにします。

シャンプーを選ぶときは、刺激が少なく髪と頭皮に優しいものにするのも効果的です。
通常の石油系シャンプーは洗浄力が高い分刺激が強く、髪と頭皮に悪影響を与えてしまいます。

また、頭皮の血流をよくするためには、頭皮マッサージがおすすめです。
指の腹を使って頭皮の下から上へ円を描き、血流を促すようにマッサージしましょう。

これを3分ほど続けることで血流の改善が期待できます。
血流が改善することで頭皮環境もよくなり、抜け毛の予防にもつながるでしょう。

生活習慣が乱れてしまうことは、赤ちゃんを育てるうえではある程度仕方がないことです。
それでも、できるだけ規則正しい生活を心がけることが抜け毛予防になります。

具体的には、毎日同じ時間に食事をする、授乳の時間もできるだけ正確にしておくことなどがポイントです。
また、夜にしっかり寝ることができないとしても、できるだけ横になって休むことが大切です。

赤ちゃんの夜泣きや授乳などで昼夜逆転してしまいがちですが、夜に少し休むだけでもその逆転を正常にすることができるといわれています。

(まとめ)産後に髪が抜けるのを予防する方法はある?

1.産後に髪が抜けることを予防するためには毎日のケアが大切です

出産後に一時的に髪が抜けるのはよくあることです。
原因はホルモンバランスの乱れによるものですが、日ごろのケアや生活習慣の見直しなどである程度予防することができます。

2.産後の抜け毛の原因とはホルモンバランスの崩れです

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが多く分泌されるようになります。
しかし、出産すると分泌量が急激に減少します。その影響によって、多くの髪が抜けるようになるのです。

3.生活習慣の乱れも抜け毛を促進させます

赤ちゃんが産まれると生活が激変し、リズムを崩しやすくなったりストレスがたまりやすくなったりします。
これにより、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れ、抜け毛を促進させてしまうのです。

4.抜け毛を予防するためにできることがあります

産後の抜け毛を予防するには、優しく髪を洗う、シャンプーを刺激の少ないものから選ぶ、頭皮マッサージで血流をよくすることがおすすめです。
また、睡眠や食生活などの生活習慣もできるだけ規則正しくするようにしましょう。