幹細胞を使った毛髪再生医療が薄毛に効果があると期待され、注目されています。


人は、ケガをしてもすぐに新しい皮膚や組織を再生し、修復する能力を持っています。

この自己修復能力のカギとなるのが「幹細胞」です。
幹細胞とは、人体に存在する細胞で、どんな細胞にもなることができる細胞です。

この幹細胞をうまく使えば、髪の毛が生える組織である毛包を作り出すこともでき、この毛包を頭皮に移植すれば、毛が生えていないところにも、発毛させることが可能になります。

どんな理由によって、薄毛になったとしても、この再生医療が実現できれば、多くの薄毛の悩みを解消することができるでしょう。

まだ実用化には課題も残ってはいるものの、近い将来、薄毛の悩みを根本的に解消する治療になっているかもしれません。

幹細胞とは

毛髪再生に希望を与えている「幹細胞」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

幹細胞とは

私たち人間の身体は、無数の細胞によって構成されています。
各細胞は、細胞分裂を繰り返す中で分化し、それぞれの組織や器官の役割を果たすため、適した能力を身に着けます。

それぞれの組織などに分化する前のもととなる細胞を、まとめて「幹細胞」と呼びます。

幹細胞の特徴

幹細胞には、2つの能力があります。
1つは、自己複製する能力、つまり、自分と同じ幹細胞をコピーして作ることができる能力です。

そのため、幹細胞はなくなることがありません。
そして、2つめは、さまざまな細胞に分化する能力です。

怪我をしたときに、数日後には新しい皮膚ができるのはこの能力のおかげです。
なぜなら、幹細胞がけがをした部分に集まり、新たに皮膚の細胞に分化し、修復しているからです。

人工的な幹細胞

幹細胞は、体内に存在する細胞ですが、人工的に幹細胞を作る研究も進んでいます。
ノーベル賞の受賞で話題となったiPS細胞も、人工的に作った細胞で、幹細胞と同じような能力を持ち、「人工多能性幹細胞」と呼ばれています。

iPS細胞から臓器を作り出すことができれば、治療法のない病気の治療や臓器移植などに活用される可能性があります。

幹細胞による再生医療は、さまざまな分野で活用されています。


幹細胞の性質を活かした「再生医療」は、さまざまな分野に活かされています。

幹細胞は病気の治療に活用できます

再生医療とは、何らかの原因により機能しなくなった組織や器官を、幹細胞などを使って再生・修復し、機能回復を図ろうとする医療のことです。

再生医療が実用化されれば、病気やけがなどで機能しなくなった臓器や組織を、幹細胞を培養して作り、交換することが可能になります。

すでに実用化されている再生医療の一つには、白血病患者などに行う骨髄移植があります。

幹細胞による再生治療技術は、毛髪再生にも希望を与えます

幹細胞による再生医療の技術は、病気の治療のみならず、毛髪再生にも活用できるのではないかと、さまざまな医療機関や世界各国の大学の研究チーム、企業などが研究を進めています。

日本でも、東京理科大学の研究チームによって、ヒトの幹細胞から髪の毛を生成する毛包を作り出し、マウスに移植後、発毛に成功したと発表されています。

再生医療を応用した再生美容も注目されています

「幹細胞コスメ」という言葉をご存知でしょうか。
幹細胞コスメは、幹細胞を使ったスキンケア用品のことです。

細胞レベルで若返りができるとして、アンチエイジング効果が期待されています。

進化し続ける発毛治療、近い将来、実用化されるかもしれません。

薄毛の悩みは、全世界共通の悩みです。
しかし薄毛の治療には、特効薬と言われる薬は、まだ存在していません。

「毛生え薬」なるものが発明できたら、ノーベル賞ものだと言われるほどです。
もちろん、発毛や育毛に効果的な薬や成分などは、研究者たちによって地道に研究され、ある程度分かってきたものもあります。

しかしすべての薄毛に効果があるわけではなく、薄毛の原因や個人差によって、効果が左右されてしまうのも事実です。

そのため現在各国で行われている毛髪再生に関する研究は、多くの薄毛に悩む人々から期待され、注目されているのです。

今はまだ、実現には至っていませんが、毛髪再生医療は実用化される日が近いのではないかと言われています。

(まとめ) 幹細胞が女性の発毛を助けるって本当ですか?

1.幹細胞を使った毛髪再生医療が薄毛に効果があると期待され、注目されています。

幹細胞には、どんな細胞にもなれる能力があります。
この幹細胞を使えば、薄毛を根本的に治療できるのではないかと、世界中で研究がされ、期待されています。

2.幹細胞とは

幹細胞とは、人間の体内にある細胞の一種で、どんな細胞にも分化することができます。

また複製能力もあるので、体内からなくなりません。
ノーベル賞で話題となったiPS細胞は、人工的に作られた幹細胞です。

3.幹細胞による再生医療は、さまざまな分野で活用されています。

幹細胞を使った再生医療は、薄毛治療だけでなく、これまで治療が難しかった病気の治療や臓器移植などでの活用も期待されています。

また美容業界でも、アンチエイジング効果が期待され、化粧品などが開発されています。

4.進化し続ける発毛治療、近い将来、実用化されるかもしれません。

今はまだ、薄毛治療の特効薬はありません。
しかし研究者たちが日々研究重ね、有効な成分の発見や治療薬の開発が行われ、治療方法は進化を続けています。

幹細胞を使った治療も、今後、実用化が期待されています。