髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで発毛し、成長していきます。


頭皮の中には、髪の毛のもととなる毛乳頭と、それを取り巻いている毛母細胞があります。

毛母細胞は、毛乳頭から発毛の指令を受けることで、細胞分裂して、髪の毛を作り出しているのです。

しかし毛母細胞は、永遠に細胞分裂を続けるわけではありません。
髪の毛には寿命があり、ヘアサイクルによって、発毛と脱毛を繰り返します。

発毛のメカニズムを知り、ヘアサイクルが乱れないようにすることが、発毛・育毛を促進するためには大切です。

発毛のメカニズムとヘアサイクル

発毛のメカニズム

髪の毛のうち、頭皮の中に隠れている部分を毛根と言います。
この毛根の中の一番下にあるのが、毛乳頭と毛母細胞です。

毛乳頭は、毛細血管から髪の成長に必要な栄養や酸素を受けとり、毛母細胞に発毛の指令を出す役割があります。

毛母細胞は、毛乳頭から発毛指令を受けて、細胞分裂をはじめます。
毛母細胞が細胞分裂をくり返すと、髪の毛が毛根から押し出されるようにして成長していきます。

これが、髪の毛が生えていく仕組みです。

ヘアサイクル

髪の毛には、ヘアサイクルと呼ばれる周期によって、新しい髪が生え・成長し・脱毛します。

ヘアサイクルは、3つの時期があります。

  1. 成長期

    毛母細胞の分裂が活発な時期です。
    一日に0.3~0.5mmほど髪が伸びます。

    成長期は女性の場合は、約4~6年と言われています。

  2. 退行期

    毛母細胞の分裂が止まり、毛球が小さくなっていく時期です。
    細胞分裂をしていないので、これ以上髪は伸びません。

  3. 休止期

    毛球が小さいくなり、抜けるのを待っている時期です。
    この時期の髪の毛は、ちょっとした衝撃で抜けてしまいます。

    ブラッシングや洗髪時に抜ける髪の毛のほとんどは、休止期の髪の毛です。
    また、頭皮の深い部分で、新しい髪の毛ができ始めるのもこの時期です。

ヘアサイクルが乱れる原因


髪の毛は、発毛してから、ヘアサイクルを経て脱毛していきます。
正常なヘアサイクルによって脱毛するのは自然なことであり、また新たな髪が生えてくるので心配ありません。

しかしヘアサイクルが乱れてしまい、成長期が短くなってしまったり、休止期が長くなってしまったりすると、薄毛になる可能性があります。

ではどのようなことで、ヘアサイクルは乱れてしまうのでしょうか。

加齢

年齢を重ねると、自然に髪の成長速度が落ちていきます。
新陳代謝が悪くなったり、女性ホルモンが低下したりするのも、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

ストレス

ストレスを受けると、血行不良や自律神経の乱れをおこし、髪の毛の成長が止まってしまうことがあります。

生活習慣の乱れ

不規則な生活習慣や偏った食事、睡眠不足や運動不足は、髪の成長を妨げてしまい、ヘアサイクルの乱れにつながります。

過度のヘアケア

髪や頭皮に負担のかかるほどのヘアケアは、頭皮環境を悪化させ、髪が成長できなくなってしまったり、発毛を阻害したりするため、ヘアサイクルが乱れる原因の一つです。

毛乳頭と毛母細胞の働きを活性化して、発毛を促進しましょう。

発毛のためには、毛乳頭と毛母細胞の働きがカギとなります。
この2つの細胞が、しっかり機能していれば、抜けにくく丈夫な髪が生え、そしてヘアサイクルにおける成長期にしっかり成長していくことができます。

そのため発毛を促進するためには、毛乳頭と毛母細胞が活発に働けるように環境を整えてあげることが大切です。

そのためには以下のことを意識するようにしましょう。

  • ホルモンバランスの正常化
  • 生活習慣の見直し
  • 食生活の改善
  • 頭皮の紫外線対策
  • 血行促進
  • 適度な運動を取り入れる

このように日々の生活にちょっと気をつけることで、発毛を促進し、髪の成長を促すことができます。

はじめからすべてを取り入れることは難しいでしょう。
そんなときは、できることから実践してみてください。

残念ながら発毛や育毛には、即効性のある対策はありません。

だからこそ、毎日の積み重ねが大切になってきます。
焦ってすべてを取り入れるのではなく、一歩一歩確実に取り組み、継続しましょう。

(まとめ) 女性の発毛って、どんなメカニズムになっているの?

1.髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで発毛し、成長していきます。

頭皮の中にある毛母細胞が、毛乳頭から発毛の指令を受けると、細胞分裂を行って髪の毛を作り出します。

毛母細胞の細胞分裂は、ヘアサイクルによって活発な時期と、分裂が止まる時期があります。

2.発毛のメカニズムとヘアサイクル

毛根には、発毛の指令を出す毛乳頭と、その指令を受け取る毛母細胞があります。

毛母細胞が指令によって細胞分裂を繰り返すことで、発毛します。
毛母細胞は、ヘアサイクルの成長期には活発に細胞分裂し、退行期になると細胞分裂を止め、抜ける準備をはじめます。

3.ヘアサイクルが乱れる原因

健康な髪は、ヘアサイクルを経て寿命となり、自然に抜け落ちます。
しかしヘアサイクルは、生活習慣などによって乱れてしまいます。

ヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなり、十分に成長する前に抜けおち、薄毛の原因になります。

4.毛乳頭と毛母細胞の働きを活性化して、発毛を促進しましょう。

発毛には毛乳頭と毛母細胞の働きが深く関わっています。

発毛促進するためには、毛乳頭と毛母細胞の働きを正常にし、ヘアサイクルが乱れないようにすることが大切です。