IGF-1は、成長ホルモンによって生成される物質で、発毛を促進する効果が期待されています。


発毛や育毛には、成長ホルモンが関係しているということは、広く知られています。

しかし、実際には、成長ホルモンが直接髪の成長に関与しているわけではありません。

実は、発毛・育毛を促しているのは、成長ホルモンによって生成されたIGF-1が毛母細胞に作用して、髪の毛を成長させているのです。

そのため、近年IGF-1は、女性の発毛を促進する物質として注目を集めています。

IGF-1とは

IGF-1とは、正式には「Insulin-like Growth Factor-1」(インスリン様成長因子-1)と言います。

その名の通り、インスリンによく似た構造のたんぱく質であるため、このように呼ばれています。

IGF-1は、成長ホルモンによって、肝臓や他の組織で生成され、身体の組織細胞を成長させたり、修復したりします。

IGF-1は、母乳にも含まれているほど人間の身体になくてはならない成長因子で、その他にもさまざまな働きがあります。

IGF-1の主な働き

  • 血管拡張作用
  • 新陳代謝の活性化
  • 血糖値を下げる
  • 筋肉の強化
  • 骨の生成

このように、健康維持には欠かせない存在であるにもかかわらず、IGF-1の量は、思春期にピークを迎え、年を重ねるごとに減ってしまいます。

そのため、体内のIGF-1の量を増やすと、アンチエイジング効果もあると言われています。

IGF-1は、髪の毛の成長に関わる重要な役割があります。


IGF-1は、細胞の成長に関わる成長因子であり、髪の毛の育成にも関係しています。

というのも、IGF-1は、肝臓以外にも、髪の毛の毛根にある毛乳頭でも生成されるからです。

成長ホルモンによって刺激をうけた毛乳頭では、IGF-1が生成され、それと同時にIGF-1を受け取るための受容体も作られます。

これによって、毛乳頭でIGF-1を受け取ることができるようになります。

毛乳頭で受け取ったIGF-1は、髪の毛の素となる毛母細胞を活性化し、髪の成長期を長くしたり、育毛、発毛を促進したりするのです。

また、白髪の予防、改善や健康的で太くてつややかな髪にしてくれる効果も期待されています。

髪の毛の成長には、たくさんの成長因子が関わっていますが、その中でもIGF-1は欠かすことのできない成長因子だと言われています。

そのため、IGF-1が不足しないようにすれば、薄毛の解消や育毛環境の改善、健康的な髪の毛の維持にも役立つと言えるでしょう。

IGF-1を増やす方法

IGF-1は、体内で生成される物質ですが、残念ながら加齢とともに減少します。

IGF-1が減少してしまうと、抜け毛や薄毛のリスクが高まるとともに、糖尿病や動脈硬化などの命に関わる病気にもつがなる恐れがあります。

また、骨や筋肉、肌の老化、疲労感ややる気の低下などを引き起こします。

反対にIGF-1を増やすことができれば、薄毛や病気のリスクを下げ、そしてアンチエイジング効果を得られるということでもあります。

そこで、IGF-1を増やす方法を2つご紹介します。

①IGF-1を増加させるには、胃の知覚神経を刺激しましょう

研究の結果、イソフラボンとカプサイシンを摂取すれば、IGF-1が増えると言われています。

イソフラボンとは、大豆や大豆製品に含まれる物質で、女性ホルモンと同じような働きがあるとして、よく知られています。

また、カプサイシンは、唐辛子などに含まれる物質です。

この2つを摂取すれば、胃にある痛みや熱さを感じる知覚神経が刺激され、IGF-1が増えるのです。

②成長ホルモンの分泌を促しましょう

IGF-1の生成には、成長ホルモンが正常に分泌されなければなりません。

成長ホルモンは、寝ている間に分泌されるホルモンであるため、睡眠不足は成長ホルモンを減らしてしまう要因になります。

また、偏った食事や飲酒、喫煙、運動不足なども成長ホルモンを減少させてしまいます。

そのため、成長ホルモンを正常に分泌するためには、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事を基本に、健康的な生活を送ることが大切です。

(まとめ) 女性の発毛を促進する「IGF-1」ってどんな物質ですか?

1.IGF-1は、成長ホルモンによって生成される物質で、発毛を促進する効果が期待されています。

IGF-1は、成長ホルモンによって毛乳頭で生成される物質で、毛母細胞を活性化させる働きがあります。

近年では、発毛や育毛効果が期待され、注目を集めています。

2.IGF-1とは

IGF-1は、成長ホルモンによって肝臓をはじめ、その他の組織でも生成される物質です。

細胞の成長や修復、血管拡張作用、新陳代謝の活性化など、健康維持のためには必要不可欠な存在です。

しかし、思春期にピークを迎え、加齢に伴い減少します。

3.IGF-1は、髪の毛の成長に関わる重要な役割があります。

IGF-1は、毛乳頭でも生成され、毛母細胞を活性化する働きもあります。

髪の毛を成長させる重要な役割を担っており、不足すると薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があります。

4.IGF-1を増やす方法

IGF-1が少なくなると、病気のリスクを高め、老化現象を引き起こします。

IGF-1の不足を避けるためには、イソフラボンとカプサイシンを含む食材を一緒に食べると効果的です。

また、IGF-1の生成に関わる成長ホルモンをたくさん分泌できるように、生活を整えることも大切です。