ポリフェノールには、発毛を邪魔する活性酸素を減らす抗酸化成分があります


発育を邪魔する最大の原因は、活性酸素です。

活性酸素は、細胞にダメージを与え、老化や病気にもなる邪魔な存在です。

頭皮は、皮脂の分泌が多い場所で、余分な皮脂が酸化することで活性酸素が発生します。

しかも、現代社会は、紫外線や大気汚染の影響を受け、活性酸素を生みやすい環境です。

また、女性の生き方が多様化し、仕事や子育てのストレス、不規則な生活、睡眠不足などの悪い生活習慣から活性酸素が大量発生してしまいます。

本来、私たちの身体は自らの力で活性酸素を除去する働きがあります。

しかし、大量発生した活性酸素を除去するまで、身体が追いつかない状態になります。

そこで注目すべきものが、抗酸化成分があるポリフェノールです。

ポリフェノールは、植物の色素、渋味や苦味の成分です。

具体的には、赤ワイン、チョコレート、大豆、緑茶、アサイーなど、野菜や果物に多く含まれる成分です。

これらの食材を摂取することで、血液から頭皮へ栄養が行き渡ります。

その結果、頭皮を健やかに保つことが期待できます。

頭皮は、活性酸素や血行不良の影響を受け過酷な環境にあります

土壌が悪いと植物が成長しないのと同じように、髪の毛を育てるためには、頭皮が健康でなければいけません。

しかし、頭皮はとてもデリケートで、過酷な環境にあります。

過酷な頭皮環境

  1. 頭皮の皮脂腺は顔のTゾーンの3倍

    皮脂は適量だとツヤが生まれますが、頭皮に皮脂が残ると酸化し活性酸素が発生します。

    頭皮を清潔に保ちましょう。

  2. 頭皮は紫外線を強く受ける

    紫外線は、活性酸素を増やす原因です。

    紫外線止めスプレーや通気性の良い帽子を使用して、頭皮の紫外線ケアも忘れずにしましょう。

  3. 頭皮には筋肉がない場所がある

    頭の上半分には、筋肉がないため血行が悪くなりやすい場所です。

    シャンプーの際、頭皮を指の腹でマッサージするように洗い、血行促進を意識しましょう。

活性酸素とは

酸化力の強い酸素を「活性酸素」といいます。

人が生きるためには必要な酸素ですが、多過ぎると正常な細胞を傷つけ、髪の毛や頭皮にも悪影響です。

それでも活性酸素は、大気汚染、紫外線、ストレス、喫煙、飲酒などが原因で大量発生してしまいます。

そこで活性酸素を除去するために、日頃から抗酸化成分を持つ食材を食べることがおすすめです。

植物が持つポリフェノールのパワーが女性の発毛にも応用できます


ポリフェノールは、植物の色や味をコントロールしている成分です。

たとえば、ポリフェノールの仲間であるアントシアニンは、濃い青色のような色素を持っています。

これは、紫外線を反射する役割を持つとともに、酸化を防いで、植物は自分自身を守っています。

このような人には真似できない、植物が持つポリフェノールのパワーが女性の発毛にも応用できます。

ポリフェノールの種類

  1. アントシアニン(赤ワイン、ブドウ、ブルーベリーなど)

    青から赤の色素の成分です。

    強い抗酸化作用やコラーゲンを合成させる働きがあり、肌を整えます。

  2. カテキン(緑茶など)

    苦味の成分です。

    抗酸化作用や抗菌作用があります。

    また、血行促進作用があるため、頭皮に血液がめぐり栄養が行き渡ります。

  3. イソフラボン(大豆、納豆、豆腐など)

    黄色や橙色の色素の成分です。

    女性ホルモンとよく似た物質で、植物性エストロゲンと呼ばれることもあります。

女性の場合は、加齢による女性ホルモンの低下から薄毛や抜け毛になることもあるため、日頃から摂取することが大切です。

おやつやデザート感覚で、楽しみながらポリフェノールを摂取する

評判の良い整髪料や化粧品を使用しても、食生活が偏っていたら意味がありません。

バランスの良い食事をするとともに、抗酸化成分を含むポリフェノールを摂取することが必要です。

日頃から摂取することで、血液から十分な栄養が行き渡り、頭皮は健やかになります。

さて、すでに大豆製品などからポリフェノールを摂取できているという方は、おやつやデザート感覚でフルーツからポリフェノールを摂取するとストレスも少なく美髪を目指すことができます。

ポリフェノールを含むフルーツとは

  • キウイ

    肌を健やかに保つためのビタミンも豊富、疲労回復にも役立ちます。

  • バナナ

    皮をむいてラップしたバナナに棒を付けて冷凍するバナナアイスがおすすめです。

    熟したバナナや冷凍バナナは栄養価が高くなります。

  • ブルーベリー

    ビタミンCの約5倍の抗酸化力があり、エイジングケアも期待できます。

  • プルーン

    葉酸を含み、ミネラルやビタミンなどバランスが良い果物です。

    ドライプルーンはカルシウムも豊富で、おやつとしても楽しめます。

  • りんご

    100gあたり54カロリーで、ダイエットも期待できます。

  • 洋梨

    透明感のある肌をつくる、美肌成分アルブチンを含みます。

    洋梨は食べると、独特の清涼感が口の中で広がり、食感を楽しむことができます。

(まとめ)女性の発毛を助けるポリフェノールの成分とその働きとは?

1.ポリフェノールには、発毛を邪魔する活性酸素を減らす抗酸化成分があります

発育を邪魔する最大の原因は、活性酸素です。

この活性酸素を減らすためには、抗酸化成分があるポリフェノールを摂取することです。

ポリフェノールを含む食材を積極的に取りましょう。

2.頭皮は、活性酸素や血行不良の影響を受け過酷な環境にあります

皮脂腺が多かったり、強い紫外線を受けたり、血行不良になりやすかったりと、頭皮はデリケートで過酷な環境といえます。

発毛のためには、頭皮マッサージや紫外線対策など、頭皮ケアを忘れずに行うことが大切です。

3.植物が持つポリフェノールのパワーが女性の発毛にも応用できます

ポリフェノールは、植物の色や味をコントロールしている成分です。

植物は、ポリフェノールのパワーで、紫外線や酸化から自らを守っています。

人には真似できないポリフェノールのパワーが、発毛にも応用できます。

4.おやつやデザート感覚で、楽しみながらポリフェノールを摂取する

バランスの良い食事とともに、ポリフェノールを摂取すると発毛が期待できます。

冷凍バナナ、ドライフルーツなど、デザート感覚でポリフェノールを摂取するとストレスも少なく美髪を目指すことができます。