思春期の髪のトラブルは早めの対処で改善できます


女性の抜け毛や薄毛は大人になってから起こるもの、と油断していませんか?

最近は思春期に突然抜け毛が増える「若年性脱毛症」に悩む女性が増えているそうです。

思春期といえば、中学生頃から二十歳前くらいまでです。

容姿のコンプレックスや異性からの視線が気になるこの時期、髪のトラブルはむしろ大人になってからよりもずっと深刻な問題です。

10代の抜け毛の主な原因として挙げられるのは、

  • 皮脂の過剰分泌
  • 脂っこい食事やダイエット
  • 受験などでのストレス
  • 間違ったヘアケア
  • 睡眠不足

などです。

ひとことで言えば思春期ならではの原因で頭皮環境が悪化しているケースが多いのです。

若いからといってこうした抜け毛を治療せずに放置すると、脱毛症に進行してしまうことにもなりかねません。

できるだけ早く改善し、頭皮環境を正常化させる必要があります。

とはいえ、思春期といえば身体の成長がもっとも著しい時期です。

新陳代謝も活発で、毛根もまだまだしっかりとしています。

原因を早めに見つけてきちんと対策を行えば、一時的な現象で終わる可能性も充分にあります。

活発な皮脂分泌が抜け毛の要因になります

思春期に起こる抜け毛は大きく分けてふたつ考えられます。

ひとつ目は脂漏性の脱毛症である場合です。

思春期は身体の中でホルモンバランスが変わっていく関係で、どうしても皮脂が過剰に分泌されます。

ちょうどニキビなどで悩まされる時期ですが、頭皮には顔以上に皮脂がたまるのです。

また、友達と行動することが増えるこの時期は、コンビニ食やファストフードのような油性のものを食べる機会が増えます。

成長期ですから多少は問題ないのですが、脂っぽいものや甘いものばかりで野菜などをあまりとらないと、頭皮から皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

皮脂が毛穴をふさぐため、かゆみが出てかきむしってしまうと、これがフケになります。

かきむしった頭皮の荒れやフケに皮脂が加わると雑菌の温床となり、脂漏性皮膚炎(湿疹)を起こします。

毛穴まで炎症を起こすと、最悪の場合髪の毛が抜け落ちてしまう「脂漏性脱毛症」になってしまうのです。

10代ならではの生活習慣の乱れが発毛を阻害しています


ふたつ目は生活習慣の乱れからくる抜け毛です。

食生活の乱れ

ジャンクフードや甘いもののとりすぎが皮脂の分泌を過剰にしています。

また、この年代に特有の過激なダイエットも問題です。

栄養が欠乏した場合、まず身体に優先的に使われるため髪は後回しになり、髪が痩せて抜け落ちる原因になるのです。

ストレス

多感な時期だけに、勉強、友だち付き合い、恋人関係と様々な面からストレスを受けています。

ストレスはホルモンバランスを崩し、ヘアサイクルを狂わせることで発毛を妨げることになります。

間違ったヘアケア

おしゃれのために安い市販のカラー剤やシャンプーを使っていませんか?

スタイリング剤のつけすぎも毛根や頭皮にダメージを与え、髪は成長をストップしてしまいます。

睡眠不足

やりたいことの多い10代は、睡眠時間が短くても本人は大丈夫だと思いがちです。

しかし、身体にはダメージが蓄積しているのです。

人間の身体は睡眠中に細胞分裂を行い、成長しています。

その成長する時間を失ってしまうと、髪も充分に育つことができなくなります。

思春期ならではの再生力を引き出しましょう

しかし、成長過程の段階にあり、新陳代謝もさかんなこの時期であれば、改善は難しいものではありません。

まずは上記の原因にあてはまる要素を改善し、頭皮の再生力を最大限に引き出すことです。

食生活の改善やストレスの要因を減らすだけでもかなりの効果があります。

そして過剰な皮脂を落とすために毎日の頭皮ケアを心がけましょう。

しっかりシャンプーして頭皮マッサージをすることで、毛母細胞が刺激され、毛乳頭の働きが活性化します。

ただし、シャンプーの回数を増やしすぎたり、ゴシゴシ洗ったりしてしまうと、逆に頭皮が乾燥し傷つく場合もあるので注意が必要です。

受験勉強などで夜遅くまで勉強するのは仕方がありませんが、成長ホルモンが分泌される22時以降はしっかりと睡眠をとりましょう。

抜け毛は身体からの「無理をしている」という注意信号でもあります。

生活を見直すチャンスと捉えて、早めに対策をとりましょう。

(まとめ)思春期の女性が発毛のためにできることは?

1.思春期の髪のトラブルは早めの対処で改善できます

思春期の抜け毛の原因として挙げられるのは、

  • 過剰な皮脂
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 間違ったヘアケア
  • 睡眠不足

つまり頭皮環境が悪化しているケースです。

治療せずに放置すると悪化する可能性もあります。

しかし、若いからこそ早めに原因を見つけて対策を行えば、早期に改善することも可能です。

2.活発な皮脂分泌が抜け毛の要因になります

思春期の抜け毛の原因のひとつは皮脂の分泌です。

ニキビに悩まされるように、頭皮にも顔以上に皮脂がたまる時期なのです。

皮脂と汚れが原因で起きる頭皮の炎症を脂漏性皮膚炎と言い、最悪の場合髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

3.10代ならではの生活習慣の乱れが発毛を阻害しています

この時期ならではの理由で生活習慣が乱れることも抜け毛の原因となります。

  • 脂質の多い食事や過激なダイエット
  • 勉強や人間関係からくるストレス
  • シャンプーやカラー剤などの間違ったヘアケア
  • 睡眠不足で髪が育たなくなる

といった要素が挙げられます。

4.思春期ならではの再生力を引き出しましょう

思春期の抜け毛はショックですが、新陳代謝が活発なこの時期であれば回復が早いことも確かです。

まずは毎日の頭皮ケアで皮脂の分泌を抑えましょう。

バランスのよい食事をする、ストレスを溜めない、髪の成長をうながす睡眠をしっかりととる、などの工夫も必要です。