髪の毛を作物とすると頭皮は畑の土、頭皮の状態が髪の毛に影響します。


髪の毛には植物と同じように毛根と呼ばれる根の部分があります。

毛根は頭皮の中に埋まっており、その先端には毛母細胞とそれに囲まれた毛乳頭と呼ばれる部分があります。

毛乳頭の周囲には多くの毛細血管が通っていて、毛母細胞がここから栄養を吸収しながら細胞分裂を繰り返すことで髪が成長します。

ですから、育毛について考えるときにはやはり頭皮の状態を考えないわけにはいきません。身体に不調があるとき、また不規則な生活が続いて血行が悪くなると頭皮は硬くなります。

すると毛根に栄養が行きわたらなくなり、薄毛や抜け毛などのトラブルが起こりやすくなるのです。

一方、頭皮が柔らかくて血行が良い状態は頭皮が健康であるという証拠です。柔らかいことから頭皮に厚みを感じることができ、元気な髪がより生えやすくなるのです。

頭皮は、その時の健康状態の影響や生活リズムや栄養状態の影響を受けやすいと言われますが、一方で、紫外線や季節の変化による影響も受けやすいと言われています。

頭皮の状態には当然個人差がありますが、頭皮に関する正しい知識を身につけて育毛環境を整えましょう。

頭皮マッサージで血行促進

とにかく頭皮の血行が良い状態が育毛環境にとってベストな状態です。一番手軽に実現できる方法としては、やはり頭皮マッサージではないでしょうか。

ブラシなどで頭皮を叩くことが血行促進の方法として推奨されていた時期があったようですが、それは誤った知識であると言われています。激しく叩くことで頭皮をその刺激で傷つける恐れがありますので控えましょう。

さて、頭皮マッサージはお風呂上がりなど筋肉が緩んでいるときに行うことをおすすめします。

指を頭皮に押し当てて、ゆっくりと左右に動かすだけでも十分なマッサージになりますので、毎日頭皮の状態を確認しながら続けましょう。

強く押し過ぎると内出血する可能性があるため、1~3分くらいを目安に、あくまで自分が気持ち良いと感じる力加減でマッサージをする必要があります。

乾燥は頭皮の大敵


頭皮は髪の毛に覆われているので乾燥とは無縁と思われがちですが、実は他の皮膚と比べると水分量が少なく乾燥しやすいと言われています。とくに紫外線や気候による乾燥には注意しましょう。

紫外線ダメージ

もともと水分量が少ない頭皮が紫外線を浴びると、乾燥がますます進行して皮膚のバリア機能が低下します。それによって、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起こりやすくなると言われています。

また繰り返し紫外線を浴びることによって、皮膚の表面が硬くなり皮膚の老化を早める可能性があるのです。なるべく紫外線が強い時間帯の行動を避けたり、日傘や帽子を使ったりして紫外線予防をしましょう。

冬の乾燥

冬は湿度が低い上、春や夏に比べて皮脂の分泌が少なくなる季節と言われています。頭皮も同様で、潤いが不足しがちです。

また夏に比べて熱いお湯で洗髪する機会が増えるため、皮脂が必要以上に奪われる可能性がありますので注意しましょう。

パーマは頭皮を傷つける原因

パーマとは、特殊な薬剤を使用して髪の構造を科学的に変化させた上でその形状を長時間保持するというものです。髪の毛自体に非常に負担をかけるものですが、頭皮に全く影響がないわけではありません。

アレルギー体質の方や生理中などホルモンの関係で敏感肌になっている場合には、パーマ液の刺激で頭皮に炎症を引き起こす場合がありますので注意しましょう。

頭皮が赤くなったり、かゆみの症状が出たりするだけではなく、毛根が傷ついて抜け毛を加速する可能性がありますので慎重な対応が必要です。

パーマ液のダメージを最小限に止める方法は、日頃から頭皮の状態を健康に保っておくことと言われています。

最近は髪への負担が比較的少ないパーマ液も出ているところもあるようですので、パーマをかける際には事前に美容師さんに相談するとよいでしょう。

(まとめ)女性の育毛において頭皮について気をつけるべきことは?

1.髪の毛を作物とすると頭皮は畑の土、頭皮の状態が髪の毛に影響します。

髪の毛の状態は、頭皮の健康状態が影響します。

血行が悪くなると頭皮が硬くなるため、十分な栄養が髪の毛に行きわたらなくなり薄毛や抜け毛トラブルが起こりやすくなります。逆に血行が良い頭皮は育毛環境に最適な状態です。この状態を保つために、頭皮について理解しましょう。

2.頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージは、身体が温まっているときに指を頭皮に押し当てるように行うのがコツです。

ひと昔前にブラシで頭皮を叩くと良いというような俗説がありましたが、この方法は頭皮に傷をつける危険性があるためオススメできません。

3.乾燥は頭皮の大敵

頭皮は、私たちが想像している以上に乾燥に弱いという特徴があり、この原因として紫外線や冬の乾燥が考えられます。

紫外線予防のために積極的に日傘や帽子を使用したり、頭皮の皮脂を保つことを心掛けたりしましょう。

4.パーマは頭皮を傷つける原因

特殊な薬剤を使用するパーマ液は、頭皮の炎症やかゆみを引き起こすだけでなく毛根を傷つけて抜け毛を引き起こす可能性があります。

パーマをかける際には専門家に相談し、なるべく頭皮への負担が少ない方法をとるようにしましょう。