女性の場合、遺伝による薄毛であっても、育毛環境を整えれば改善する可能性があります。


男性の薄毛AGAの原因として、遺伝があります。同じように、女性の薄毛FAGAの原因にも、遺伝があげられます。

しかし男性に比べて、遺伝する可能性は低く、またたとえ遺伝していても症状が現れるとは限りません。そのため過度に考えすぎないようにすることが大切です。

また遺伝によって薄毛になりやすい体質の人でも、ホルモンバランスが乱れないように健康的な生活を心がけ、髪の成長を促すための頭皮ケアなどで育毛環境を整えることで、育毛ができると言われています。

女性でも、遺伝によって薄毛になる可能性があります。

女性特有の薄毛FAGAは、遺伝が原因の一つだと言われています。女性が遺伝によって薄毛になる可能性は?

髪の毛の太さやクセ、髪の毛の色や髪の寿命は、遺伝によって決まります。同様に、薄毛に関する遺伝子も、両親から引き継ぎます。

男性の場合は、両親のどちらか一方、もしくは両方から原因となる遺伝子を引き継ぐことでAGAになります。

しかし女性の場合は、両親のうちどちらか一方から受け継いだとしても薄毛にはならず、両方の親から、薄毛の遺伝子を受け継いだ場合のみ、FAGAになると言われています。

そのため男性が遺伝によって薄毛になる可能性は7割程度であるのに対し、女性が遺伝によって薄毛になる可能性は2~3割程度です。

遺伝しても、必ず薄毛になるわけではありません。女性が遺伝によって薄毛になる確率は、男性に比べるとかなり低い確率です。

とはいえ両親が薄毛であれば、自分も薄毛になるのではないかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。しかし女性の場合は、両親から薄毛になる遺伝子を受け継いでいても、必ず薄毛になるわけではありませんし、その症状の現れ方もさまざまです。

また女性は、髪の発毛、育毛に深く関わっている女性ホルモンが優位なので、女性ホルモンが正常に分泌されていれば、髪の毛がなくなってしまうことはないので、安心してください。

遺伝による薄毛の検査方法


女性の薄毛であるFAGAは、さまざまな原因によって発症します。

女性の薄毛の原因

  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ・栄養不足
  • 過度なダイエット
  • 間違ったヘアケア
  • ストレス

このように、女性の薄毛にはたくさんの要因が複雑に関係しているため、両親や親族に薄毛の人がいるからと言って、遺伝による薄毛だと断定するのは困難です。

では、どうすれば遺伝による薄毛だとわかるのでしょうか。

一番効果的なのは、薄毛治療を行っている専門のクリニックなどで、遺伝子レベルでの検査を受けることです。最近では、通院しなくても、自宅で簡単に行える検査キットも販売されているようです。

どうしても遺伝かどうかを知りたいのであれば、検査を受けてみるのも一つの方法ですが、遺伝だけが原因ではないケースもあるので、注意が必要です。

育毛のためには、環境を整えることが大切です。

女性が遺伝によって薄毛になったとしても、生活改善などによって、ホルモンバランスを整えたり、頭皮マッサージなどで育毛環境を整えたりすれば、髪が再び生えてくる可能性があります。

遺伝子を変えることはできませんが、現状を悲観するのではなく、できることから少しずつ対策をして、少しでも薄毛のリスクを減らすようにするのが育毛のポイントです。

生活習慣の乱れを正し、女性ホルモンの分泌を促す髪の毛の成長には、女性ホルモンが重要な役割を担っています。

そのため遺伝による薄毛を食い止め、育毛を促すためには女性ホルモンを増やすのが効果的です。

しかし女性ホルモンは非常にデリケートなので、ちょっとした生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどによって分泌量が減ってしまうことがあります。

女性ホルモンを減らさないためには、生活習慣の見直しや生活改善を行いましょう。

スカルプケアで頭皮環境を整える

育毛の基本は、頭皮環境を整えることです。頭皮環境を整えるのにおすすめなのが、頭皮マッサージと頭皮クレンジングです。

頭皮マッサージは、頭皮の血行がよくなるので、頭皮に十分な血液が巡り、髪の成長を促します。

頭皮クレンジングも頭皮の余分な皮脂や汚れを落とし、毛穴の詰まりを改善するので、育毛にはおすすめです。

(まとめ) 遺伝による女性の薄毛の場合、どうやって育毛すればいい?

1.女性の場合、遺伝による薄毛であっても、育毛環境を整えれば改善する可能性があります。

女性でも、遺伝によって薄毛になる場合があります。

しかしたとえ薄毛になってしまったとしても、頭皮環境の改善や生活習慣の見直しによって改善する可能性があります。

2.女性でも、遺伝によって薄毛になる可能性があります。

両親から薄毛に関わる遺伝子を受け継ぐと、女性でも薄毛になると言われています。

しかし遺伝子を持っていても、必ず薄毛の症状が現れるわけではありません。

3.遺伝による薄毛の検査方法

女性の薄毛の原因には、様々な要因が考えられるため、親族に薄毛の人がいるからというだけでは、遺伝が原因だと言い切ることはできません。

遺伝による薄毛かどうかは、遺伝子レベルでの検査が必要です。

4.育毛のためには、環境を整えることが大切です。

遺伝による薄毛であっても、女性の場合は、ホルモンバランスを正常に保ち、スカルプケアなどで頭皮環境を整えることで、育毛を促すことができます。

出来ることから少しずつ対策をしましょう。