育毛にいい寝方は、仰向けが一番、次が横向きです。


髪の毛の成長には、「脱毛抑制」「栄養補給」「血行促進」が必要です。
「脱毛抑制」には睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が重要で、細胞を活性化し新陳代謝を促進します。

22時から2時に分泌される成長ホルモンは、質のいい深い睡眠の時に最大量分泌されます。
「栄養補給」ではビタミン剤や育毛剤の利用も効果的です。

分泌された成長ホルモンや育毛剤の成分が体の隅々まで運ばれるように「血行促進」が大切です。

寝る時の姿勢・寝方では、一か所に集中的な圧力がかかると、その部分の血行が悪くなり、成長ホルモンも育毛成分も毛根に届かないこともあります。

育毛によい寝方とは、育毛に欠かせない血行を促進する寝方です。
左右対称の仰向けに寝ると、一番体圧を分散するので血流が偏ることなく流れます。

左右対称の仰向けが一番ですが、仰向けで寝ることが苦痛な方や落ち着かない方は、横向きでもいいです。

うつ伏せは、顔にぐっと圧がかかり、首の血行を妨げたり、寝違えたり肩こり腰痛をひきおこしたりすることがあります。

しかしいびきや睡眠時無呼吸症候群がある方は深く眠れるため、睡眠の質はよくなり、短時間で疲れが取れることがあります。

育毛には眠りの質も大事です

眠りの質が悪いと、うまく寝返りが打てていない可能性があります。
そして仰向けでずっと寝返りもせずに朝まで寝ると、後頭部が枕と頭の重みによって圧迫され、圧迫を受けた部分が脱毛しやすくなります。

寝返りは、一晩に平均20~30回無意識に繰り返し行われ、血行の偏りを防ぎ、身体の疲れが取れ、体調が回復すると言われています。

しかし寝返りが打てないとますます血行不良になり、さらに睡眠の質が悪くなる悪循環になることがあります。
また寝返りは浅い眠りと深い眠りの切り替えがスムーズに行うスイッチのようなものです。

成長ホルモンは、寝付いてから3時間くらいの深い眠りの時に大量に分泌されますので、寝返りのあるよりよい睡眠に変えて、髪の毛の成長を助けましょう。

質のいい眠りの為の枕選びのポイントを押さえましょう。

枕選びのポイントは、高さ、素材、形状です。

  • 素材

    素材は心地よく感じるかが重要です。

  • 形状

    形状は寝返りがうてる大きさがあるかがポイントになります。

  • 高さ

    高さは寝方によって違いがあります。

仰向けで寝る時の枕は5~7cmの首のカーブに沿った形のものを選ぶと、寝返りが打ちやすくなります。
枕の低すぎは、首から腰に掛けての骨に負担がかかり、S字カーブがまっすぐになることで背中の痛み腰痛を起こすことがあります。

枕の高すぎは、首を必要以上まげて寝ることになるため、頸動脈の血行を悪くする可能性があります。
横向き寝が主な場合は10~15cmのもので、背骨が平行にまっすぐ伸びるようになる枕を選びましょう。

うつ伏せは、首の位置に配慮しましょう。通常の枕は仰向け用ですので、顔を真下に向けることができるうつぶせ寝用の枕の利用もいいでしょう。

寝る姿勢の注意とは?

横向きの時の注意点

左右対称の仰向けが一番ですが、仰向けで寝ることが苦痛な方、横向きで寝たい方も次のことを意識して寝るといいでしょう。

  1. 右向きに寝て、内臓の圧迫を防ぎます。
  2. 右手は足の方へ、左手は頭の方へ延ばすことでよりリラックスの姿勢になる。
  3. 左足を前に出すことで右足と重ならないようにする。

うつぶせ寝の時の注意点

うつ伏せ用枕がない時に、次のような意識をすると首の負担が減ります。

  1. 顔を左右どちらか楽な方向にむけます。
  2. 首を向けた側の手を上げて、逆側の片方の手を下げます。
  3. 首を向けた側の足を曲げで、逆側の足を伸ばします。
  4. 腰痛の方は、腰椎が落ちて痛むので、マットにつかない部分にクッションを入れて、腰椎が前に湾曲するのを防ぎましょう。

(まとめ)女性の育毛効果を上げるには、どの寝方で寝るのが良い?

1.育毛にいい寝方は、仰向けが一番、次が横向きです。

育毛によい寝方とは、育毛に欠かせない血行を促進する寝方です。
左右対称の仰向けが一番ですが、横向きでもいいです。

うつぶせ寝はいびきや睡眠時無呼吸症候群がある方は深く眠れるため、睡眠の質はよくなることがあります。

2.育毛には眠りの質も大事です

寝返りは、血行の偏りを防ぎ、身体の疲れを取り、体調を回復させると言われ、浅い眠りと深い眠りの切り替えをスムーズに行うスイッチのようなものです。

寝返りのあるよりよい睡眠に変えて、髪の毛の成長を助けましょう。

3.質のよい眠りの為の枕選びのポイントを押さえましょう。

枕選びのポイントは、寝返りが打ちやすく首や腰などに負担のかからない高さと大きさ、心地よい素材です。

仰向けは5~7cmの高さ、横向きは10~15cmの高さ、うつ伏せは顔を真下に向けることができるうつぶせ寝用の枕の利用もいいでしょう。

4.寝る姿勢の注意とは?

横向き寝は、右向きに寝て右手は足の方へ、左手は頭の方へ伸ばし、次に左足を前に出すことで右足と重ならないようにします。

うつぶせ寝は、腰痛の方は腰椎が落ちて痛むので、マットにつかない部分にクッションを入れて、腰椎が前に湾曲するのを防ぎましょう。